山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

夏休み第五弾 アデランス峠 鉱山跡編

この画像を見てピンときた方は辺境マニアですかねえ。 別世界のような景色に圧倒されます。
天気予報では半日はもちそうなので、早朝家を出て上信国境のどん詰まりの峠に向かいました。ここは数回行ったことはあるが、鉱山跡と絶壁岳両方走るのはまだ初回だけです。
この峠には私一人だけで、空中索道は一基倒壊していましたが、その他はまだ健在でした。
この峠からシングルトラックを下って鉱山跡のお堂、ぼた山まで下り、かつての自動車道を上り峠に戻ります。
走行距離 6.2km  累積標高 ±188m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:3  景色:5  総合満足度:4 


県道の終点、アデランス峠に到着。車のドアをわずかに開ける。ここは強風で有名な峠。うっかりすると車の中のものが飛ばされるのです。幸いにも今日は風が殆どない。樹木が1本も生えていない峠にいるのは親父一人。寂しいですね。天気はどんより曇り空。ガスって遠望は利きません。


峠が一望できるご飯山に登ります。空中索道までの登山道は崩れてよくわかりません。


尾根の肩に入ると、きれいな登山道が残っています。行きたくなりますが、今回は鉱山跡を巡る目的なのでここで引き返します。


元鉱山の管理道に入ります。以前は年一回、元鉱山の住民が鉱山跡に建立した地蔵堂にお参りするために使われているようでした。現在はどうでしょうか。かなり荒れています。自動車では困難な感じです。


管理道を下ると直ぐに鉱山跡に下るシングルトラックの入口があります。以前は分かりやすい案内板があったのですが、飛ばされたようで、ペンキで鉱山跡近道と読めるコンクリートのかけらが目印です。


ここを走るのは4回目になりますが、雨水で一段と荒れ、笹も生い茂って初めてでは走れないでしょう。笹薮の中でSSのMTBの年金車でチェーンが外れた! 笹エリアを押して抜け、チェーンの掛け直しです。一旦外れると掛け直すのが大変です。(泣


ザレ斜面を抜けると、鉱山跡が一望できるところに出ます。


地蔵堂を目指して下る道は谷道となり、路面が荒れてきてしかも笹で路面が見えません。 注意して下っていますがフロントが石に躓き1回転、MTBが上から落ちてきました。 軽い年金車でよかった。 それより笹が生い茂っているので熊が心配で、熊鈴を頻繁に鳴らします。


地蔵堂に到着です。笹についた滴で、下半身はびしょびしょです。 写真の手前が地蔵堂で後ろが用具置き場と資料掲示場所です。


資料掲示板に張ってありました最盛期の鉱山の様子です。2000名程が暮らしていたようです。


もう少し下部に行って見ます。小学校の運動場跡にはサッカーゴールが原型を留めていました。その他の構造物は見当たりません。ぼた山の先端部分に向かいます。その手前に雨水で浸食された深さ20mほどのI字谷ができていました。落ちたらOUTだね。


高さ30mあるぼた山の先端です。眼下には発電設備、コンクリートタンクなどが遺物が確認できます。真下はザレで落ちても痛くはなさそうですが、蟻地獄のように這い上がれそうにありません。
この目の前に遺物に誘われて谷を下る廃道を通り里に出ようとすると、遭難するようです。 このような場所で谷道を下るようなことはしません。これ、コース探索者の鉄則です。


戻る途中で構造物を発見。電柱の様で碍子が落ちていました。その奥の谷の斜面には坑道口が見えます。


拡大するとこんな感じです。


雨が降ってくると困るので、見学はこれくらいにして管理道を登って行きます。この辺りから管理道が始まります。かつて事務所があった場所らしいです。レンガや燃えた木切れが散乱しています。


峠に向かう九十九道になってきました。もちろん押しに徹していますが、浮いている小石で歩きにくいです。


白い花が咲いていました。アジサイの一種でしょうか。


峠と次に登る絶壁岳が見えます。まだまだ距離があります。


管理道で一番大きな谷にこんな花の群生地がありました。


峠の真下当たりをトラバースする管理道。見栄を張って乗車します。


すぐにMTBから降ります。こんな荒れた道では乗る気力が起きません。


デポ地の峠まではあと少し。ツーリングのコース設定では最後は下りで終わるのがBESTですが、今回は上り終えて終了。終わってからの充実感がイマイチですが、絶景が味わえたので良しとしましょう。雨も降らなかったし。

・・・・引き続き絶壁岳登頂編に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/19(土) 23:10:18|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ