山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

おこし なっく古木フルコース

突然の雨の可能性があるのと、メンバーが二人なので近場のロングコースを選択しました。
ピックアップ場所は緑が濃い、トンネルのような感じです。


足慣らしに小ピークに登って、軽く下ります。


なっく峠に到着です。モーターサイクルによって掘られたハイキング道が、すっかり修復されていました。トレランコースで整備したのでしょうか。


いきなりジェットコースター坂にチャレンジです。まずは頂上まで担ぎ上げます。


ジェットコースター坂の状態を下見するフランスさんです。この先から一気に斜面が落ちているので見えません。


雨水で表土が流されています。そこはフロントは滑ってだめ、リアは滑るだけです。流されていない部分を探して下って行きます。
今回はフルには走ることができませんでした。厳しいです。


その後のトレイルの状態もひどい状態です。溝が深くなっているし、滑りやすいです。 これから古木コースへ入ります。


激細トラバースを下ります。いつもなら厳しいながらもクリアできるのに、ここも上砂が滑ってグリップしません。 2回足つき、悔しい!!


奥の尾根道に入ります。ここは木の根が滑りそうで、大事を取って降車すること3回、厳しいです。


遂にためらい坂に来ました。状態を確認しているフランスさん。Wドロップオフの中央突破は滑りそうで、このコースは無理そうです。親父は唯一乗車して下れそうな端コースを下ります。


いつも見事なスピードコントロールで中央突破するフランスさんも、今回は親父と同じコースを選択しました。今日は厳しかったです。
これで難所は終了しました。


粘土質のトレイルです。コンディションが良ければ快適に走れるのだが、今回はツルツルで滑る滑る。


い粘土質が過ぎればフラットな道を走ります。バンピングで加速します。


僅かな岩の縁を走って極細トレイルを走ります。こういうのも楽しみです。


今回は一本の予定なので、一度しか行っていない山の頂上を目指します。途中に展望台がありました。 フランスさんが山腹の集落を眺めているところです。


山頂直下は急登です。もう少しです。山頂は広く、歴史上の建造物に思いをはせます。


その先は快適な下りで、一気に石仏の三叉路まで走り通します。なので画像はありません。


伐採地に来ました。日向は暑いので、早めに林に入ります。


境石DHに入ります。ガレ、水、倒木で走りにくいです。


一旦車道に下り終えます。今回はフルコースなので、林道を上って行きます。


林道を上り終えたあと、シングルトラックに入って行きます。 精神的に疲れる上りです。小ピークまで登ると、下りになります。トレランコースになっているようで以前より走り易くなっています。ただし倒木の状態は変わりませんでした。


今日はうどん屋に行くため、梅林を下って行きます。


讃岐うどん屋に来ました。ちょっと高台になっており、景色が素晴らしいです。 あっ、エアコンが壊れているそうです。


かけの天婦羅付きを買てみようかと思います。 コシがあり美味しかったです。


食べてから、再び梅林に戻り、シングルトラックを下り、ゴールに到着です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/18(月) 13:52:02|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ