山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

てれたま山界隈の探索と足慣らし

先週は自転車を走らせることができなかったので、明日のツーリングに備えて近場の探索と、テクニカルコーを走ってきました。
午前の部の探索:前回探索した尾根コースから分岐した谷コースを探索。GPS上では300mほどで山頂からのトレイルと合流できるはずのコースだ。期待を胸に進んでいく。


あと100m、沢の源流の谷で道が消滅。自転車を置いて探索するも、見つかった道跡は藪に覆われ自転車を押しての行軍は不可能。断念する。


自然に融けあう年金車のカラーリングは好きだが、自転車から離れて探索に入ると自転車が見つかりづらくて不安になる。


戻って別のコースの探索に向かう。ほとんど使われていない林道と思ったら、上部に民家があり戸外でBBQをやっているにおいがする。もうひと踏ん張り上って行くと、いつものピックアップ路の林道と合流。s
写真は紅葉前の林道です。緑が映えていいです。


再び気になる道を発見。行って見ると砂防ダムが見える。ということは砂防ダム用の道か。思っていた通り砂防ダムの先は藪化して断念、引き返す。


結局、成果を得られないまま親父号(車)に戻る。空を見上げればパラグライダーが5機ほど富んでいる。いい天気ですねえ。


午前で探索は終了。昼食を取ってから、足慣らしにチャレンジコースに向かう。テレタマのメイン尾根コースの峠までを走る予定。峠に車を停めて、林道を上って行く。道路脇には山桜の古木が映えている。


途中で東電の巡視路を発見。そこを上ってみることにする。鉄塔まではこのエリアでは最高レベルの快適道です。


鉄塔を過ぎてもまだ道は残っている。だいぶ人が入ってないのが気になる。


最後は笹薮になってしまった。GPS上はあと50m、急登を上って行く。


尾根に出ると、いつものテレタマ尾根道だった。この笹薮ならこのルートはわからない。


直ぐにはメインのコースを走らないで、今季一度も走っていないコースのイベント場所まで行って見る。道の荒れ具合からイベントはしばらく開催されていないようだ。来た記念に記念写真を撮ることに。
カッコ良くスタンディングのつもりが・・・・ダメでした。まだまだヘタレです。


一応撮れました。欲を言えば片手を上げたいところです。


これからテクニカルコースに入ります。直下降DHはガレが厳しくなったような気がする。次はガレ場道。一番難しい中央突破を選択。おっと調子に乗り過ぎた、プチ転倒。


次は大岩。今回は右コースを下ってパス。以前スピードをコントロールできず杉に激突したことがトラウマになって、このコースは走っていなかった。前より腕を上げたってことかな。


ついに悪魔の喉笛まで来ました。いつもは下り続ける位置にて撮影する。写真を見ると大したことはないように見えるが、最下部は傾斜が急になり、溝と岩で安全ルートは30cmほどに狭まっている。何人ここで転倒したことか。


最後の難所は鞍部の峠に至る斜面。気が抜けないコースに満足してデポ地に戻って終了です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/25(土) 16:09:54|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ