山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

てれたま山 お洞道を探索

ながい淵から場所を変えて、ソロの定番、てれたま山の中間から山頂へ向かう。
ここはてれたま林道、路肩にデポして県境の街を望む。


いつものように林道を上って行きます。桜が木陰になって涼しいです。 今回は頑張って漕いだ結果、前回よりは乗車率が高かったです。


今回、山頂へは重機作業道を上ります。浮石があり、急傾斜しているため、非常にのぼりにくいです。


山頂に着きました。太陽が眩しいです。


山頂からお気に入りの尾根縦走をしようと下って行くと、いつものお洞の標識が目に入りました。十数年ここを走って、一度もお目にかかっていないお洞に行って見たくなり、標識が示す谷方面へ下って行きました。


始めはきついスイッチバックで練習にいいやと思っていましたが、すぐに藪道に変わりました。それでも根性で下って行きました。


標高差100m下ったところで開けた平地があり、そこには石仏が祀られておりました。その奥に目指すお洞がありました。そこ一帯は鬱蒼とした杉林の中で、管理されている印象を受けました。
お洞には十数体の石仏が祀られていました。


お洞の先に奥の院まで7分との標識があり、自転車を置いて奥の院を目指します。急な九十九を標高差で70m登って行くと奥の院の洞窟がありました。


洞窟の中には一体の石佛が祀られていました。洞窟の入り口には道祖神がありました。その道祖神は上部は微笑ましい姿をしていますが、下部では・・・後で気が付きました。その先は尾根に繋がっていて、てれたま山頂付近に出るようです。今度探索したいと思います。


自転車を下部に置いてきたのでピストンで尾根道の標識部まで戻って来ました。藪道の上りは蒸して暑く、参りました。幸い虫がいなかったのでよかったです。
これからはいつもの尾根道を走ります。前回の慣れないフルサスよりアップダウンの乗車率は高かったです。写真は忠治展望地の眺めです。きょうはよく見えます。


一旦林道に出て、山頂方面に上ります。林道途中から旧道に入ります。滑空場が使われなくなってから人が入らなくなり、入口は草ぼうぼうです。林に入れば道はしっかりしており、安心しました。この先はメインの尾根に入って行きます。


今日のガレ道は滑りやすく、王道の中央突破は厳しかったです。調子よければ休まず足つきなしで下れるところを、今回は2回休憩を入れました。今朝ギックリ気味になった腰と弱点となった左腕がもちません。


体力の限界、悪魔の喉笛手前でたまらず休憩です。後半の難所を切り抜けるために、コンディションを整えます。体力の衰えを感じます。(泣


コルの峠に到着。今日は路面コンディションが悪いため、対面の壁下りの挑戦はやめときます。おとなしく林道に下ります。
今回はお洞の道が開拓できそうで、収穫がありました。
走行距離 7.8km  累積標高 ±570m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/06/28(日) 23:57:06|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ