山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

大雪の後の里山を走る 後半

前半の昼食に続いての後半です。午後も里山2山を登ります。走行データと指標は前半に含めています。参照してください。
午後のハイライトはこの画像の草原から幻の峠、その先のDHコースです。下りコースは超マイナーで、この日は野生動物の足跡しかない雪道を下ってきました。


昼食後はこの小江戸の面影がある路地走りをします。無数にある路地があり、途中で行き止まりがあったり、ポタリング気分で走ります。方向的には城址方面に向かっています。


民家の間隔が広くなり路地が無くなると裏通りを走ります。お大臣の屋敷があったり、発見のある裏通りです。裏通りの終点はこの畦道になります。


城跡に上ります。ずっと階段を担ぎ上げます。雪が積もっていなくてよかったです。心拍系を付けていたらレッドゾーンだったでしょう。狭くて途中で休めません。年寄りには体に悪いです。(笑


城址はパスして尾根道に入ります。以前はこの尾根道もマイナーな道でしたが、たまにハイカーさんに会うようになりました。この草原から展望台に向かいます。樹が伸びて視界も狭くなってきました。初めて来たときは幼木でしたが、月日の経つのは早いです。


草原から再び尾根道に入ります。この急登は短いですが、傾斜が半端ではありません。ロープもありますが、ザレていて滑りやすいです。


幻の峠に到着です。どなたか石祠の前に小石を置いています。ここは隣村との生活道と尾根道が交差する峠のはずですが、現在は生活道はほとんど歩かれていません。


峠から里へ下って行きます。雪道には人の入った形跡はありません。斜度、積雪量、雪質ともいい条件で、下るのが楽しみです。ただ心配なのは人が入らない分、倒木がどうなっているかです。


心配された倒木も前回よりはマシになっており、十分下りが楽しめました。雪が細かな凸凹を和らげてくれるので、FRの親父の年金車には天国のような走りができます。久々のハッシーさんも満足してます。


里に戻って来ました。高台の神社で見かけたはとぽっぽの像です。親父の近くの神社にもハトの絵がありました。


しばらくぶりに史跡に行って見ました。立派ですね。再確認です。


参道の裏道のSTを下ります。この景色が良いですね。


街中に入ってきました。酒蔵の煙突です。併設の店舗に入りたかったのですが時間が無くなりました。


往きは路地、帰りは川沿いの遊歩道を走ります。


いつも帰りによる肉屋さんに寄ります。去年3月に移転して初めて寄ります。洒落た店になっていました。メンチカツとコーンコロッケを買って食べました。揚げたてで美味しかったです。


4つ目の山に登ります。この道は北斜面で積雪が多いです。


これから下ります。陽が傾いてきました。


山から下り終えてデポ地に向かいます。その前にショートカットの丘へ向かいます。


ショートカット道を抜けてデポ地まではもうすぐ。今年の花のシーズンは観光客で賑わうかもしれない道を走ってゴールとなります。
まる一日十分楽しみました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/03(土) 10:08:27|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ