FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

四国八十八ヶ所霊場車遍路 2018-1110 57番-64番と帰路

探し回った末に見つけた道の駅 「今治湯ノ浦温泉」で車中泊。国道沿いの環境はいまいちでしたが仕方がありません。
今日が巡礼の最終日、どこまで行けるか、まずは第57番栄福寺に向かいます。
7:00過ぎに到着。


本堂と太子堂です。


第58番仙遊寺は高台にあり、行くには専用道(維持費400円)を上ります。 途中に仁王門があります。ちょっと車から下りてみます。


仁王門をくぐると遍路道が続いています。かなり険しい道です。 車に戻って車道を上って行きます。


車道の状態はイイです。紅葉も楽しめます。アプト式、切り返しして方向転換が必要なところもあります。


仙遊寺の境内です。手前が太子堂で奥が本堂です。納経場は本堂内にあります。 写真を撮ったポイントを振り返ると・・・


仁王門から上って来たお遍路道が続いています。ここが本来の参道なんですね。


境内からは今治市街の先に瀬戸内海が見えます。


山道を下りて瀬戸内海方面に向かいます。第59番国分寺です。 駐車料金は200円です。


境内にある珍しい「握手修行大師」像です。握手をすると願いが叶うと言います。もちろん握手をしました。


左が本堂で右が太子堂です。


次は第60番横峰寺です。この寺の名前は記憶に残っています。なんで覚えていたのか、途中の林道料金所で分かりました。以前MTB四国遠征に来た時、料金所脇のお遍路道を走ったのでした。 横峰寺に車で行くには林道通行料1850円がかかります。
殆どが車遍路の方なので、駐車場から一番離れたお遍路道の参道は見ていないと思います。ここはお遍路道から撮影した仁王門です。


参拝客は注意しないと分からない一番奥にある仁王門です。


ここが横峰寺の本堂です。


駐車場に通じる道から本堂と太子堂を望みます。


駐車場へ続く道です。5分ほどかかります。駐車場には公共のバス路線もあります。


平地に下りて第61番香園寺に向かいます。駐車場にきて、以前ここにデポしたことを思い出しました。
このお寺は近代的なコンクリートの建物に、本尊と大師像が祀られています。ちょっとありがたみがないなー。
御朱印を頂いてから、次の62番は今迄の宝寿寺ではありませんと、仮の62番を伝えられました。 内部対立があるようです。四国八十八ヶ所霊場会の問題は巡礼者には関係ないので、今迄の宝寿寺へ向かいます。


61番から今回最終の64番までは61番駐車場にデポして、自転車でまわります。写真は小松川です。


61番から1.5km街中を走って第62番宝寿寺です。ここが対立して避けるように言われた霊場です。住職自ら出て案内をしてくれました。納経を済ませたらお接待でペットのお茶を頂きました。伊予小松駅の近くにあります。


次は1.4km先の第63番吉祥寺です。その前に国道11号に面した中華店でランチを取ります。
吉祥寺は伊予氷見駅の近くで、門前に水が流れている堀があり、山門脇にサイクルスタンドがあります。サイクルスタンドは初めて見ました。ここに自転車を置きます。


ここが本堂です。立派ですねえ。


第64番前神寺までは3km、しばらく国道を走ります。案内に沿って64番の通りに入ります。駐車場の前に山門があります。


境内に入り、一番奥の石段を上ると本堂があります。シンメトリーで圧倒的なスケール感があります。これは感動的です。


本堂から太子堂へ戻るところに御滝不動尊があります。鉄分を含んだ水のような黄土色の岩盤が見えます。ここにお金が張り付いています。納経を済ませて、これから帰ります。


少し離れたところにある石鎚神社の鳥居です。


往きは国道を走りましたが、帰りは裏道を走ります。


ここは小松橋です。欄干の電燈に風情があります。


15:07に21番駐車場に戻りました。これで10日間にわたった車遍路を終了します。65番からは2019年の3月ごろとなります。


21:22に四国を離れます。大鳴門橋です。ライトアップされた橋が美しいです。


本州に着きます明石大橋です。対岸の夜景がきれいです。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2019/01/06(日) 17:49:39|
  2. 四国八十八ヶ所霊場車お遍路
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ