山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

上武の山里を巡るツアー4/4 しろみね編

昼食後、川向こうの北武蔵のしろみねの北コースを下ります。今回は初春に開拓したコースを後半に走ります。
1.5年ぶりに開通した林道を上って峠にピックアップします。この林道が開通しなければいけなかったコースです。
ピックアップしたこの岩間峠は、この付近には珍しくシラカンバ風の樹木があり、親父が好きな場所です。15:48スタートです。


峠から少しロード下りしてシングルトラックへ。入口はごらんの通りの藪になっていました。これでは登山道としてコアなハイカーさん以外来れないです。


この状態では先が思いやられると思ったコース状態、林に入った途端、道はしっかりしていました。ちょっとウエット状態ですが快適に下れます。調子よく下っていると落とし穴がありました。フロントがやわらかな路面に沈んでロック!前転です!
今日はこれまでプチ転倒で済んでいましたが、本格的な転倒です。(涙 怪我、打撲等のダメージなしで復帰。


転倒後もこんな快適な道が続きます。


中盤からは谷道になり、片側が切り立つデンジャラスゾーン。舐めてかからなければ、快適道より走り甲斐があります。


路面が草で覆われて倒木が見難い場面、先頭の親父が超スローペースでクリアすると、後続のフランスさんが立ちコケして谷側へ3m滑落。救助に向かう越後谷さん。一部始終見ていたようです。 もちろん怪我なしでリスタートです。


一旦STが終了、今度はWTの林道を上ります。暑いですね。もうくらくら、WTの最高点の見晴らしの良い所で小休止です。


最高点からDH。そんな難しいところではないのですが、フランス車がリム打ちです。そこまでは不可抗力。舗装路まで下りてチューブ交換。無事修理が終わりポンプで空気をいれるが、一向に空気が入らない。タイヤに耳を当てるとスーという音がする。再度チューブを取り外して確認すると、交換用チューブのパンク修理がしていなかった。 親父の交換チューブで無事修理終了。
・・・フランスさんらしいと言えばそうですが(笑


ここからツーリング初コースです。再び林道を上ります。暑さで体力を消耗しているので、標高差125mの上りも結構大変です。


17:34 上ノ山山頂に到着です。ここで記念撮影。疲れが見えます。カラ元気? 休む間もなく下ります。


ちょっと急傾斜の尾根道下りです。途中開けた場所で湖が見えます。斜陽の陰がいい雰囲気を出しています。皆、歓声を上げる。


立派な御社に到着です。ここから公園に向かいます。


時間がないので公園には寄らずに再びSTに入ります。ここも超マイナー道で、一部シャガの群生地化しています。


集落の車道に出てダートは終了です。渓流沿いを下って行きます。冬の探索では通れた吊り橋は、現在は通行禁止になっていました。欄干には苔が生えてこの通り。


時間がないので渓流沿いのコースと史跡探訪はカットしました。今度低山向きの時期、コースを見直してから行きましょう。それまでのお楽しみ。
再び群馬県に入ってゴールの駐車場に向かいます。日が暮れかかっています。 18:20駐車場に到着しました。久々膝が筋肉痛です。
走行距離10.5km  累積標高+266m -1003m  所要時間2時間34分


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/02(日) 23:11:25|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ