山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

岩山登りと半自走コラボツーリング

埼玉に置いてある軽のフランス号、あと1カ月でで配車となるのを予見したのか、ツーリング前日に走行不能になってしまったとの連絡を受ける。ではフランスさんが輪行で深谷まで来てもらい、親父号で県境付近まで移動をして、二つの岩山を登ることにしました。
埼玉最後の集落の旧道にデポします。そこから今日登る岩山が見えます。


車道を上って行き、最後の民家が見えるところまで走ります。この先の林道分岐の所で、登山道に入ります。


登山道に入るとすぐに沢渡りとなります。しばらくこの沢沿いに上流へ遡って行きます。


沢道から外れるとスイッチバックの連続になります。これは厳しかったです。


スイッチバックを上り詰めると鞍部の峠に出ます。ここで記念撮影です。ここに自転車を置いてイースト峰に向かいます。


イースト峰は危険個所があるため、公認の登山道はありません。その危険個所がこれです。この金属プレートを足場に岩壁を横断します。


まだまだ厳しい岩壁登りが続きます。


イースト峰山頂に到着ここで記念撮影です。バックはこれから登るウエスト峰です。


再び峠に戻り、イースト峰に登ります。こちらは尾根を縦走します。上りの一般コースはイースト峰より危険個所は少ない。


でも垂直登りはあります。


尾根に取り付きました。ここで上級コースと合流です。好きもののフランスさんはちょっと(10m)だけ上級コースへ。足元から一気に100m以上の岩壁、私にはたてません。


ウエスト峰に向けてヤセ尾根を進むと先ほどの上級コース直下の岩壁が一望できます。クライマーが岩壁登りをしていました。


ZOOMするとクライマーが手に取るようにわかるロケーションです。


ウエスト峰山頂に到着。ここから縦走するヤセ尾根を望みます。まるで恐竜の背中のように岩が尖がっています。


縦走最後の尾根下りです。10mの降下の鎖場です。これで岩登りは終了です。日陰がない尾根歩きに体力を消耗しました。だけど絶景が見られて大満足です。


これから自転車を取りに岩山直下の巻道を通って峠に向かいます。緊張から解き放されて、のんびり歩いていきます。


自転車を取り、再度巻道を通ります。激細キャンバー、ざれているため走れません。ちょっとお疲れモードです。


やっと伐採地に出ました。ここから景色の良い走れる道で記念撮影。


岩山山頂からも見えた伐採地を横断する道を下って行きます。


伐採地から車道への道は道の状態が良く、今迄になく快調に走れました。ストップなしに一気に車道に出ます。


車道を下り、再び旧道に入ります。この道はほとんど歩かれておらず、標識もなし。先行したハイカーさんも入口を間違えています。我々が入口を教えてあげて先行します。道の状態は一部従来通り大崩の迂回はありますが、いい状態です。


民宿跡の脇を通ります。ここの石垣が好きです。昭和の登山ブームの時は、民宿からこの旧道を登って行ったんでしょう。


集落に出ました。旧道らしく石碑が多くみられます。ここからデポ地まではもうすぐ。 無事ツーリング終了です。
走行(移動)距離 11.4km  累積標高 ±1056m

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/05/30(土) 21:29:01|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ