山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

八ヶ岳連チャン 第一日目 峠から自然園への道編

ゴールの湖にドライバーピックアップの車を置き、途中の自然園駐車場に1台、スタート地点の峠にピックアップしました。
ここから自然歩道に入ってきます。


池の傍から森林地帯に進んでいきます。道は木道になります。結構走ることができます。


一度森林地帯を抜けると笹原になります。ここは快適に走れます。長く続いてくれと祈りましたが、そんなに甘くなかったです。


大きな岩が連なる道になります。親父はここで左足首の捻挫をやりました。自転車に乗っていないのに、どっとお疲れです。


やっと林道に出ました。ここから池巡りに行きます。木橋が続くようなので自転車を置いてきます。


やっぱり木橋の連続でした。 ・・・正解!!


池に到着です。思ったより水が少なく、干潟が大きく広がっています。 獣の足跡がいっぱいありました。ここで昼食を取ります。


再び林道に戻ります。ここから林道を走ります。親父車は高速ダートは苦手で、最後尾を走ります。


途中に別ルートに登るコースを見つけました。


このストレートの先の山々のショット、林道走りでも八ヶ岳に来た甲斐がありました。走りはWTでそこそこですが、景色が素晴らしい。


ストレートの林道で風穴の標識を見つけました。 MTBを置いて、矢印の方向へ林の中を歩いていきます。


林に入ると、その先は標識がなく道もほとんどわかりません。わずかな踏跡を頼りに進んでいくと、ぽっかり岩穴がありました。そこには立派な風穴の説明板がありました。


中は思ったより冷えてなく、広さは3畳ぐらいでしょうか。中にはヒカリゴケのような蛍光色の苔が生えていました。よく見ると光るのではなく、外の光を反射しているようです。反射の効率は反射板相当で、驚きに値します。


林道を進みます。水切りのゴムは邪魔ですが、高速で下って行きます。勿論親父は、他のメンバーに大きく置いていかれています。
林道の終盤で、先行したメンバーが待ってくれていました。


最後の下りです。路面コンディションはイイです。一気に車道に出て駐車場に到着です。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/05/28(土) 22:51:11|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ