山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

天気予報に裏切られた午後の探索

天気予報では雨予報で、予定していたツーリングを中止した日曜日。屋内の所用を済ませて外に出るとピーカン。
そこで時間的にソロでまわれる時の川の旧ハイキング道を探索に出かけます。
県道林道のロード上りから、現在ほとんど使われていないハイキング道を走ります。昨年逆方向から上ったハイキング道です。後半はいつも走っている自分的には快適な道を下って戻ります。
デポ地の駐車場で嘘つきの空を見上げます。


県道を上って行きます。SSの年金車では、少しの上りでも漕げないのでほとんど歩きです。その横をローディーが抜いていきます。車を避けて旧道に入ります。ほっとします。 日差しがきつく暑いです。


県道の峠の分岐に入ります。県道も傾斜がきつくなってきました。


少し上れば高度が上がり、山里の景色が眺められます。


集落の途中で林道に入ります。杉に覆われ、谷からの湿った風でクールダウンができます。ゆっくり上って行くと川の流れの音が聞こえます。音の聞こえる方向を見ると砂防ダムが5・6段あることが分かります。


もう少し進むと橋があります。そこからの砂防ダムの景観が素晴らしいです。水量が多いので砂防ダムがつくる5段の滝が、自然の滝の様で素晴らしいです。


林道を上り高度を上げてきましたが、この辺りもロード乗りが多いようで、こんな看板があります。


林道から旧ハイキング道に入ります。標識はありません。 以前探索したときは荒れていて、途中でロストしてしまったのですが、2年ほど前からコースがはっきりわかるようになりました。


すっかり立派なハイキング道の様は感じになっています。


小ピークからゆっくり下りとなります。なかなか素直な快適な道です。


と思ったら、こんな急傾斜になりました。ウエットな状態だったので、無理をせずにMTBから下りた途端、滑って泥だらけになってしまいました。そんなことだったら乗って下ればよかったと反省です。


その後上り返して林道に出ます。ここまでが旧ハイキング道です。写真のように出口にも標識はありません。以前はモーターサイクルの轍がすごかったのですが、今日はなかったです。


通常ツーリングに使っているハイキング道に入ります。 16時過ぎの東斜面のハイキング道は薄暗く、一人では心細いです。


休憩ポイントから分岐して、久々の急斜面を下って林道に出ます。閉鎖林道を下ります。しばらくぶりに走るこの林道は草が生えてシングルトラック化しています。


林道の展望地からシングルトラックに入ります。ここのシングルトラックは走り始めた頃は、路面が素直で走り易いコースでしたが、現在は雨水で表土が流され荒れた状態になっています。今はこの状態の方が楽しいですね。


シングルトラック最後の斜面に入ります。眼下に里が見える爽快な道になります。


休憩所で最後の一休み。明るいうちに周れて一安心、3時間の探索でした。
走行距離12.6km  累積標高±577m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/09/09(金) 06:42:12|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ