FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

2018-0630西上州 東西盾鉾山縦走と廃村旧道 廃村遍

午後から麓に下りて廃村に向かう旧道を走ります。最後に走ってから5・6年経つが、どうなっているのかを確かめるためです。
走行距離 2.9km  累積標高 ±268m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:2  景色:2  総合満足度:2
ここは旧道の先の廃村となった廃屋です。一応不法侵入にならない様、ここまでとしました。手前が土蔵でその奥が母屋です。


東西盾鉾山縦走を終え、デポ地の石投げ峠の涼しい木陰で昼食を取ります。昼食後、車でふもとの川まで下ってくると暑い! 車道の広い路肩にデポします。


たしかこの場所が旧道の入口があるはずだが、付近のバス停には集落の名はない。廃村になってからかなり年が経っているからかもしれない。


ここが旧道の入口です。道案内はないし、草ぼうぼうで踏み跡もなし。知らない人はここに旧道があるなんてわからないでしょう。


しかし、10mも入ればこの通り、道であることが分かります。


上り始めて50mほどの所に大岩が雨宿りできるようになっています。そこに年代物の電子レンジと自転車が捨ててありました。昔はここで休んでいたんでしょうか。


掘割の道になってきました。倒木帯ですが、なんとか走られる状態です。


道には白いキノコが1本生えていました。


さらに上って行きます。感じはイイ道ですが、枝打ちした枝が多量に落ちており走るのには邪魔です。


この電柱は上側半分が90°曲がっています。600Vの電力線と電話線の共用電柱です。その先は・・・


600Vの電力線が旧道上120cm辺りに垂れ下がっています。 もう通電されていないと思いますが、くぐって通る時はビビります。


その先は急な斜面をトラバースしながら進むので、厳しい道となります。ここは枯葉が堆積した道です。


ここが一番荒れている場所です。谷になっているところで、上部から土砂、枯葉が流れて足場が悪いです。


廃村の手前には危険なエリアがありますが、それは帰りにします。 廃村が見えてきました。旧道は旧農地のせいで不明確になっています。雑草を掻き分けて廃村に入ります。ここから土蔵を見上げます。 それにしても蒸し暑くて堪りません。午前と全く違います。すぐに帰ります。


廃村の手前はこんな道が50m程度続いています。谷側は30mほど崖になっています。道は枯葉で埋まっており、走るにはリスクがあって走れませんでした。残念です。帰りはピストンなので走れるところは分かっています。やっぱ落ちている枝が邪魔です。


一気に下ってデポ地に到着です。暑くて体力消耗です。車に入ってエアコン全開でクールダウン。駐車している窓の外を見ると馬頭尊の石碑があります。疲れて外に出るのが辛いので、車の中から撮影です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/07/08(日) 00:37:21|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ