山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

2017年GW前半 友峰さんツーリング第二日目 天使山編

友峰さんツーリング第二日目。天使山ツーリングです。
友峰号でハイキング道入口にピックアップ。正確には水平移動状態なので半ピックアップです。


浮石のWトラックのハイキング道の始まり。尾根に入ると斜度がきつくなり、担ぎになります。


一本の木で作った木の椅子の所で小休止です。この椅子、立ったままの木を足は木の幹に付いたままでくり貫いてできています。立派!


ここで休憩するときに親父のヘルメットが斜面から落ちてしまって、高さ20m以上は転がってしまい、急な斜面を下りて取りに行きました。中央の黄色い点が親父です。(フランスさん画像です)


防火帯らしいWトラックを上って行きます。急なスイッチバックを登り終えると桜並木になります。残念ながら桜は散っていました。桜が咲いていたらさぞきれいだろうな。


下るなら楽しいそうなスイッチバックが終わると、友峰さんがこちらを下るコースにしなかった理由が分かりました。岩満載のスイッチバックが始まりました。


重量級のフランス車でも担ぎ上げとなります。


下りの分岐を過ぎるとなだらかな状態になります。植生も変わったようです。鮮やかな緑の植物が目につきます。


緩いピークの天使山山頂に到着です。標識がないと山頂と分からないくらいです。ここで記念撮影です。ちょっと失敗し、親父半分写っていません。(泣


山頂のちょっとした、小さな石祠のある広いところで昼食を取ります。日が当たると気持ちがイイです。


山頂からの下りは別の尾根を下ります。往きのような岩のドロップオフはないので乗車可能ですが、かなりの急傾斜です。何とかグリップするのでコントロールできて楽しいです。友峰さんは本気モードでサドルなしです。


鋸山に向かいます。その名の通りヤセ尾根です。


自転車を持ち替えて絶壁を通って行きます。足場は足の幅しかありません。


鋸山山頂にて、バックは天使山です。直線的に下ってきました。急傾斜ぶりが分かります。


ヤセ尾根を果敢に挑戦の友峰さんです。我々も続きます。


だいぶ下ってきました。林道が横切っています。途中で林道と合流です。この林道の状態が最悪です。雨水の流れ痕が無数にあります。走りにくい!


シングル最後の森に入った時に雷の音が、雨も降ってきました。ゴールまで走れるか、シングルトラック最後を急いで走ります。


舗装路に出ると、雷雨が本降りに。少し走り、東屋で雨宿りしています。待つこと15分、晴れてきました。この東屋は谷あいにあってスマホの電波は受けず、情報が得られなかった。


雨がやんだ舗装路走りは不快そのもの。タイヤの水滴がお尻背中についてしみて来るんです。仕方なくケンケン乗りで下って行きます。遠くの霧がちょっと癒してくれます。ゴールはもう少しです。
下りはちょっとデンジャラスなところもあり、走り応えがありました。さすが友峰さん推奨コースです。友峰さん、二日間ありがとうございました。
走行距離14.8km  累積標高+977m -1328m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/01(月) 14:59:29|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ