山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

なが淵 名水と尾根下り道 迫る伐採地

雨予報が続き、ツーリング予定を立てられない状態です。今日もソロで近場のなが淵を走ります。
駐車場にデポ地してロード走りで峠に向かいます。
ここはなが淵の名勝を眺めることのできる遊歩道です。


旧道を走ります。ここは地元では天王さまと呼ばれているそうです。傍で畑仕事をしていたおばちゃんが「今年は蛇が多いんだよ」と言っていました。それはかんべんだよ。


林道上りの途中で参道にはいってショートカットします。入口は藪っぽくなっています。人が通らないんですね。


しばらくは林道を上って行きます。濡れたアスファルトは歩きでも滑りやすいです。一台も車は通っておりません。のんびり歩いて峠へ上って行きます。


峠に到着して、尾根道に入ります。ここは夏になると蝉の合唱でにぎやかになりますが、今は静かな尾根道です。


シングルトラックの路面は十分水を吸って滑りやすい状態です。高速路も路面状態とソロを考えて抑えて走ります。神社近くで分岐道を探索しているソロのMTBerを目撃しました。離れていたので挨拶のみで別れました。
写真は快適道の中間部に祀られている御不動様です。


車道と尾根道が交わる峠の手前は草木が伸びてこの通り。しばらくすると走れなくなりそうです。


またしばらくロード上りです。斜度がきついので歩きです。途中で伐採用作業道が、これから走る快適尾根道に向かっていました。まさか! 気になりながらも車道の最高地点へ。
写真は最高地点からなが淵周辺の景色です。


ソロなので自由にコースを選べます。しばらくぶりに名水水源まで寄り道します。以前はポリタンクをもって組む人が並んでいましたが、現在は車で入れなくなったため、ほとんど人も来なくなりました。WTのあとのSTは走り易いです。細道FANにとっては・・・


名水の水源に到着しました。百畳もあるという岩壁の下に湧き出る名水です。オーバーハングしており、威圧感があります。


今回の主目的である尾根道に入ります。手前で目にした伐採が気になります。下りだして直ぐに伐採の影響を目にしました。明るくなったせいで目立たなかった分岐がはっきりわかり、15年ぶりぐらいになるでしょうか、マイナー道に行って見ます。こちらはメジャーコースに比べ木々をぬって走るため低速走行になります。右側は伐採地が広がります。(写真)


こちらの道は怪しげなパワースポットエリアでした。(写真) 急傾斜もあり、お気楽高速メジャーコースより、親父的には好きかも。


メジャーコースと合流。 道のすぐそこまで伐採がされています。 小心者の親父には斜面が目に入り、従来からのスピードで走れないかも。(笑


蓬莱尾根コースを走ります。ほとんど人が入った形跡がないのですが、大木の倒木、キャンバーの修復がされていました。一番恐れていた道へのつる・木の覆い被さりがなかったことです。(写真)
メジャー快適DHより、テクを要するこちらの方が親父としては好きですね~。


シングルトラックを終了してロード走り、また旧道を走ってデポ地に戻ります。デポ地周辺にも石碑群があります。
走行距離16.8km  累積標高±698m



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/06/28(日) 02:14:43|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ