FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

四国八十八ヶ所霊場車遍路 2018-1108 39番-45番卯之町散策

7日目に入りました。今日は高知県から愛媛県に入る予定です。スタートは昨晩の車中泊地道の駅「ふれあいパーク大月」です。この道の駅は昨日の唐人石から足摺スカイラインを下るとすぐに見つかった道の駅で、レストランも併設されていたのですが、まさか開いているとは思っていなかったので、コンビニ弁当買っていました。残念でした。 4:30起床。ここには親父号だけでした。


道の駅の地図です。でっぱりが足摺岬で、根もとのちょっと北が大月町です。


6:50に高知県最後の霊場、39番延光寺に到着です。 落ち着いたお寺です。


庭園がきれいです。


本堂と太子堂です。


眼病にご利益があるという目洗いの井戸、眼病が良くなるようにと井戸の水を目に付けます。


山門を出ると歩き遍路道があります。気持ちは歩きたいです。


39番から29km離れた40番観自在寺へ8:20に到着です。ここは1番札所霊山寺から一番離れているので「四国の裏関所」と呼ばれています。この立派な仁王門は幾度と火災の難を逃れているそうです。


仁王門を通って真っすぐに進むと均整の取れた美しい本堂です。


本堂の隣が太子堂です。 境内の松と一緒に!


これは珍しい八体仏十二支守り本尊です。親父の守り本尊は大日如来です。水をかけて祈念します。


第41番龍光寺に向かいます。ここが参道で鳥居があります。この先の道幅が極端に狭いんです。お寺の駐車場はこの先にあります。分かりやすいように拡大して見ます。


軽自動車が走ってもこんな感じです。 親父号でやっとです。


無事極狭の参道を通って駐車場へ。ここから階段を上って本堂へ向かいます。階段の最上部には鳥居があります。実は明治の神仏分離で本堂は稲荷社として、新たに本堂を建立して十一面観音が祀られたそうです。


ここが本堂と太子堂です。 稲荷社は右側太子堂の奥にあります。


次は4km先のの第42番佛木寺です。立派な仁王門です。


城郭のような石垣と紅葉の美しさが記憶に残ったお寺です。


石段を上って境内に入ると、すぐに本堂となります。こじんまりとしておりますが、返って親近感がわきます。ここのご本尊は大日如来です。 左後ろが太子堂です。


11:20広い駐車場の第43番明石寺に到着です。 立派な仁王門が迎えてくれます。


仁王門をくぐって石段を上ると本堂のある境内に入ります。


こちらが本堂で右が太子堂です。


本堂から納経所を望みます。紅葉の感じが素晴らしかったので撮影してみました。


昼食時刻になり、観光ガイドに伊予の古い町並み「卯之町」でポタリングしながら昼食を取ります。12:10JR四国予讃線の「卯之町駅」近くのスーパーの駐車場のデポしてポタリングします。


かつて宇和島藩の在郷町・宿場町で国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。平日の木曜なのか観光客は見かけませんでした。 ここはメインの酒蔵の通りに向かう路地ですが、風情があります。


元造り酒屋の池田屋酒店を見ているとランチの看板が目に留まりました。店風ではなかったので、戸を開けて確認するとランチをやっているとのこと、入ることにしました。


店内は元造り酒屋だけあって高い天井、色壁、黒い柱、いやー立派です。店主は息子さんのようです。


こんな太い梁は見たことがありません。


奥さんがつくった創作料理で、精進料理をモチーフにしているようです。美味しかったです。


昼食を取ってから酒蔵通りを散策します。醤油を作っている店もあります。 こういう散策は自転車があると便利です。


43番から76kmと距離のある第44番大寶寺には15:10に到着。森の中にあるようなお寺です。石段を上ります。


本堂と太子堂です。


森が深い分、紅葉がきれいです。


15:40に44番のお参りが終わり、もう1寺参拝ができそうです。第45番岩屋寺までは12km。途中渓谷沿いの道路を走っていると車が多く停車している場所がありました。古岩屋と呼ばれる岩壁の景勝地です。今は紅葉の真っ盛り、時間が遅くくすんで見えるのが残念です。


16:00に岩屋寺駐車場に到着。ここから20〜30分山道を歩いて本堂に向かいます。 ちょっと不安になったのが、こういう不便なお寺の納経時間は通常より短い可能性があります。冬季であればなおさらです。本堂到着予定時刻は16:30、微妙です。参道のお土産屋は既に店を閉めています。
2分ほど歩いた場所にある山門です。この先は山道です。


山門を抜けて舗装された参道を上ります。途中には谷への落下防止の手すりがあります。 本堂まで600mです。


16:11に本堂に到着です。納経時間は17:00までで安心しました。宿坊がしっかりしていて、住職さん達が麓に下る必要がないからでしょう。本堂を下から見ています。右手は垂直の岩壁になっています。 モミジが美しいですね。


こちらは太子堂です。


本堂の脇はしごで岩壁をくり貫いた仙人堂跡に上ることができる。写真は仙人堂跡から下を撮影します。
16:40駐車場に戻って来ました。辺りは薄暗いです。これで今日の分は終了です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/01/04(金) 12:32:37|
  2. 四国八十八ヶ所霊場車お遍路
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ