山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

昭和楼連チャンツアー 第二日目

昭和楼連チャンツーリングの二日目は時の川Wヘッダーです。
ピックアップ路は峠までは除雪されていましたが、その先は雪が残っており、ちょっと心配になりましたが何とか目的地の駐車場までピックアップできました。
スタート地点の広場にて。


望星への道のり、積雪があり走るのには要注意です。


北面の斜面はまだ雪が残っています。ガレの急坂に積雪があり、下る難度がぐっと上がっている。


旧道の谷道に入る。一番難関のポイントは通常自転車から降りてやり過ごすが、フランスさんが果敢にチャレンジして、フロントは滑って見事に轟沈しました。


谷道は、懸念していた積雪の量は少なく、ほとんど走ることが可能である。快適とは言わないまでも楽しい難路でした。


裏旧道を走って行きます。こちらは雪がなく快適です。


小ピーク直後の急坂です。浮石があって要注意ゾーンです。


香りが漂い気が付くと蝋梅園がありました。今が満開です。


シングルトラックを終えて集落の裏道に入ります。入口の橋、大正時代の鉄橋です。


駐車場で昼食を取り、二本目に入ります。
今日のコースで一番心配した林道の状態です。しっかり雪が残っていました。積雪20cm程度、凍結前でまあまあいい条件な雪道DHです。さすが毎日雪道自転車通勤している越後屋さんは早いです。


轍道に入ります。一段とモーターサイクルの傷跡が激しいです。掘り返されたガレ道は走行するには最悪ですが、それは親父たちが望むところです。


閉鎖林道を走って行きます。小休止。日が傾いてきました。いい感じです。


最後にブナ山に上ります。後は一気に下るだけです。


下った先は炭焼きの場所です。これで2本目が終了です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/15(日) 22:27:21|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ