山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

お不動様周辺 最後の探索

お不動様周辺は、自宅から中途半端に遠いため、ほとんど探索は行ってきませんでした。近場のコースも飽きて、この春はお不動様周辺の探索を行ってきました。今回が最後となります。
今日はピックアップが不便なコースの、上りコースの探索です。おととい下見した山里手前の広場にデポして、集落に上って行きます。
急坂のためコンクリート舗装になった坂を上ると集落が見えます。桜が咲き、桃源郷のような感じです。


曲がりくねった集落内の道を上ってコンクリート道の終点まで上り、その先にあるシングルに入って行きます。


植林の杉林の道を上って行きます。猪に荒らされたのか、掘り返されていて歩きにくい。地図上にはない道、ここが旧道であるかは不安だが、尾根に向かっているため、まずはそこまで行こうと思います。
すると三叉路に大日如来と地蔵尊の石碑があり、旧道であることが分かり一安心。そこには簡単な道標があり、GLに行けるようです。


快適そうなスイッチバックの先に尾根に到着します。その先が倒木と藪になり、夏場は大変そうだが、それを抜ければしっかりとした道となります。小ピークの先には一見三叉路に出ます。しっかりとした左の道に進むと炭焼き窯跡で終わっていました。再び三叉路に戻ってみると、正面の急な尾根の岩場にピンクテープがついていました。


この岩場を登って行きます。約20m程でしょうか。


岩尾根地帯を登ると、今度は急登です。ほとんど踏み跡がなく、本来の道を探すのが大変です。グリップし難い土質で下るときはチャレンジです。


急登を過ぎれば素直な尾根道になります。開けた尾根で小休止をしていると、上の方からバイクの音が聞こえます。GPSで確認するとGLまであと200m。一頑張りするとGLのガードレールが見えてきました。


GLに出ると、ここが何処かまったくわからない。車で何十回と通っているのだが、標識やマーキングテープ類がありません。


しばらく走ると御馴染の林道との合流点に到着、この先山頂に登り景色を楽しむ。


お不動様方面下り、分岐をデポ地方面に下る。先日引き返したコースです。例の九十九折りに入ります。今日は未だウエット状態で滑りやすいです。案の定プチ転倒してしまいました。


谷まで下って沢を越えます。ここで自転車を置いて、滝見に行きます。歩くこと200m、落差20mの滝に到着です。あまりの水量のなさにがっかりです。


戻って自転車を押して道を登って行くと、今度は修行僧が修行した滝だそうです。ここは岩盤が立派なのですが、水量が少ない。少なすぎる。修行にはならないだろう。


修行の滝からピストンで戻ってきて、集落方面に走って行くと、道端にいい味を出している馬頭尊がありました。その先は林道となってデポ地に戻ります。
これで探索終了です。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/04/12(日) 07:11:45|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ