山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

てれたま山4本ツーリング てれたま尾根コース

午後の部に入ります。この日3コース目のメインコースです。このコースは一番古くから走られたコースで、短い割にテクニカルゾーンが満載の腕試しコースです。
ピックアップしてスタート、しばらくぶりに滑空場跡へ寄り道します。そこに至る道は素直なシングルトラックでとても走り易いのですが、なにせ人が歩かないので荒れて道が分かり難くなっているのが残念です。 滑空場跡にて。


さすが滑空場跡だけあって展望は抜群です。今日は空気が澄み渡り、ここからスカイツリーが見えました。


本コースに戻ります。 まずはV字直滑降。ラインを選べない、一気に急坂を下って行きます。今回は浮石が多くバランスを崩しやすい。足つき一回です。チョット悔しかったです。


次はガレ道、中央は荒れ荒れで左に迂回路があります。 楽しむなら中央でしょう。いざ走ってみると、見た目グリップ良さそうなところが滑る。驚きながらコースとブレーキングを変えていきます。今回難しく、足つき数回、でもチャレンジできて満足です。


大岩下りに入ります。3人3様のルートを下ります。親父は岩のエッジを使って走ります。
ホタルさんは画像の杉をかわすルート。親父は昔、杉に激突してからこのルートは避けています。


フランスさんは岩の端をストレートに下ります。バランスを崩すと、一歩間違えば谷に落ちる・・・小心者の親父はリスクを考えると私にはできません。


通称悪魔の喉笛に入りました。この先急坂になり止まれなくなったところで岩場になり、通れる部分がシングルトラック並みになる難所です。今回は落ち蛾が多くて路面が見えず、かつてなくデンジャラスでした。


峠に到着です。 チャレンジ満載で楽しかったです。これからゴールに向かって、激ガレ道を下ります。親父の年金車ではかなりきついコースですが、一気に下って行きます。


ガレ道を走り終えほっとした旧道分岐で一休み。ゴールまではもう少し。民家のカキの木にはなにも付いていません。斜陽が冬らしさを感じます。  走行距離3.4km  累積標高+137m -573m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/17(土) 10:46:31|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ