山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

信仰の山テクニカルコースと渓谷の道

前日体力的に限界を感じ、行くのを諦めた西五家宝山に登ります。今年3回目のお気に入りのテクニカルのコースです。
林道の脇の駐車場にデポして、登ること30分で山頂に着きます。 スタートはここ不動尊で安全を祈念して上り始めます。



今回の前半は、登山道をやめて林道を上ることにします。途中が藪になっていて、棘のある草木に悩まされる。我慢すれば急登の登山道より、こちらの方が快適です。


登山道に入って野焼きの縁に作られた階段を担いで登ります。展望が開け、解放感のせいかあまり担ぎが苦にならないです。


約30分で山頂に到着。この日は天気が良かったので、ハイカーさんが10名程度昼食を取っていました。
ここからデポした駐車場が見えます。食事は下ってから食べることにして、ここからテクニカルコースを下ります。


山頂からの前半は、岩が点在する尾根道で高速走行は不可で、隙間を狙って進んでいきます。極上の区間です。


後半は岩が無くなりスイッチバックエリアになります。障害物のないタイトコーナーの連続にテールホップの練習にもってこいです。


トレイルの最後は林道取り付けの急坂、気を入れてフィニッシュ。今回は足つき3回、転倒は0。テクの未熟を感じます。足つき0を目指して精進しよう。これだからMTBはやめられないです。
駐車場に到着です。 走行距離:3.3Km  累積標高:±287m


一旦車で移動、冬桜で有名な山のふもとを流れる川をさかのぼり、県道の終点にデポし、渓谷に沿ってスーパー林道の峠まで登ります。 ここから登山道の始まりです。


神社を抜けて沢を何回か渡りながら上ります。沢の流れをシャッタースピードを変えて撮影しました。


沢が二手に分かれた先には砂防ダムが何碁も作られています。十数年前には静かな渓谷を楽しめた記憶がありますが、目の前には大きな堰堤がそびえます。


堰堤の先はわずかに流れる沢を幾度となく渡り、峠を目指します。峠に近づくと急登となり、一部は丸太階段です。峠まであともう少し。


峠に到着です。昨日自走で登ったところです。15:08 ちょっと時間が掛りました。早めに下ります。


丸太階段を除いて、下りは乗車可能です。ここは沢沿いの岩場の道です。


堰堤部分は急なアップダウンです。この辺りの堰堤の表面は木で覆われています。


帰りには立派な不動尊に寄って、この山走りを終えました。 
走行距離:4.2km  累積標高:±432m



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/16(日) 23:54:17|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ