山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

暑さ覚悟でそば殻/アケビ山 甘利山塊ツーリング アケビ山 甘利山編

12:40 昨年より30分早く甘利峠をスタート。林道造成し、分断された登山道を登って行きます。尾根への取り付はほとんど獣道のような急傾斜で、担ぎ上げになります。


しばらく上りが続きます。以前は笹が生い茂った登山道も、親父が以前のぼった時笹に花が咲いていました。そこから笹が涸れていったのでしょうか。歩きやすくはなりましたが、土が見える光景は寂しいです。一番最初の小ピークで一休みです。重量級のMTBを担いだフランスさんはお疲れの様です。


また担ぎです。ザレの担ぎ場、疲れます。


軽ぎ場の最後、下を見るとこんな植物が・・・よいとこ温泉でも同じものを見つけました。


フラットの尾根を走ります。時々こんな走り易い道もあります。基本はアップダウンです。ピークに甘利山に到着です。そこで神奈川から来たトレランの方にお会いし、しばらく休憩がてら歓談しました。同じ道を下ります。


このコースで一番きつい下りです。一か所のドロップオフがどうしても乗れない。その先も木の根と岩の急坂です。フランスさんが果敢に下っています。写真を撮っている親父としてははらはらしてます。


14:16 アケビ山に到着です。展望はガスって見えません。山頂にはハイカーさんが3名おりました。ここでもしばらく歓談しました。この方たちも同じコースを下ります。


アケビ山直下の急坂です。前の急坂よりは攻略しやすいのですが、このギャップが難しかった。
以前ハイカーさんに聞きましたが、この場所で横田基地の米兵がMTBでチャレンジして転倒、大怪我を負ったようです。


ここで親父も頑張りました。


途中のピークで一休み。うさぎ屋のどら焼きを頂きます。ふわふわで美味しいですね。疲れが飛びます。


ここが木の根地獄です。濡れているととてもデンジャラスですが、今回はドライで楽しみながら下れました。


登山道の脇にオーバーハングした岩があります。ここ空の眺めが素晴らしいです。


大岩を下ります。この先は走り易くなります。


どんどん走って行きます。ノンストップのため画像はありません。神社に到着しました。


この神社からが楽しみなテクニカルゾーンです。人によってはここが一番不快と思う人もいます。起伏のある岩場の急坂、このエリアを走るためにスタミナを残しておきました。残った力でテールホップしっぱなしです。


楽しかったテクニカルゾーンでした。MTBを始めた頃はこの神社先のコースが難コースで好きではなかったのですが、友峰さんのテールホップをかじってから、このコースの一番好きなところになりました。


これでシングルトラックは終了です。ゴールの駐車場まではあとわずか。16:17 ゴールです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/13(木) 07:04:36|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ