山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

夏休み第六弾 よいとこ黒ね 湿原散策

数年ぶりにレベル1に下がったエリアの現状が、どうなっているのか確認に行きます。コースは以前ツーリングに使用したコースの内、湿原までのピストンになります。天候は不順で、途中から雨が本降りとなり、ずぶ濡れになってしまいましたが、しばらくすると青空が見えてきました。
走行距離 13.1km  累積標高 ±445m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:3  景色:4  総合満足度:3


信州側にデポして国道を上って行きます。 この傾斜では押しとなります。8自前というのに走行する車が多いです。路肩が狭いので怖いですね。


帰りにはMTBを置いて、見学していこうと思ってます。


駐車場近くの弦池にはカモがいます。以前もいて、国道を渡る姿を見ました。代は替わっていると思いますが、再会がうれしいです。


ぐるっと山を周回します。高山植物の女王と言われるコマクサが見られました。


遊歩道部分は以前にもまして土が流されて、走るのが困難な状態になっていました。


一周したところで湿原に向かいます。前にはなかったクマ除けの鐘があります。鳴らそうにも打つものがありません。


WTへの取り付け道の前半部はガレガレでしたが、後半は締まった路面で走り易かったです。現状を壊さないよう、道から外れないことはもちろん、路肩部分も踏まないように走ります。


湿原へ通じる遊歩道です。巡視車が通れるWTです。この道は以前と変わらないガレ道です。


この辺りは立ち止まり/立ち入り禁止の硫化水素ガス発生エリアです。


湿原を構成する平原へ下るところです。以前より岩の露出が激しくなったようで、年金車では辛いです。


平原の中のヒュッテが見えました。


遊歩道からよいとこ温泉へ下る登山道分岐にMTBを置き、湿原に向かいます。誰もおりません。


きれいに湿地が残っています。


湿原から再び戻ろうとすると、雨が降ってきました。あっという間に本降りとなって、あわてて雨具をまといます。疲れました。


遊歩道が終わるころには雨はやみ、雲の切れ間から青空も見えてきました。 昨日もこんな感じで参りました。
帰りにはこのエリア一番の名所を見てデポ地に戻りました。このコースはFRの年金車には辛すぎました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/21(月) 22:12:48|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ