山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

秋の3連休 第3日目なっくWヘッダーツーリング 古木編

3連休の最後の日、フランスさん、イノッチの3名でなっくのWヘッダーを行いました。昨日は自宅に帰ったので、車中泊と2日間のツーリングの疲れはなくなりました。ただ、お天気が心配です。最低1本は走りたいので、通常2本目に走るロングコースの古木コースを1本目に持ってきました。
一応2本目もあることを考えて、フランス号を1本目ゴール、イノッチ号を2本目ゴールに配置して1本目のピックアップ。
上は予想したように寒いです。 まずは体慣らしに近くのピークに上ります。


1本目から直ぐにジェットコースター坂は辛いので、峠からは林道を下ります。ちょっと浮石があってお気楽ではありませんが、走りではあります。


途中から本来のコースに入ります。すると雨水とモーターバイクの轍でとんでもない具合に荒れていました。


激細トラバースに入ります。前回親父が谷側に落ちた最初のドロップオフは、もっと深くなっており、アウターが当たりそうになっていました。ここはモーターバイクが迂回できないため、へたっぴーライダーがフカスために削ってしまうのです。
今日のコンディションはドライでザレ気味、しかも落ち葉付きで最悪です。ドロップオフごとズルズルと滑って行きます。


奥の尾根道もザレ気味で、後半の木の根の部分はコントロールできずに足つきです。残念だがしょうがない。ためらい坂はドロップオフが深く、ザレ具合がひどくなったため中央突破は、小市民ではできそうにもありません。迂回路では悔しいので、左隅から攻めるもテールホップできず足つき2回でクリアする。


今回はフランスさんも中央突破できなかった。やり直しで2回目でほぼクリアしたのだが・・・・。


最後の難所でバランスを取り損ねて杉の木に激突です。丁度イノッチが撮影していたので、激突の瞬間を撮影していました。


ためらい坂の後の粘土質の道は、今回快適に走ることができました。イノッチも大満足の走りです。


途中の岩が出ているトラバース路、フランスさんがカッコよくクリアできましたが、写真はイマイチ。気分だけ味わってください。自信がないとビビって走れないところです。


見晴らし台に到着です。ここの紅葉はきれいです。適度な逆光写真です。


小ピークへの上り返しの途中の景色です。モミの大木と景色がマッチして素晴らしいです。


旧参道へつながる道にて、フランスさんとイノッチのコンビで上る姿がカッコいいです。


後半部の展望地にて。中央の山からほぼ尾根伝いに下ってきました。いつもよく下って来たものだと感心します。


境石DHコースに入ります。ここがモーターバイクの轍と浮石で、フルリジットでは不快そのもの。フルサスのイノッチは楽したようです。 それは仕方がない。なんでもありがMTBだから。 
時間の都合で里山コースは割愛し、あとはロード走りでゴールの駐車場へ。 1本終了。天気はもちました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/23(月) 13:18:12|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ