山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

てれたま北側ツーリング

フランスさんとてれたま北側4コースを走りました。
今回はいつもと趣向を変え、難所のチャレンジと一部逆走コースを楽しみました。
1本目は神宮池コース。ここはMTBコースとしてはマイナーコース、1年以上走っていない。
記憶がぶっ飛んでおり、軽くオードブルコースのつもりが、いきなり急な岩場であったとこを思い出しました。


岩場のキツイ上り返しを担ぎ上げると、そこからはてれたまが望まれる。冬枯れのこの時期だけの景色です。


この岩場はてれたま界隈で一番難度の高いポイントです。この岩場はコースの分岐上にあって、実際は下るコースではないのだが、目の前に難所があれば寄り道もしてきます。ちなみにこの岩場、二人ともまだここをクリアしていない。
十五分ほどルートを検討するが、必勝ルートが見つからない。二人とも2回ほどチャレンジして諦めました。スキルを上げてチャレンジしよう。


岩場を諦めて本来のコースに戻る。山の頂上から下るハイキング道は、落ち葉でほとんどわからない。記憶を頼りに下って行きます。杉林に入ると景色は一変、シダ植物が生える道になり、ゴールの駐車場に飛び出します。
走行距離:2.2km  累積標高:+126m -396m


二本目は北尾根コースです。
山頂から北尾根を走ります。会長に石碑まで下ります。


石碑からはモーターバイクの走行跡が痛々しい。展望地に到着。今日は空気が澄んで、周囲の山々が良く見える。これは浅間山です。


このコースの難所は一つ。キャンバーの細道です。


V字スラロームを下り林道に出る。そして山里へ。この石垣が好きです。
走行距離:3.2km  累積標高:+121m -435m


三本目は山頂からアップダウンの尾根走り。
尾根走りで一番厳しい岩場の下りです。さすがフランスさん、余裕で下ってます。


上り返しの連続で疲れるが、楽しい尾根走りです。赤城山が見える展望地で一休みです。


このコースの特徴である落ち葉地獄を走ります。落ち葉の下には、握りこぶし大の石が転がっています。


旧道のシングルトラックが終わり、昼食場所の駐車場へ向かう途中で蝋梅を見つけました。満開です。他の蝋梅より開花が早いようだが、不思議と蝋梅独特の香りがしないです。
走行距離:5.5km  累積標高:+130m -477m


四本目はメインの釣り池コースを下ります。
このコースは難所が数か所あり、快適な場所などほとんどない楽しいコースです。
第二の難所のガレ道を下っている途中で、フランスさんが木の根で滑って前転です。よく飛んでますね~。幸い怪我はありませんでした。


岩場を逆走しています。見た目より走り易い岩場です。


今日のハイライト、鞍部の峠から上り、そこを再び下ります。
親父が挑戦するも、2回失敗し、今回はギブアップです。


フランスさんもチャレンジです。親父の失敗を参考に、見事一発でクリアです。スピードコントロールは親父より一枚上ですねー。ほんと悔しいです。


史跡で一休みです。あとは下る一方です。ですが、以前より木の根の浮きが激しくなり、厳しくなってきていました。
シングルトラックから集落に出てツーリングの終了です。
走行距離:5.7km  累積標高:+242m -585m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/26(月) 22:30:50|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ