山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

大雪の後の里山を走る 前半

今週この地方としては大雪が降ったため、いつもの山には行けないため、里山の自走ツーリングを計画しました。雪が降ると走るいつものコースです。このコースは里山を4山、上り下りをします。今回のレポートは前半の2山分です。
走行距離 33km  累積標高 ±1034m
親父指標 体力:3  技術:2  快適:3  景色:4  総合満足度:4
このエリアは雪が降ってから1週間近くたちますが、北斜面はこのように雪が積もったままです。実際雪のある山道を走ってみるとまだガチガチに凍っていないため走り易かったです。


河原にデポしてスタートします。例年冷たい風が吹いて凍えそうでしたが、今回は風がなく快適なスタートでした。快適だと調子に乗るのがフランスさん、ウイリーの真似をして、まだスタートしてから100mなのに転倒です。


渓谷に向かって集落の中を走って行きます。1年前に比べ、新しい施設ができていたのには驚きました。渓谷の入口の冠水橋を渡ります。前回は工事中で渡れませんでした。


遊歩道を自転車から下りて歩いて行きます。ここはこの渓谷の最深部で、川が蛇行して流れが緩やかなため、広く凍結しています。


凍結している部分をよく見てみると、さざ波が立った状態で凍ったように波のような形をしています。


遊び過ぎました。渓谷の最深部から戻って遊歩道を歩いて行きます。遊歩道の最後、岩壁の上には地位はな祠がありました。


第一の山をいつもとは違った階段のある入口から入ります。マイナーなSTですが、笹はある程度刈られていました。最後の直登は雪で滑りやすく厳しかったです。


山道はまだまだ雪が積もっています。下りも雪が積もっていましたが、グリップはするし浮石段差を雪がカバーしてくれ、気持ちよく下ることができました。


山道を下った麓の風景、親父お気に入りの石灯籠と畦道の風景です。


氷が張った川に野鳥が下りて、エサを探している珍しい光景です。ちょこちょこ歩き回るので、撮影するのが大変でした。


第二の山に登って行きます。ここには遊歩道があるので、そこを上って行きます。ここも雪が残っています。


遊歩道を半分来たところで小休止です。ここに蝋梅が咲いていました。満開ですね。


雪山をバックに、見晴らしの良い所で記念撮影です。


山頂までは急坂を2カ所登ります。急坂を迂回する道は雪が圧雪されて滑りやすくなっていました。


山頂に到着です。ここから昼食予定の街が見えます。


こちらの下りも雪道ならではの快適なDHを楽しんで、街中に下ります。途中で雪が一面雪が残っている畦道を走ります。


小京都と呼ばれる街を走ります。


山岳爆走隊御用達の食堂で昼食を取ります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/29(月) 22:22:18|
  2. ツーリング
  3. | コメント:2

降雪前のナック5峠Wヘッダー 古木コース編

昼食を展望台で景色を見ながら取ります。
これから同じナック5の峠から古木コースへ向かいます。写真はこのコースの代表的な難路、ためらい坂。下る前に必ずチェックします。どんどんドロップオフがきつくなり、難度が上がって行きます。前半の難路エリアを迂回するコースもありますが、爆走隊はこれが楽しみで果敢にチャレンジします。
走行距離 9.8km  累積標高 +295m -981m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:3  総合満足度:4


JET坂のピークに上ります。


今回は若干のウエット状態でグリップしてバッチリコントロールできています。イノッチもにっこり!


これからの難路にフランスさんが気合入れの雄たけび。


激狭トラバースを下ります。


度胸一発、奥の尾根道を下ります。


奥の尾根道の後半、木の根道です。 おぉ、決まってますねフランスさん。


親父鬼門のためらい坂。3回目のやり直しでクリアしました。後半は自転車が進む方向に行ってしまいました。


次はフランスさんがチャレンジ。一発でクリア、ストレートに下って行きます。


今回は城郭跡へ行きます。途中に見晴らし台があります。ここで小休止して記念撮影します。


城郭跡へは担ぎとなります。やっぱオリンピックの年毎に1回のぼればいいかな。


ここから快適道です。竹林が整備されていました。


最後の上りです。


下って来た山を望みます。


小休止です。


境石DHコースを下ります。前回ここで親父は顔着したところです。ゴールはもう少し。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/25(木) 23:16:52|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

降雪前のナック5峠Wヘッダー 見晴台コース編

先週のツーリングでピックアップ林道に積雪がなく峠までのピックアップが可能であったため、今週はナック5峠のWヘッダーを企画しました。今回は先日雨が降ったため路面はしっとり濡れた状態でグリップは最高。走り易かったです。
一本目は見晴台から尾根コースを下ります。ここは前半のSTの終点です。名産のゆずをデコレーションしました。(笑
走行距離 7.0km  累積標高 +148m -796m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:3  景色:3  総合満足度:4


ピックアップした駐車場からスタートです。スタート直後の道には氷柱がありました。


小ピークに上って行きます。初っ端から辛いです。


峠からSTへ入ります。1本目は体慣らしにジェット坂は迂回して走ります。その先のガレ道がもっとひどくなっていました。手強いです!


見晴台に到着。ここで記念撮影。スカイツリーが見えました。


見晴らし台の駐車場に止まっていた車、ドライバーさんにうかがったところ昭和47年製コロナだそうです。


見晴台から再びSTに入ります。イノッチも快調に走っています。


大饅頭峠に向かう道、逆光が素晴らしいです。


大饅頭峠からの下り、ゴールの集落に向かいます。ここはキャンバー+落ち葉地獄になっています。トラップがないことを祈ります。ゴールはもうすぐそこです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/23(火) 22:50:00|
  2. ツーリング
  3. | コメント:2

年始め 初ツーリング 山寺Wお参りツアー

2018年山岳爆走隊の初ツーリングは、ここおこしのW山寺お参りツアーとなります。5か月ぶりになります。関東展望台からのロングSTの変わりように驚きました。斜面の崩壊の発生や浮石が多く快適とはいかなかったですが、親父的には走りにくさが走り甲斐があって楽しかったです。
走行距離 16.5km  累積標高 +636m -1243m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:4  総合満足度:4
山寺の上のプチ展望台から富士山を望みます。風のないツーリング日和でした。


ピックアップの林道は去年に積もった雪は全くなく、無事予定していた奥の院の駐車場にピックアップできました。そこから山寺の不動尊に下って行きます。快適なSTから小ピークに着きます。


小ピークから富士山が見えました。こんなにきれいに見える富士は珍しいです。普段目にすることのない県北の住民にとって、感動敵です。


山寺に向かって下って行きます。低速の親父は一番最後に走ります。画像は久しぶりの荻ちゃん。シートポストのオイルが固まって下がらず苦戦しています。


立派な山寺お不動様に到着しました。早速安全を祈ってお参りします。


再びピックアップ地まで上り、展望台に上ります。ここで記念撮影です。バックの空が映えます。今日は4名で走ります。


展望台直下の岩場を下ります。


超ドライでフロントが滑ります。それでも下ってしまうフランスさん、流石です。親父は途中断念です。


五寸釘谷道に入ります。キツイスイッチバックが楽しいです。珍しくハイカーさんグループに遭遇。親父がここで初めてハイカーさんに会いました~。と話しかけたところ、自転車で走る方を初めて会いました。と返されました。


スイッチバックが終わるとガレガレ道になります。苦戦しますが、それでも楽しいです。短いからいいんです。イノッチ、FATバイクが正解!!


伐採地が過ぎると、道はWT化していました。V溝道も今ではこんな感じ。走り易くなったけど、つまらない。


道は荒れています。


突然崩壊地が現れました。以前はチョット狭かったところでしたが、そこが崩壊していました。いまはロープが張られていましたが、自転車をもっての通行は無理です。下を迂回して渡ります。ドライな状態では問題ありませんが、ウエットだと危ないですね。


崩壊地ができて、モーターバイクは上がってこれません。STが終了して林道を走ります。


運動場の駐車場で昼食を取り、もう一つの山寺の観音様まで上ります。STを上って行きます。


山寺の観音様に到着です。


裏山を担ぎ上げていきます。山頂一歩手前の分岐を下ります。


午前中の走りにくい道とうって変わり、快適なDHコースです。ノンストップで下って行きます。


ゴールの駐車場まであと少し。あっという間に下り終えました。これでメインディッシュのコースが終わりました。


時間があったので、デザートコースを走ります。アデランス観音様の駐車場へピックアップします。
走行距離 2.5km  累積標高 +16m -161m
デザートコースのため親父指標はなし。


この道は滑岩でウエットだと滑りやすいのですが、今回は超ドライなので走り易かったです。10分もたたないうちにゴールです。
これで今年初めてのツーリングを終了します。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/16(火) 20:54:07|
  2. ツーリング
  3. | コメント:1

冬枯れの奥ポチ大展望コースツーリング 風っ匹峠編

午後の部はショートですが快適DHコースです。殆どのコーナーにバームが付いていますので、いろいろな走りが楽しめます。前回より倒木、枝が少なくストレスなく走れました。
走行距離 3.8km  累積標高 +44m -636m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:4  景色:3  総合満足度:3 ショートなので辛め、近場ならワンランクアップです。


車道で切断された尾根道なので、尾根道に取り付くには急登を上げます。


尾根道に入ってしまえば快適DHです。


バームコーナーの連続にY監督のトレインが決まってます!  爆走隊でトレインはナイ!ナイ! 勝手に走っちゃう。


T口さん搭載画像。


絵になる画像です。


車道を渡り、これから落ち葉満載道です。


ギャラリーの中をY監督がデモンストレーション。


ゴールの駐車場に到着です。

本ツーリングレポートはフランスさん、△本さんの画像も使用させていただきました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/12/31(日) 07:45:06|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

冬枯れの奥ポチ大展望コースツーリング 万元尾根編

2週間遅れのツーレポです。山岳爆走隊では通称Y監督で通っているmtrの△山さんから奥ポチツーリングのお誘いがあり、爆走隊の3名が参加しました。
この日はWヘッダーでまずは万元尾根コースです。親父は冬枯れの季節に走るのは初めてで、また伐採が進んでいて解放感抜群の景色が楽しめました。後日mtrブログにて公開されたY監督の動画がアップされました。さすが出来栄えが素晴らしいですね。
走行距離 11.1km  累積標高 +343m -1014m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:4  景色:5  総合満足度:4


尾根駐車場にピックアップです。


尾根道を快調に走ります。前半は木の根の細かな振動は年金車の親父には辛い状態でした。ここはヤセ尾根ポイントです。


古道の名残がこの馬頭観音様です。昔は馬、牛が通った古道であるため、難所がないのがこのコースの特徴です。


先頭を走るのは△本さんです。


一部に木橋があります。落ちるとちょっとやばいです。


広大な伐採地が広がります。親父の記憶にはありません。この景色、素晴らしいですね。こんな伐採地が何か所かありました。


尾根の主峰のピークで360度のパノラマを満喫しつつ、昼食を取ります。


ハイ、記念撮影です。


Y監督演出によるMTBオブジェです。


ピークからの下り、お初のT口さんです。


ピークから先は親父は初めてのショートカットコースです。


ちょっとドロップオフが多かった。手首が完治していないのでちょっと辛かったです。


集落に到着です。ここからゴールの駐車場まではロード走りです。そう長くはありません。

本ツーリングレポートはフランスさん、△本さんの画像も使用させていただきました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/12/30(土) 22:15:00|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

初冬のナックファイブ Wヘッダー 古木コース編

ズバリ見晴台で昼食を取り、午後の古木コースを走ります。こちらの方がテクニカルで満足度が高いです。でも今日は駆動力のないスペ車でチャレンジしなくてはならないので、満足いく走りができるかとりあえず走ってみます。
ここは唯一景色が見られる見晴台で一休みしたところです。
走行距離 9.5km  累積標高 +250m -938m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:4  景色:2  総合満足度:4


午前と同じ場所にピックアップ。道路の雪はぜんぜん解けていません。滑って転んだら痛いだろうな。


ジェット坂を下るために一上り。下りと同様に急登です!!


ジェット坂、親父行きまーす。 急傾斜なので、下か見えません。 この後、踏ん張れず轟沈です。


フランスさんも軽く転倒!


後半部、ハッシーさん激走してます。


ジェット坂の後、新たなる悪路エリア出現、深溝道です。ここは午前に走ったところですが、気を抜くとこんな感じで転倒です。駆動力がないと結構大変です。


ここから午前のコースと外れます。 しばらく親父は押しに徹します。(汗


激細トラバースを下る越後屋さん。しばらくぶりで走るコースの変わり具合に驚いてます。


相変わらずフランスさんも快調ですね。


ためらい坂です。いつものように下見をします。


駆動力のない親父車ではためらい坂は全く歯が立たず、ほとんど押しでした。(泣 越後屋さんは新バイクの性能に驚いたように快走しました。(写真)


小山に上る途中にて 樅ノ木の大木を見ています。


お不動さん辺り、親父は一番尻でケンケン走行しています。疲れまーす。イノッチ待ってくれー。


ススキの穂が光って、まさに初冬の感じです。


STの終わりまであと30mの所で前転顔着です。痛かった。フレーム足が挟まって危なかったです。ホッ。
あとはロード走り、みんなに押してもらってゴールの運動場まで走ります。なんとか2本走り終えました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/12/16(土) 17:49:31|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

初冬のナックファイブ Wヘッダー ズバリ尾根コース編

親父的にいろいろありまして山走りは11月12日の奥ポチソロ以来となります。初冬と言えばナックファイブですね。ここも久しぶりなので路面がどうなっているのか、楽しみです。しかしこのコースは親父のスペ車には鬼門で、コース途中で枝が挟まりエンドブラケットが折れてしまいました。以前もここで折っちゃいました。この日は駆動力なしで走り続けました。(泣 写真はズバリ見晴台で記念撮影です。
走行距離 6.6km  累積標高 +115m -774m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:4  景色:3  総合満足度:4


ナックファイブ周辺は粉雪が舞ったようで、舗装路は凍結していました。気を付けないと転びます。この峠からスタートします。


シングルトラックから再びロード走り、ここも凍結していました。路肩の方が安全なのでそちらを走ります。ズバリ見晴台へ向かいます。


ズバリ見晴台からの眺めです。日が当たり風もなく快適です。昼食はここにします。


本格尾根道に入ります。太陽が低いので影が長くなります。ちょっと芸術的。フランスさんが撮影。


飲み会ツアー以来のフランスさん、相変わらず今日も是ッ快調です。 ごっつぁんポーズが出てます。


岩場下りの直後に枝が挟まり、エンドブラケットが折れてしまいました。チェーンを切って、駆動力なしで下ります。


悪コンディションの新潟から参戦の越後屋さん、新型フルサスの能力を十分活用しています。


ハッシーさんも久々に参加です。


今日はFATバイクではなくてフルサスで参戦しています。乗車率はどうだったかな。


大饅頭峠に向かう、一番気に入っている画像です。


大饅頭峠からの下り、倒木を協力して片付けたときの画像、もうじきゴールの駐車場に着きます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/12/12(火) 20:57:24|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

晩秋の埼玉県行田市ポタリングツアー(ご苦労さん会付)

手首を痛めてからツーリング企画を控えていましたが、やっぱ天気が良いとツーリングをしたくなります。そこで体に負担を掛けないポタリングツアーを企画しました。ただのポタリングではつまらないということで、最後は駅前の居酒屋でご苦労さん会を付けました。もちろん帰りは輪行で帰ります。当日は快晴で風はなく、ポタリング日和でした。 写真はさきたま古墳群の日本最大級の円墳、丸墓山古墳にて。
走行距離 45.5km  累積標高 ±295m
親父指標 体力:2  技術:1  快適:3  景色:4  総合満足度:4 ご苦労さん会が良かったので満足度ランクアップ


11時に古代ハスの里に集合のため、自宅を8:50に出発。自転車はポタリング・寺社巡りに活躍している1999年製小径車です。国道17号を走り秩父鉄道が交差するまで走ります。途中でJKとバトルとなりましたが、結果道路事情に精通しているJKに完敗です。(笑 ここは国道からちょっと外れた旧中山道の面影が残る旧道です。


行田市のメインの通りに入りました。歩道には高さ4-50cm程度のモニュメントがあります。


メインの通りから郊外の古代ハスの里へ向かいます。途中に武蔵用水脇に塞の神を祀る石碑がありました。


旧忍川東側のサイクリングロードを走ります。いつもは西側(古墳群側)を走るので、今回初めて東側を走りました。こちらが本道のような感じで、旧忍川を眺める観察台や、写真の明治時代の水門などがあります。榧越しに眺める古墳もなかなか良いです。


サイクリングロードの先に集合場所である古代ハスの里に到着しました。10:45ですが1番でした。走行距離は26Kmでした。


この後に参加メンバーが到着しました。事前に参加の連絡があったフランスさん、イノッチ、久々のTetsuさん、急きょ参加の山坂さんと親父の5名です。


まずは昼食に予定していた「田舎っぺうどん」に向かいました。お昼時だと並ぶ可能性があったからです。古代ハスの里を後にして、「田舎っぺうどん」のあるさきたま古墳群へ向かいます。ルートは旧忍川サイクリングロードを走ります。


11:30「田舎っぺうどん」に到着、店内は既に込んでいましたが、なんとか並ばずに席に座れました。今回初めてなので、お勧めのなす汁の大盛りを食べました。うどんの汁にあげたナスは初めてでしたが、これが結構いけます。麺は普通より太く、コシがかなりあります。これが武蔵野うどんの特徴でしょうか。ちなみに武蔵野うどんは日本7大うどんの一つだそうです。どうでもいいことですが・・・のぼりに書いてあったので調べてみました。


うどんを食べてから、ゆっくりさきたま古墳群を見ます。写真は前方後円墳の稲荷山古墳です。この古墳と最初の画像の丸墓山古墳が上ることができます。


次はドラマ「陸王」のこはぜ屋ロケ地へ向かいます。途中に紅葉のきれいな神社がありましたので、寄ってみました。この神社は佐間天神社と言って、銀杏の紅葉が素晴らしいです。社殿も立派です。


こはぜ屋ロケ地の足袋製造所跡にきました。先客が何人かいました。ここで記念撮影です。陸王を見ている3名は盛り上がりました。ここで山坂さんは自宅の練馬に戻りました。


次の名所、忍城へ向かいます。
途中で偶然陸王のロケがありました。行田市駅伝のシーンの様です。規制が多かったので迂回して忍城へ向かいます。ここではおもてなし甲冑隊の演武が見られるはずです。お城と紅葉がマッチしていました。


今回のおもてなし甲冑隊は行田の宣伝ばかりで演武はなし、がっかりでしたが記念撮影だけはしてきました。


居酒屋開店までには時間があったため、市内のミュージアムや観光物産展を見て周りました。
15:30をまわり、吹上駅の駅前居酒屋へ向かいます。親父以外はロード走り専用車なので、巡航速度について行けません。


16:05居酒屋に到着。輪行袋に自転車を入れて店内に保管してもらいます。
日曜の開店時間、もちらん我らが1番です。ではカンパーイ!!


2時間30分ほどいてお開きに。その間1組のお客しか来なかったようです。ゆっくり過ごすことができました。


輪行袋を担いで各々高崎線の列車で帰りました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/11/27(月) 10:25:54|
  2. ツーリング
  3. | コメント:5

晩秋のおもひで沢連チャンツーリング 第二日目レベル2の山から宿場町へ

連チャン2日目はレベル2の山近辺から県境を跨いで下って行く、ロングツーリングコースです。ここはコース最高地点の山頂です。ここから快適なツーリングが始まります。
走行距離 30.0km  累積標高 +850m -1803m
親父指標 体力:4  技術:3  快適:5  景色:4  総合満足度:5


登山口にピックアップします。今日はいい天気であり、ハイカーさんも多いようです。9:20スタートします。


上りはほとんど押しです。一日の走行距離が長いので、無理せずに体力温存です。


山頂付近はザレているため担ぎとなります。レベル2の山頂が見えます。バックの森林は立ち入り禁止エリアです。


はい、山頂にて記念撮影です。今日はこの5名で走ります。


記念撮影した東峰から西峰へ向かいます。ここから溶岩の跡が見られます。ここからDHです。


ザレていてフロントが滑ります。今日はそれでも湿気があっていつもよりは走り易いです。


登山口まではピストンで、下りではハイカーさんに会うこともあります。今回あったハイカーさんから、マナーをよく守ってくれるMTBerだと褒められました。 山岳爆走隊はハイカーさんの前後約10mは自転車から下りてハイカーさんを追い越すか、待ちます。
10:46登山口に再び戻りました。ここには食堂があります。


食堂から先、旧商店街までがこのツーリングのメインのコースです。緩やかな下り基調のコースで、特に高いスキルを要しないツーリングこーすです。


数多くある谷がアクセントになります。


滝に到着です。上の尾根をぐるっと周って下りてきました。


渓流沿いの道を進みます。


この辺りの木はほとんど落葉しています。


針葉樹の中を走って行きます。絵になります。


麓に下りてきました。ホテルの散歩道のようなWTになってきました。


賑やかな旧商店街を避けて裏通りを走ります。この辺りも紅葉が楽しめます。


旧道の一番紅葉がきれいなところです。ここから道を間違えて、道なき斜面を登る羽目に、先導者としてごめんなさい!!


旧峠から旧街道を下ります。走り始めは2度の台風の影響はない様で、快調に下って行きます。


中盤部はこのコースで経験したことのない大木の倒木が2か所ありました。掘割の道なので、倒木があると道を塞いでしまいます。


このコースの紅葉は真っ盛りです。


ここが一番の難所の岩場。足つきなしを目指してチャレンジしたが、一回足つきしてしまいました。残念!!


ST終点、10m前で親父プチ転倒。右手首をくじいてしまいました。


あとはロード走りで宿場町跡へ入ります。ゴールは直ぐそこ!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/11/11(土) 21:39:48|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ