FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

西国三十三観音霊場巡り 2017-1201 第一番青岸渡寺

秩父/坂東観音霊場を巡り、日本百観音霊場は西国三十三観音霊場を巡るのみとなりました。と言っても、関東在住の親父としては近畿中心の西国はハードルが高いです。 車中泊を考えたら走行距離24万Kmに近い親父号もあと何年走れるかわからない。思い立ったら吉日。5連休を取って観音霊場巡りに行ってきました。
西国霊場巡りの下調べをすると、他の霊場と異なる点として、駐車料金が有料、ほとんどが拝観料を別途取られる。これが33カ所もあると堪えるので、途中にデポして小径車でお寺に向かうことにしました。
前日夜に自宅を出て、関越/圏央道/東名/新東名/伊勢湾岸/紀勢自動車道を走ること623km、和歌山県那智勝浦町に9:00到着です。前もってチェックしていたデポ地より大門坂駐車場の方がいいので、ここにデポしました。当初は自転車で舗装路を上ろうと思いましたが、ここには熊野古道の中で状態いい大門坂があるので、徒歩で第一番札所の青岸渡寺に行くことに変更しました。


熊野古道大門坂に入ります。およそ30分で札所に着く予定です。


那智熊野大社(札所の隣)の鳥居を抜けると杉桧の参道に入ります。


古木に囲まれた石畳の熊野古道です。巨木の中は見所満載のため、登ることにつらさは感じませんが、石畳はごつごつして歩きにくいです。


熊野古道大門坂を登り終えるとお土産街になります。自動車もここまで上がることができます。この先は表参道となります。
急な階段を登ると納経場所の本堂となります


こちらが本堂です。初めての西国観音霊場の本堂の印象ですが、やっぱ大きいですね。 
般若心経、納札を済ませて御朱印を頂きました。


第一番札所の御朱印です。


ここが一番絵になるところです。三重塔と那智の滝です。那智の滝が思ったより遠くに感じました。


本堂裏に熊野古道が続いていました。こちらの道は石の階段の先は歩きやすい道の様です。今後行くことはないと思い、その先まで行こうとは思いません。


一番札所本堂の隣に熊野那智大社があります。現在修理中でした。


熊野那智大社の階段下から本堂を望みます。太鼓橋とモミジが良かったです。この先にほとんどの観光客が行かない道を見つけました。


狭い道ですがしっかり踏まれた跡があります。この先家々の脇を通る裏道の様です。最終的にはお土産屋の横に出ました。


帰りも大門坂を下って行きました。石畳を撮るとこんな感じで、表面の凹凸が大きいです。しかも傾斜になっているので下りが怖いです。

<参拝データ>大門坂駐車場(無料)-熊野古道大門坂-青岸渡寺-三重塔-熊野那智大社-裏道-熊野古道大門坂-大門坂駐車場
移動距離 4.9km  累積標高 ±339m  滞在時間 2時間13分  拝観料 無料  付属駐車場 800円
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/12/01(金) 01:00:00|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ