山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

第四回 東北遠征第二日目 奥の細道中山越えを辿る

フランスさん宅で一泊し、宮城県鳴子温泉経由で山形県最上町へ。今日は松尾芭蕉の奥の細道を逆走して下ります。
ここはスタート地点。封人の家前の広場です。ここで有名な芭蕉の句「蚤虱馬の尿する枕もと」が詠われたのが封人の家です。
写真の山方向に行けば境田駅と分水嶺があります。右が芭蕉茶屋で、昼食時はここの味噌おでんと焼き鮎を頂きました。鮎は臭みがなくて美味しかったです。


境田駅方面に進んでいきます。小川に沿って造られた遊歩道を走って行きます。開放的な気持ちの良い道です。


200mほど走ると分水嶺があります。この小さな池の真ん中から東半分が江合川から太平洋に流れ、西半分が小国川・最上川を経て日本海へ注ぎます。


直ぐ近くに無人駅の境田駅があります。3時間に2本程度の間隔で汽車が走っています。


分水嶺周辺を散策し、その後奥の細道を逆走します。国道を横断して封人の家を外から(入場料を取られるのでパス)見学します。


国道を鳴子温泉方向に少し下って脇道に入ります。石橋を渡り、山道に進みます。


意外にも林道チックなWトラックです。


道端に慰霊碑の石碑が祀られています。昔は厳しい旅だったのでしょう。


沢に出ました。橋はありません。増水しているせいか、渡るのに難儀しています。


義経伝説の甘酒地蔵です。中は良く管理されています。


この沢には橋が架かります。河原の岩盤には見事な地層が現れています。


暗い杉林を抜けるとぱっと明るくなり、水田地帯となります。街まではあと少しです。


中山平の山神社に出ました。ここから中山平温泉の中を走ります。


無人駅の中山温泉駅です。境田駅の一つ隣の駅です。こちらは少ないながらも商店があります。


駅の構内には蒸気機関車のC58が展示されていました。さわれる蒸気機関車は珍しいですが、かなり腐食が進んでいます。


温泉旅館が点在する通りを走り、新中山平遊歩道に入って行きます。展望台、ビューポイントを見ながらレストハウスに到着しました。ここからは紅葉のビューポイント、鳴子峡を眺めることができます。


国道を少し上り、奥の細道深沢越えの道に入ります。最初は階段ですが、この先は深沢へ一気に下ります。


九十九の下りで、谷底まで下ります。


谷からは再び急登です。


小深沢越えの道に入ると、クマ除けの鐘が設置されています。木よりも鐘の方がクマ除けにはなると思う。


小深沢への下りです。


鳴子スキー場のゲレンデを横切ります。


もう少しでゴールの尿前の関です。


ゴールの尿前の関に到着しました。 ピックアップ車を取りにスタート地点の広場に戻り、昼食を取ります。
次は山形県の奥の細道を走ります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/06/13(土) 07:06:52|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ