FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

四国八十八ヶ所霊場車遍路 2018-1101-02 四国への道と1番-3番

先月西国33観音霊場を満願したのではありますが、来年行こうと思っていた四国88観音霊場お遍路の旅を、都合により今回行うことになりました。予定は10日間で目標50ヶ寺、メインは自動車で、短い距離は徒歩と自転車を使います。それに気になる名所もめぐる予定です。 スケジュールは綿密に考えたつもりですが、実際現地に行って見ないと分からないです。車中泊も宿が取れないと最長10日間になりますので、それも不安材料であります。
11月1日夕方自宅の深谷を出て上信越道/和田峠/中央道を通って四国に向かいます。走行距離は650kmです。途中中央道内津峠PAで車中泊です。
上信越道をGoogleナビの指示で下りて、和田峠に向かいます。そこで新和田トンネルに行くところを旧和田峠道に入りこみ、この旧和田峠トンネルに来ました。ここは交互通行で信号が長いです。・・・あとから検索するとここは心霊スポットらしいです。ここは20時頃通りました。今思うと怖くなります。


ここは内津峠PAです。西国33観音霊場巡りの時も車中泊したところです。 23時頃でしょうか。 明日早いので即寝ます。


6時に内津峠PAを出発して名神/中国/神戸淡路鳴門自動車道を経由して9:30淡路島へ。


暖かくて眠気が襲ってきたため淡路島の緑PAで仮眠をして、淡路島を離れる前に淡路島南PAでシラス丼を食べます。淡路島産のシラスと玉ねぎを使っているそうで、結構うまかったです。ちなみに淡路島の特産は玉ねぎだそうです。


大鳴門橋で四国に渡ります。


四国の高知県に入り、高松自動車道を通って12:30四国1番霊山寺に到着です。走行距離650kmでガソリンを入れます。
ここは1番の隣の門前一番街でお遍路グッズを揃えました。あらかじめ通販で購入しようと思いましたが、送料がかかるので現地で揃えることにしました。
揃えたしな物は白衣・さんや袋・金剛杖・経本・納め札、納経帳は以前フランスさんと四国MTBツーリングした時購入してあったので不要、それと線香とろうそく、これは西国巡礼の時を利用の以上です。 菅笠は歩き遍路ではないので揃えませんでした。
外国人の方も購入していました。全体を通して欧米系外国人が多いです。そのほとんど歩き遍路です。


1番霊山寺山門です。観光ではないので、写真は基本お参りをしてから撮影します。 これは私のこだわりです。


山門をくぐると、立派な多宝塔があります。


こちらが本堂です。


本堂の天井から吊るされた灯篭の美しさは感嘆の声を上げそうになりました。


山門前にてお遍路姿で記念撮影。 秩父/板東/西国の霊場巡りと違って、お遍路は白衣をまとった参拝者が圧倒的です。読経される方も多い(私もですが・・)です。スタンプラリー感覚でまわっている方は少ないようです。


今日の3番までは歩き遍路です。さすがに埼玉から自動車で到着後の歩きはきついのですが、今度歩ける区間はそうないので頑張ります。さいわい歩きには気持ちの良い天気です。


1番から1km歩いて2番極楽寺に到着です。道路に面して建つ山門です。


日本庭園を見ながら境内を進みます。


この石段の上に本堂があります。


2番のお参りを済ませ山門をくぐると、このような道案内がありました。知らなかった親父は車道を歩いていました。3番はこの案内を基に遍路道を歩きます。


車が通れない道幅の小路を歩きます。お遍路の感じが出てきました。


途中で3番への案内がありました。そこを入ると藪っぽくなっていました。すると境内の脇に出ました。山門前でないとすると、ただの裏道に過ぎなかったようです。


3番金泉寺山門です。朱塗りの立派な仁王門です。


立派な本堂です。


ここが観音堂脇に祀られている金色地蔵尊です。地蔵尊前の井戸に自分の顔が映ると長寿をもたらすとの言い伝えがあります。早速親父も井戸を覗いてみました。水面に顔が映りました。よかったです。 一緒にいた男性の外国人は良く見えなかったようです。英語のガイドブックにも書いてあるようです。残念がっていました。覗く角度で見えたり見えなかったりするようです。まあ、ひとまず安心!!


予定の3番までお参りを済ませたので、車が置いてある1番へ戻ります。帰りはJR四国の高徳線に乗って帰ります。ここは無人駅の板野駅です。 2駅先の坂東駅まで運賃は210円です。


板野駅のホームです。高校があるのでしょうか、学生が多いです。というか、高校生しかおりません。16:19板野駅始発の1両編成の電車です。


9分の乗車で板東駅に到着です。乗降客は親父と女子高生の2名。


板東駅も無人駅です。


板東駅から歩くこと10分、一番札所通りを歩いて16:401版駐車場に到着です。納経終了時間が17:00ですので、駐車場は親父号のみでした。


予定にはなかったのですが、当地に来て、第九が日本で初めて演奏されたあの独逸俘虜収容所が直ぐ近くにあったとは! 
1番から車で5分程度で板東俘虜収容所跡に着きます。写真が復元された兵舎第8棟です。


板東俘虜収容所跡を散策していると17時をまわり、薄暗くなってきました。


日帰り温泉天然温泉御所の郷で汗を流します。 大きな建物で駐車場には車がいっぱいです。入館料600円、値段のわりに施設は立派なため、人気があるのでしょう。 さすがに第一日目、すべてが初めての経験なので疲れました。ゆっくり温泉に入り、疲れを癒します。


夕食はここ天然温泉御所の郷で取ります。日替わり定食800円です。値段終わりに豪華だったので、即決まりました。

今晩の車中泊地は道の駅第九の里です。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/11/12(月) 11:42:05|
  2. 四国八十八ヶ所霊場車お遍路
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ