山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

里山探索の成果を確かめるツーリング 2本目チェレンジ遍

初めてのデポ地で昼食を取ります。日差しが出て快適でした。2本目は神社にピックアップして、今日のハイライトおまいり道のスイッチバックを初めて下ります。探索時は歩いて様子見した道です。優しそうに見えるコーナーもいざ走ってみると、結構厳しいことが分かりチャレンジがいがありました。親父、このコースに嵌りました!
走行距離 3.0km  累積標高 +157m -347m
親父指標 体力:2  技術:5  快適:4  景色:2  総合満足度:5 短いながらも友峰さん好みの難度の高いスイッチバックが魅力。
難度の高いコーナーを下り終えた先、楽勝と見えたコーナーも実際厳しかった。  


駐車場へピックアップしてすぐに担ぎ上げです。


いつみても立派な彫刻です。


裏山を上り、新コースの連絡コースに入ります。この連絡コースは探索していないのですが、勘でいけそうと思った道です。


お寺跡に到着、ここから途中までぼっくり尾根道と並行して走る道を下り、石祠のピークにでます。ここからおまいり道へ分岐。
これから下る道を眺めています。最初は前菜コース。


コースは前菜から一気に最高難度のコーナーになります。親父はMTBを投げ出す覚悟でチャレンジした結果、上手くコントロールできて運よく曲がれました。フランスさんも負けじとチャレンジ、見事轟沈。撮影している親父のところに転がってきました。カメラ片手に背中をつかんで地面とのキッスを免れました。


中盤のタイトコーナーの連続です。しょぼいテールホップと粘り腰ターンでクリアしていきます。


正直、初回でクリアで来たのは50%程度でリトライして攻略しました。見た目よりコーナーの路面が複雑でバランスを取るのが難しいんです。


ショートカットしないでコーナーをまわるのが結構大変です。テールホップでもリアが当たっちゃうし、師匠の友峰さんだったらうまく流して曲がるんだろうなと、フランスさんと話す。


フランスさん、ここからテールホップしてターン! 華麗ではないけれど楽しく回れればいいのです。 友峰さん始め、静岡で知り合った方々のスーパーテクニックは自分たちでは無理だと思っているので、自分たちのスタイルで安全に回れればいいと思っています。


全長200mほどのスイッチバックを下り終え、どっと疲れました。この後はWTを下ってデポ地です。


ゴールの駐車場所まであと少し。毎度のことですが、凍結した舗装路を走ったフランスさん、転倒です。まあお約束なので驚きませんけどね。
ここでソロのMTBerさんに会いました。いいMTBに乗っています。あまり走られていないようです。少し話して車の戻りました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/12(月) 08:59:59|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ