山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

GW静岡遠征 第三日目 友峰さんと行く屏風岩山

再び友峰さん推奨の山へツーリングに行ってきました。今回は神奈川県山北町の屏風岩山への自走ツーリングです。今回のレポートも友峰ブログと同じ表記で表します。
6:00に道の駅山北に集合して、林道ゲート前にデポします。
最初がきついですよと言われるように、谷口から登る道は、えらい急な道です。


友峰さんと二人で登っています。尾根に出るまでが我慢です。


尾根に出ると管理道ですが、道はしっかりとしています。途中に三つ葉つつじが咲いており、近づいて撮影すると木の根の下は空洞となっており、崖でした。


管理道の分岐に到着。ここで小休止です。今回は時間があるので、友峰さんが未開拓の道をプチ探索することになりました。


探索はピストンになるので、標高差200mまで下ることにして下って行きます。いきなり厳しいキャンバーがあり、その後はミツマタが群生した緩いスイッチバックの道になっていました。なかなか走っていて面白いコースです。


往きはヨイヨイ、帰りは・・・上り返しは辛いです。2回休んで戻ります。


下っている時は目に入らなかったですが、下った直ぐ脇は大崩壊地で、落ちたらと考えるとぞっとします。


この場所で見える富士山は、いつも見る西側から見る富士山と違って、宝永山が左に見えて新鮮です。


元の分岐に戻り、屏風岩山方面に向かいます。途中の軽いスイッチバックで友峰さんのテールホップが炸裂です。


東峰に到着しました。山頂にはかまぼこの板の様な新しい看板がありました。・・・ここは小田原に近いからな(笑


屏風岩山に到着しました。友峰車と親父車お揃いで撮影。 山頂には看板がありませんでした。道の駅の山北町の案内には表示してあるのだから、山頂には表示してほしいです。


大滝峠に向かってアップダウンの尾根道を走って行きます。


鞍部の大滝峠に到着です。休憩舎らしき跡がありますが、今は何もありません。東海自然歩道がこの先、トラバース路が崩壊して、この上の分岐より尾根道に変更になったため寂れてしまったようです。


峠上の分岐、地名はズバリ 大滝峠上です。友峰さんと記念撮影です。


ここから極細のトラバースが続きます。


大滝沢へ下ります。しばらく沢沿いを下ります。岩走りはリアをコントロールできるかが乗車率を上げるコツです。


このキャンバーの乗車は厳しいです。友峰さんは全行程乗車しましたが、親父は最初の岩のキャンバーは乗車できませんでした。


一番の難所、5mの岩場の下り、ロープを伝って下ります。


まだまだ激細道が続きます。


友峰さんがまだ見たことのない滝があるので行って見ようと、沢に下りて行きます。


トレイルから200mほど行くと大きな滝が現れます。迫力があります。大滝沢と言う名があるので、これが大滝ではないかと友峰さん説。


直に林道に出ます。まだガレ気味です。


しばらくすると車が入れるダートになります。ここから急なトレイルに入った入口、デポ地は近いです。
ツーリングデータは携帯BPSが電池切れのため、記録はありません。

このコースを走った感想は、さすが友峰さんが推奨するコースだけあって上りは担ぎがたっぷり、下りはいつものテールホップを駆使するタイトターンと河原道、それに加えて激細道を走る度胸の良さも必要とされるハイレベルのコースでした。
前回のコースによりわたし好みだろうと友峰さんがおっしゃる通り、断崖に切り開かれたトレイルはわたし好みでありました。
ただ、一般MTBerは楽しめないと思います。精神的/身体的にかなりハードです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/04/28(火) 15:53:19|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ