山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

大みそか走り納めの山登り 富士五湖周辺にて

帰省の途中で寄り道をして、富士山ビューポイントの(仮称)辰ヶ峰山を上ります。この山の下りは友峰さん推薦のテクニカルコースです。
湖畔の駐車場にデポします。10:20 駐車している車はなく、閑散としています。


登山道まで松林のキャンプ場の中を走って行きます。こんな時期にもキャンプしている人がいるんだ。


ここから登山道になります。最初はこんな感じの緩い道ですが、すぐに担ぎ必至の急な登りとなります。ここで明日ダイヤモンド富士を見るため下見に来たハイカーさんと会いました。その方と山頂まで何回か合流して上りました。


登山道は霜柱ができていました。これがこの後最悪な状態になっていました。


もう少しで工程の1/3の広場となります。


登山口から50分かかり広場へ。ここから振り返ると富士山がドーンと見えます。感動しますね。残念なのは山頂が雲で隠れていることです。


スイッチバックを登って行きます。気温が上がり、霜柱が溶けて路面がぬかるんで滑りやすくなっています。最悪な状態。


ご一緒したハイカーさんに撮ってもらいました。もう担ぎ続けて90分。


山頂近くの笹原で、下って来たご夫婦にお会いしました。よく見ると父親の背中には0歳児の赤ちゃんが背負われていました。かわいかったので撮らせてもらいました。お母さんが赤ちゃんのご機嫌を取ってくれました。


担ぎ上げ120分で山頂に着きました。風が吹いて寒いです。木の陰に隠れて風を避けて昼食を取ります。


静岡県側の峠に下る道に入って行きます。背丈以上の笹原にできた道を走って行きます。南アルプスの雪をかぶった山容が確認できます。この先から勾配がきつくなります。


スイッチバックがきつくなります。コーナーが抜かるんでおり、テールホップが思うようにできません。残念です。


鞍部まで下ってきました。なかなかハードでした。振り返ると下って来た斜面が見えます。


鞍部からはしばらく尾根道です。ここは走り易いです。もう少しで峠になります。



峠から再び下りのコースに行きます。ここからのスイッチバックが楽しいです。けど浮石があるので快適とは言えませんが・・・


スイッチバックの回数が多いため、テールホップは途中から疲れてしまい、普通に下ります。友峰さんから勿体ない!と言われそうです。下り終えると遊歩道に出ます。 整備はされていますが、こんなきついところもあります。


遊歩道を走って行くと、静岡/山梨県境の峠に出ます。そこから車道までは直ぐそこです。ちょっと出てみました。


再び遊歩道を進みます。山梨県側に入ると、道が荒れています。 景色としては富士山が良く見えます。山頂までよく見えるようになりました。


湖まではあともう少し。集落から旧道があることを知りました。入ってみると道端に石仏があり、感激しました。


旧道でした迄下ると、デポした駐車場までもう少し。15:20車に到着です。湖を見ると陽が湖面に映ってきれいでした。これで終了です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/12/31(木) 15:52:32|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ