山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

おまいり道探索

10年ほど前に初代MTBで登ったことのある第二のおまいり道。当時のハイキング地図にはこの道が書かれていたが、現在は消滅。前回はガレて当時のスキルでは下るに不向きで再びチャレンジをすることはなかった。今回、この道がどうなっているのか確認する。
ここからスタート。指導標は未だしっかりしています。期待できそう。


最初の頃の広葉樹林帯のトラバース。崩れかかった道幅が狭い所だ。絵的にはイイところだが・・・


植林地帯に入る。地盤がもろく、キャンバーになっている。乗車するのは難しい状態。まだ道の痕跡はある。


沢沿いの急傾斜の所でロスト。ここで断念、引き返す。写真右側は断崖。水が落ちる音が聞こえる。


帰りの途中、横断する林道を上ってみる。ほとんど車が来ないこの林道は山奥風ですね。あまり期待はしていないが、時間があるのでゆっくり歩いて上る。


歩き始めて300mほどで目的の頂上への小さな指導標を見つけた。その先を見ると道はしっかりしてそうだ。ここを上ってみることにする。


林道からの取り付が終わると、緩やかなトレイルとなる。今度こそ快適コースの発見となるか。


緩やかなスイッチバックの道で標高を稼ぎ、最後はキャンバー気味のトラバースで尾根道に出る。周辺に生えていたキノコがこれ。


尾根道は旧道と合流。指導標を確認すると以前探索した裏おまいり道であった。写真は大正時代の道標である。


少しこの裏おまいり道を登り、引き返す。スイッチバックが走り易い。


登って来たキャンバーを下る。走り易い。 この後のスイッチバックを含めたトレイルは高速で快適だが、サスがないと細かな振動を拾って辛いな。


林道まで下って来る。そこでこの道は林道で切断された形をしているので、林道の反対側削られた尾根をに上ってみると、ちゃんと道があった。


この道は杉林の中を通っており、枝打ちした枝が多くスポークに入るのを気にしながら走る。途中で隣村との境に二十三夜塔がたっている。天保年間のものだ。


杉林の道を下ると、往きに通った舗装路に出る。改めてトレイルの入口を眺めてみても、これがトレイルとはわからない。


今回は一勝一敗、まずまずの収穫だ。 走行距離12km   累積標高差±890m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/04(土) 21:56:19|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ