山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

春のよいとこ温泉連チャンツアー 1日目のっそり古道探索

毎年恒例のよいとこ温泉連チャンツアーを行いました。第一日目は新コースののっそり古道を探索します。土地勘のないマイナーなコースで標高1600mもあるため、探索の原則、麓から登って行きく自走です。このコースは良かったです。
デポ地はしりもち温泉駐車場。ここから古道の始まりの集落へ向かいます。 ここはしりもち温泉の旅館街です。


川の露天で男たちの素っ裸を横目で見て、集落へ林道を上って行きます。林道の脇には花が植えられており、雰囲気がイイです。


レベル2の見える丘に着きました。花都のコラボが絶妙です。


集落に入り、古道の入口を探します。集落の端に古道を見つけました。上部から集落を望みます。山村らしくていい風景です。


古道は思ったよりはっきりしていました。半分はWトラックです。路面は踏み固められており、走り易いです。埼玉では考えられないほど、ガレ場がないんです。 天気は雨は降りそうもない雲がかかっています。それより季節外れの北風が冷たいです。


ゴールののっそりの外輪山の尾根間直です。眼下に見える景色が素晴らしいです。やっぱ高山(我々にとっては)の景色は素晴らしいです。


ゴールの外輪山の峰で記念撮影です。寒くてじっとしていられません。


外輪山の峰からの景色です。目の前のシラカンバ、遠くにレベル2の山が2山見えます。


風を防ぐため少し下って昼食を取ります。長居は無用、一気に下ります。この下りでトータルで乗れない距離は30m程度です。それほど快適な道です。トレインをしながら下って行きます。快適すぎて、画像はありません。
集落まで下ってふと上部を見るとお堂がありました。やっぱ確認しないとですね。


ゴール近くまで下っていくと、イノッチがしりもち温泉に入ったことがないというので、河原の露天に入りました。今日は水量が少ないので温かかったです。過去何回か来た中で一番快適だったです。


すっかり冷えた体を温泉で温めてゴールに向かいます。


ゴールの駐車場近くの橋を渡ります。 これで第一日目の1本目を終了します。
走行距離16.6km  累積標高±997m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/03(土) 03:30:24|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

mtrの△本さんと行く奥武蔵ツーリング 復習編

午前の旧道探索の復習をしました。
メジャー峠にピックアップして林道を走り、旧道に入ります。 


午前ではスリッピーな急坂は少し乾いて、若干下り易くなっていました。(画像) 一気に下って林道に出ます。


林道の先の掘割道。今回は沢に当たるところまで進みます。 倒木・枝が多いのでちょっと辛いですが、SSの強み、かまわずGo!


沢に出て掘割道はなくなっていました。よーく見ると丸太橋が架かっていました。壊れかけで、こうしていると折れそうです。これ以上進めません。


沢を渡ると旧道が分かりにくくなります。この石積みを目印に進んでいくとゴールの渓流に出ます。そこでビックリ、午前中に休憩した渓流に人影が、こんなマイナーな場所で、しかも夕方。林から出てきた我々に驚いて、向こうから話してきました。"コスプレの撮影です。”へーご苦労様と言って沢を渡って車に向かいました。あー、びっくりです。
走行距離4.5km  累積標高+114m -578m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/28(日) 23:38:22|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

mtrの△本さんと行く奥武蔵ツーリング 午後の部

展望地にて昼食を取ります。素晴らしい景色に食欲がわきます。今日も食べ過ぎに気を付けよう。


見上げれば雲の模様がイイです。


△山さんに撮影してもらいました。 展望台にて。


これからシングルとタックに入ります。 午前のコースもそうだったんですが、シングルに入る入口が意外なんです。こんなところが入口と思えるところを抜けると、しっかりしたシングルがあるんです。ちょっと感動しちゃいます。


すぐにロングDHになります。スタート地点からは最下点が見えません。


では、イキマース!!


アングルが悪くて急坂の感じが出ていませんが、前述の坂と同じです。


この先は難解道を下って林道に出ます。この先また新しい林道に入ります。親父がまだ探索していなかった林道です。


林道をつなげて走ります。途中、フランス車のチェーン切れです。△山さんのコネクトリンクで無事復活。最後快適シングルを下ってゴールの駐車場です。
走行距離7.4km  累積標高+100m -795m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/28(日) 15:00:37|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

mtrの△本さんと行く奥武蔵ツーリング

十数年来のNet上で交流しておりました(お会いしたのは数年前、偶然山中でお会いした1回のみ)mtrの△本さんから入手した奥武蔵のコースMAP、先週探索に行って途中でロストして、次はゴールから探索しようとしたところ、△本さんから本コースを含めたツーリングのお誘いがきました。そこでフランスさんと参加することになりました。

林道駐車場にピックアップして旧道に入って行き、旧峠に向かいます。この道が旧道ぽくって雰囲気がイイんです。


昨晩雨が降ったようで路面はウエット状態、木の根はたっぷり水を吸ってスリッピーで気を使います。
旧道を走り始めてこのコースの一番の難所、急傾斜の下りです。親父は先週の探索で下っているので感じはつかめていますが、今回は先週より滑りやすいので、気を引き締めて下ります。画像はTopから斜面をチェックしてます。


親父の次にフランスさが下ります。さすが下り終えました。


△本さんが下ってきます。決まってますね。頭上のカメラでとらえた動画はどうなっているのでしょうか。


最後にN坂さん、もう少しの所で気に接触してシフターを破損(泣  なんとか変速は出来るのでツーリングはそのまま続けます。


シフターの破損にもめげず、快調に走るN坂さんです。


先頭を走る△本さんのカメラから後方の画像。爆走隊の画像では決してないアングルなので新鮮です。


快調に下って来たコース、先週迷ったポイントに入ってきました。△本さんの過去のLOGが頼りです。 道が分かりづらく探索モードになっています。


尾根の肩の部分で道らしき跡を確認、急斜面を下って行きます。ほっとしました~。


もう少しでゴール近くの渓流にでます。旧道と大木の取り合わせが良かったので撮影。


渓流に到着しました。ゴールはもう少し、ここで小休止です。気持ちの良い渓流です。 AMの部が終了です。
走行距離3.7km  累積標高+89m -581m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/28(日) 09:45:39|
  2. ツーリング
  3. | コメント:3

レベル2からおもひで沢へ えんそく道を下る

仮装マラソンが終了して、山ビルが出る前にこのコースを下りに行きました。爆走隊ツーリングコースでは一番長いコースになると思います。その分ピックアップの時間もかかります。今回はおもひで沢のマラソン大会にぶっつかってしまい、迂回路を探すのが大変でした。
登山口に駐車してスタートです。 30分で行く別世界です。


鞍部から一面ザレ状態。ここから担ぎになります。


ザレのキャンバーを走るのは結構難しい。


仲良く山頂からDH。ブレーキの掛け方がいつもと違うので、ちょっと緊張しますが、そこが面白い。


再びスタートの場所に戻り、食堂の自動販売機で水を補給しておもひで沢へ下ります。


ハイキング道はとても走り易いバーム付が多いです。林の木々はまだ芽吹いておりません。


立派な沢に出てきました。ちょっとした滝があります。


沢沿いの道に入ります。この木道はビュースポットであります。


気持ちがいい道です。


この背景写真、親父好きです。


一旦シングルトラックから車道に出ます。ここからしばらくロード走りとなります。


賑やかな商店街、ここはのんびり歩いて行きます。


えんそくのゴールの最高地点へ来ました。暑いですね。


林道を下ってシングルトラックへ向かいます。快適な道になります。ここから一気に下ります。Go!!


水きりの障害もなんのその、えんそくの直後とあって整備されていて走り易いです。だから画像はありません。


岩場エリアに入りました。ホタルさんディレイラー破損の危険もあるのに、果敢にチャレンジです。


親父もたまには映らないと、最後のシングルトラックを下ります。


旧道の舗装路を下って出てきたのが、この宿場跡です。この大通りを下るとゴールです。
走行距離29.8km   累積標高+800m -1795m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/21(日) 22:11:49|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2017年GW後半 トリプルツアー 最終日 西上州廃村林道 編

GWトリプルツアーの最後のコースです。ハッシーさんが先導する廃村林道DHコースです。
山間の集落の駐車場にピックアップして、脇の廃村に続くシングルトラックに入ります。


土質はザレっぽく、もろいようですが、しっかりとした谷道が続いています。


傾斜が急になるとザレっぽいので、上りにくくなります。


峠に近くなるとフラットになります。


このコースの最高点のオバンデス峠です。ここで記念撮影、イノッチはブレーキパッド摩耗でリタイヤです。


峠からは一気に下り、廃村に出ます。以前来た時と様子が違っています。数件あった廃屋が1軒しかありません。またこの画像のように人が作業している跡があります。 ちょっと期待外れでした。


廃村からは林道DHになります。しっかりした道幅、状態なので高速DHモードです。親父の年金車ではみんなについてゆけず、最後尾をゆっくり走ります。結構長い距離を走ります。エコライディングでも腕がしびれてきたー!


砂防ダムを建設していました。


もう少しでダートも終了です。


舗装路に出ました。ゴールは間直です。
走行距離7.7km  累積標高+257m -450m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/07(日) 15:39:44|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2017年GW後半 トリプルツアー 最終日 西上州髭山トレイル 編

1週間かかってGWのツーレポがアップできそうです。
トリプルツアーの最終日はエリアを西上州に移して、アプローチ的に埼玉からは滅多に行けないコースを走ります。
このコースは去年親父が開拓したコースでツーリングでは初となります。
このコースはピックアップが道路崩壊で途中までしか行けず、林道走りが多少ありますが、一旦最高地点まで上れば極上なDHコースになります。なんといっても森の雰囲気が抜群に良いのです。それを期待して行ったのですが・・・
2日目の車中泊も快適に過ごせました。近くのコンビニで朝食を取り、昼食の食材を買ってから、峠を越えて西上州に入りました。ゴールの駐車場にピックアップ車を除いて駐車して、ようらく峠までピックアップします。ここまで上る林道は急でコーナーもきつく、疲れます。
ピックアップした峠の広場に駐車してスタートします。峠にはこのような石碑が祀られており、歴史を感じます。


石碑のすぐ横には林道が崩落した跡が見えます。舗装路が一気になくなって100m以上も落ちています。ここは修復するつもりはないようです。


反対の斜面にダートの林道が迂回路になっているので、そちらを走ります。今回は林道に生えている草は刈られていましたが、去年来た時は藪状態で、ほんとに走れるの?という感じでした。このダートの林道を4.7km走ります。


案内板はありませんが踏み跡のあるところから髭山に登ります。落ち葉が堆積したふかふかなトレイルです。


約10分で山頂(標高1521m)に着きます。残念ながら木が茂って展望は利きません。ここで記念撮影、今日はこの5名です。


山頂直下の急坂を親父が下ります。この先から走り易いトレイルになります。


途中で集落への分岐を越えると、最上の快適トレイルになります。


快適すぎて途中の画像はありません。 ランドマークの岩下で一休み。この手前がちょっとデンジャラスなキャンバーです。下を見ると怖いですが、ほとんど走れます。


一旦荒れた林道に出ます。通常使われるコースは林道ですが、我々は林道を嫌って、ほとんど歩かれない旧トレイルに入ります。初めは林道の付け替えによって、キツイスイッチバックになっています。先頭の親父は途中曲がれなかったコーナーあり。フランスさんも挑戦、見事轟沈です。(画像)


旧トレイルは枝打ちした枝がたくさん残され、チョット走りにくいです。トレイルの最後は、荒れた林道にでます。ここからしばらくはWトラック走りです。


途中で懐かしいD社のフェローが放置してありました。


ダート林道から舗装の林道にでます。この林道は立派です。次のシングルトラックの入口まで走ります。


シングルトラックに入ります。しばらくは快調に走れるはずだったんですが、突然林道造成に当たりました。分断されたシングルの先を探索するために、造成中の林道を下って行きます。


結局シングルと並行して林道がつくられ、シングルを走ることができなくなっていました。(涙 
深追いはせず、仕方なく林道を上ってその先にある舗装された林道まで上ります。


舗装林道を下るしかないのですが、どうせ下るならちょっとでも荒れた道をということで、途中からほとんど使われていない林道に入ります。 ここは舗装路の切通です。


荒れた林道を走っていると法面の草むら音がして振り返ると、猪が逃げていくのが見えました。猪を見るのは久々です。
林道を下り終えると麓の集落に出ます。ここは以前は国道沿いでしたが、新国道ができたため静かな裏道となりました。集落を抜けるとゴール地となります。後半は残念な結果となりました。
走行距離19.5km  累積標高+550m -1302m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/07(日) 10:21:36|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2017年GW後半 トリプルツアー 第二日目 裏おまいり道+旧道 編

観光道路わきの広場で桜を見ながら昼食を取り、2本目に入ります。
2本目は裏おまいり道です。かつては馬車道と言われた道で、傾斜が緩い道で1本目と違って走り易いみちです。
ピックアップ途中から渋滞が始まり、予定していた駐車場に止めることができず、手前の駐車場から自転車で上ることに。
シングルに入るところは1本目と同じです。


遊歩道からうらおまいり道に入ります。遊歩道は落ち葉天国です。キャンバーになっているので要注意です。


1.5Tの道を一気に下ります。


シングルを下って行き分岐をマイナー道に入ります。ここからは標識は全くありません。快適すぎて画像は、シングル終点近くのこの画像しかありません。


シングルトラックの終わりに林道が造成されていました。まだ付け替えができておらず、下りるのが大変でした。
走行距離6.8km  累積標高+161m -684m


2本のドライバーピックアップにいったところ、恐れていた渋滞で1本目のピックアップ車にたどりつけません。それを予想して1本目のピックアップ車のドライバー、親父とハッシーさんの自転車を積んでいて、渋滞の所から自転車でピックアップ場所まではしり、無駄の時間を省くことができました。上りで歩きたいところでしたが、渋滞車の目が気になり乗車して上ります。


枝打ちした枝が挟まり、フランス車とS根車のエンドとディレイラーが異常となり、修正作業を開始。
その後に時間と渋滞対策を考えて、旧道を走ることにしました。この道は国道ができる前に神社のおまいり道と使われていた、崖の中腹を切り開いた道です。
親父号でなんとか上れるほどの急坂の道を上り、山腹の集落手前までピックアップします。ここから集落に入ります。
写真は集落内にある江戸時代の高札場です。


民家の脇から旧道に入ります。ほとんど案内板がありません。道はしっかりしています。


すぐに手掘トンネルがあります。全長50mほどの短いトンネルだが、歴史を感じさせます。


ロッククライミングの練習にもなっている、オーバーハングしているトンネル出口です。


旧道の谷側はコンクリートで打っているため、落ちたらお終いである。前は策はなかったのですが、柵ができてちょっとは安心できました。


ここは以前崩落したところで、仮の鉄パイプでできた橋があります。狭すぎてハンドルが当たり走れません。コンクリートが威圧感を感じます。


まだ続きます。ほとんどが下り基調のフラット道です。ゴールは一気に下って国道に出ます。
走行距離2.1km  累積標高+89m -145m


近くの温泉に入り、夕食も取ります。今日は豚スタミナ丼です。よく見ると袋に入ったレトルトをチンしていました。


3日目に備えて別のエリアに移動して車中泊地へ。前夜祭は近くのコンビニで購入した燃料で乾杯です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/06(土) 17:52:56|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2017年GW後半 トリプルツアー 第二日目 表おまいり道 編

トリプルツアー2日目になりました。昨晩の車中泊は、ぐっすり寝られて快調です。担ぎが少なかったこと、無駄なテールホップをしなかったことが良かったみたい。
前々日の天気予報では小雨のはずでしたが、当日は晴れていました。今日のメンバーは1日目のメンバーと前夜祭で合流した爆弾さんに、今朝合流しましたハッシーさんと千葉から参戦のS根さんです。
2日目のコースは2本+α、表裏おまいり道と、時間/状況によって+のコースを選択します。
まずは1本目の表おまいり道。このコースはいろいろなバリエーションがあって、気が抜けないテクニカルコースで、チャレンジするには一番好きなコースです。
ピックアップして山頂付近の駐車場に止めます。もう観光客の車で満車寸前です。この後の渋滞が心配です。 早速山頂に向かいます。


ツーリングの無事を祈り、下り口に向かいます。途中に石楠花が咲いていました。きれいですね。


おくちちの山々が見えます。気持ちの良いツーリング日和です。


そろそろ観光はお終いにして、下山口から下ります。


DH早々ですので、体慣らしにゆっくりと下り始めます。昨夜で一番睡眠時間の長かったホタルさんは、1日目と違い快調なようです。


本格的な山道になってきました。久々に参加のDHerのS根さん、ブランクを感じさせない走りです。来週参戦のクロカンレースの練習です。 FATバイクで来るかと思いました。


イノッチも徐々に調子を上げてきました。 FATの威力を見せてくれ!(笑


2/3日目を参加するハッシーさん、久々の山道に、走りを心配してか遠慮してイノッチの後ろを走っています。


ハッシーさんとお揃い?のオレンジウエアの爆弾さん、ツーリング後は単身赴任先の信州へ向かいます。


PSブームでいつものGWと違い、ハイカーさんが多くて、ハイカーさん待ちが多かったです。こんなのは初めてです。山道を走らせてもらっているので、ハイカーさんファーストで常に前もって道を開けて待っています。 待ちついでに撮影。新緑がきれいですね。


ホタルさんがプチ転倒です。 10秒ルールでハイポーズ。
親父もプチ転倒、みんなに見られてしまってちょっと恥ずかしい。(泣 こちらの証拠はなし。


谷側が切り立っている厳しい谷道を下り終えると滝が見えます。ここまで来るとほっとします。


これからスイッチバックの連続が始まる手前、フランスさんがみんなを引き連れて上っています。カッコいいですね。 爆走隊で揃っての上り写真は滅多にありません。 すぐMTBから降りちゃうから (笑


シングルトラックの最終地点の広場で記念撮影です。


車道に出る前の橋からの眺め。渓谷美が素晴らしい。車で来る観光客は見られない、勿体ないです。


車道を一列に走ってゴールの駐車場へ向かいます。 さすがにハードなコースでした、肩が凝りました。
走行距離5.5km  累積標高+129m -776m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/06(土) 11:28:55|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2017年GW後半 トリプルツアー 第一日目 東山 編

一本目の後、山火事がピックアップした場所より奥だったため、ピックアップ路閉鎖の難を逃れました。
次のエリアの東山へ向かいます。ここは5,6回行ってますかね。爆走隊としては珍しく半自走コースなのですが、下り甲斐があるので使ってます。
中腹の駐車場までピックアップして山頂直下の神社へ上ります。昼食と移動で休みが続き、それに加えて今日は気温が上がり、急な押し上りは堪えます。


神社までは-ひと担ぎです。


上り最後の神社に到着です。まだ山頂に上ったことのないホタルさんとイノッチ、記念に登る?と聞いたら勘弁と言っていました。もし行くと言ったら、親父の方が勘弁と言いたい気分でした。(笑


下りは別のコースを走ります。コースコンディションはドライで、踏み固められた固い土の上に細かな砂があり、滑りやすいので慎重に走ります。


激細トラバースを走るイノッチ、絵になっていますね~。


一番の難所、落差のある木の根段差に細かなスイッチバック付きです。親父は途中からペダルから足が外れ、前転必至となるのを前輪を木に当てて、暴走を止めて助かりました。フランスさんも果敢に挑戦、途中で転倒です。写真は転倒直前。
親父レベルでは下れなくはない難路、また挑戦しよう。 もっとスキルの高い人の攻略法を見たいものです。


多少のアップダウンを楽しみながら、麓のお寺に到着しました。ゴールの駐車場まではあと少し。第一日目は特に大きな転倒、怪我なく走れました。
走行距離4.4km   累積標高+269m -444m



夕食は手抜きで外食です。当初名物のわらじカツ丼の元祖で食べようとしましたが、さすがGW、今までに経験したことのない行列ができていました。我々はそんなに元祖にこだわりはないので、別の食堂を検索、そこで見つけたのがこのレストラン。食材を購入するスーパーの前、絶好のロケーションです。


親父はわらじカツ丼、他のメンバーはとんかつ、カキフライ定食。ここの定食はサンプル写真よりボリュームがあるんです。親父もそちらにすればよかったと思った次第で。 でもここのわらじカツ丼も美味かったです。元祖より親父好みかな。


温泉に入って汗を流し、千葉の爆弾さんと合流した前夜祭でカンパーイ! メインの二日目のための英気を養います。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/05(金) 09:25:42|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ