FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

2018-1118 さんごく峠Wヘッダー 温泉沢コース編

時間があったので予定していた2本目温泉沢コースを走ります。このコース山ビルで有名な沢道を走るのですが、この時期はもう山ビルはいないので、素晴らしい紅葉が見えるかと思えば時期が過ぎていました。隧道の上州側にピックアップして、14:45にスタートです。日暮れが早い沢道、急いで下って行きます。
走行距離 12.5km  累積標高 +116m -614m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:3  景色:4  総合満足度:3
この写真はシングルトラックに入った直後の写真です。モデルがイイからとは言いませんが、気に入った一枚です。


ピックアップしてから1本目でスローパンクしたフランス車を直し、スタートします。シングルトラック入口までロード上り、たいした距離ではありません。


シングルトラックの入口です。車道からは目立たないです。


いきなり階段です。渓谷の中の道しか記憶がなかったので、あれって感じです。


やっと走れるようになりました。沢に向かってGo! 上の建物の脇からシングルトラックに入ってきました。


スイッチバックを繰り返して沢に向かっていきます。コーナーの落ち葉にフロントを取られ、親父プチ転倒です。慣れないハードテイルでこのコーナーはちょっとデンジャラス。


渓谷に下ると木橋を数か所渡ります。苔むしていて渓谷にマッチしますが、スリップ注意です。


橋を渡るとお約束の担ぎの上りです。


橋が架かる場所は沢に下りられ渓谷美を楽しめます。紅葉の時はさぞ素晴らしいだろうなと想像します。


こんな快適の道が続けばいいのにと思いますが・・・


険しいセクションに入りました。谷側は崖で沢に落下します。道は狭く、落石で走れません。我慢の押しです。


シングルトラックが終わる前の快適道です。暗くならずにシングルトラックが終わりほっとしています。


シングルトラックはこの橋を渡って終了です。この先は温泉旅館の敷地に入ります。


沢の名前をとった温泉旅館前で記念撮影です。立ち寄り湯としても利用できますが、時間が短いのでツーリングには利用できません。旅館の方に尋ねたところ、山ビルがいなくなる前後と上流の渓谷の紅葉の時期が重なるそうです。・・・渓谷の紅葉は無理なんだ! 今度はお泊りでということでパンフレットを頂きました。この旅館歴史があっていい感じですが・・・大体40K〜の高級旅館、厳しいな。(笑


越後屋車のタイヤがスローパンクになっていました。旅館前で空気を入れて最短距離でゴールに向かいます。体力的にもきつかったので寄り道する余裕もありません。 ここからロード走りです。


ゴール近くの湖畔周遊道です。 16:15陽が暮れかかりでした。一日よく走りました。参加の皆さん、お疲れ様でした。

このレポートにはフランスさん・山坂さんの画像も使用させていただきました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/11/24(土) 11:22:20|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ