山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

GW 静岡遠征 友峰さんと行く富士見山ツーリング

GW帰省がてら、恒例となりました私の師匠ともいえる友峰さんとのツーリングです。(山名の表記は友峰さんブログと合わせております)
山梨県なかとみ青少年自然の里7:00に集合と言う早さ。ここは山の中の独立した施設と思いましたが、集落がありました。


登山口から頂上までは3.5時間、担ぎっぱなしです。友峰さんツーリングでは当たり前のことなので、特に苦になりません。
ここは難所の一つの鎖場です。


その先に最大の難所のロープ場があります。谷が崩れ、ザレた場所を四方に張られたロープを頼りに渡ります。自転車を担いでいるとロープに引っかかって大変でした。


こんな奇形な木が、かなりの頻度で見つけることができます。どうしてこんな形状になったのか不思議です。


今日、ご一緒させてもらったメンバーです。コース案内役の友峰さん、友峰さんの歩き仲間のセンバさん、トライアラーの若さんです。


山頂奥の院まであともう少し。担ぎが続きます。


山頂に到着しました。東西に展望が利き、素晴らしい長めです。西の方には南アルプスの山々が見えます。


山名のように富士山が見えるかと言うと、山頂のみ見えています。


山頂で昼食を取ります。昼食後は若さんのパフォーマンスを見させて頂きました。


尾根上の堂平の分岐から下り始めます。最初は急斜面に造られた九十九折れ、かなりのタイトターンです。


最初は若さんの後ろを走ります。この急斜面に作られたタイトターンを見事にクリアしていきます。動きもスムーズです。参考になります。


この山には大木が多く、いずれも味のある形状をしており、見ていて楽しいです。


この木なんか洞があり、最高です。ここでしばし休憩です。


後半部の激細道。ここは流石に走れません。この先は快適な下りとなります。


出口のお宮さんを下ると車道に出ます。ここからデポ地の駐車場まではもう少し。ロード走りです。二名ともお尻を上げて走って行きます。元気ですね。親父は疲れてどか座りです。これでツーリングの終了です。
友峰さんの推奨コースだけあって、並のMTBerは入って来れない、極上テクニカルコースでした。
友峰さん、先導ありがとうございました。
走行距離 9.1Km 累積標高 ±1138m

このコースを走った感想は、上りは担ぎが必至で、担ぎ慣れしてないと難所の踏破は出来ません。下りは最初キツイターンの連続でテクニックを要します。その後は通常のテクニックで楽しめます。ただ、普通に下ったのでは、上った苦労が報われない気がします。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/04/26(日) 10:22:38|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ