山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

14年走り納 環八とナックのWヘッダーツーリング

親父三名で年末の大掃除の手伝いもせず、山へ遊びに出かける。先日山間部に降った雪の影響を心配しつつ、フランスさんのロングコースを走りたいとのリクエストから、環八とナック古木コースのWヘッダーとした。両コースとも前半にテクニカルエリアがある走り応えのあるコースです。
1本目、山頂直下の駐車場にピックアップ。懸念されたピックアップ路は積雪なしで順調に上ることができました。
まずは足慣らしに神社方面に下ります。


神社に至るトレイルを下ります。地面には落ちたカエデの葉が、赤く染まります。


神社に到着。ここで今日のツーリングの無事を祈ります。


再び山に登ります。ここは見晴らしの良い山頂まであと僅か、青い空に登って行くようです。


山頂で記念撮影をします。残念ながら、さっきまで見えていた富士山は、今は霞んで見えなくなってしまいました。しばし小休止をします。


頂上直下の急傾斜の岩場を下ります。ゴジラの背中の様な岩が突き出ていて、転倒すると痛そう。
このピリピリ感が堪りません。


分岐を五寸釘道に入ります。ハイキング道の方が走り易くツーリング向きですが、スイッチバックの難しさ、凄まじいガレ場を攻略する魅力にはかないません。
クラさんがスイッチバックに挑戦します。


最難関の炭焼きコーナーを挑戦するフランスさん。今回は2回チャレンジしてクリアできず。写真の先の杉の木が狭くて難しい。親父もクリアできなかったです。悔しい~、次回はクリアできるよう修行してきます。


五寸釘道の終点、横笛峠に出る所です。モーターバイクが入いって轍を作り、その後に雨水によって削られ、深さ1m程の溝になってしまった道です。自転車も轍を作らないよう、ブレーキ/ルートには細心の注意を払いたいです。


ダートが終了して渓流沿いに下る道で見つけた、いい感じの渓流の景色です。これで1本目終了です。
走行距離:10Km  累積標高:+307m  -899m


風がなく、日差しが温かだったので見晴台で昼食を取りました。昼食後にピックアップ車を取りに来たクラさんの知り合いの江戸川の自転車屋さんのチームと会いました。どうも、2本目のコースを下ったようです。


2本目に入ります。クラさんはパスして、親父とフランスさんの二人で走ります。
第一の難関、直滑降を下る。一旦下ったら止まることはできない急傾斜、気合一発一気に駆け下ります。


次は極細トラバース、浮石とドロップオフが難度を上げている。


次の奥の尾根道は木の根の段差と浮石、バランスを崩すと谷側へ落下。さすがフランスさん、クリアしていきます。


ついにためらい坂に突入。
親父は4回チャレンジして、合わせ技でクリア・・・と言うことにしておこう。


フランスさんは果敢に中央突破、難関のドロップオフを下りた後・・・・


転倒してしまいました。幸い怪我はなく、再チャレンジして見事クリアです。前回もクリアしている。さすがです。


ためらい坂の後は快適走り、走行中にお互いを撮影する余裕もあり。


最後の上りで小休止。下って来た山を眺める。


最後のDHを終えてロード走りで、クラさんが待つゴールに戻ります。
走行距離:9.5Km  累積標高:+272m  -953m


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/30(火) 14:12:53|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ