山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

初秋の東北ツアー 第二日目

遠かった温泉に車中泊をして、4時起床。昨晩は暑くなく寒くなく快適に眠られ体調はすこぶる快調。今日のゴールはここ遠かった温泉で、ピックアップ地は購買峠駐車場。コンビニで朝食・昼食を購入してピックアップ地へ。5時40分に峠の駐車場に到着。標高1600mの峠の気温は9℃寒いです。ここで太陽を反射する太平洋、阿武隈川の蛇行を見ながら朝食のカップ麺を食べる。実にうまい。


日中は観光客の車で渋滞ができる道も、この時間ではほとんど見かけない。ロード上り(半分以上押し歩き)をして展望台の駐車場へ。昨日とうって変わり視界は抜群。特に日本海側の景色は雲海が掛かって素晴らしい。


超絶景ポイントの眺めを楽しんだ後、長いトレイルの起点となる避難小屋のある尾根に向かう。ザレ場の急登担ぎは堪える。霧で前ぽが霞む。いやな予感。


尾根に取り付く。霧藻晴れて360度のパノラマが眼下に広がる。絶景の連続!


ここからはハイカーさんの数がぐっと少なくなるマイナーコースに入る。辛いことはすぐ忘れるポジティブ思考のフランスさんの記憶でも、しばらくは担ぎ下りであることを覚えているほど厳しいらしい。


確かに岩場を根性で200m走った先、ハイマツの岩場帯に遭遇。この岩場帯はどうしようもなく、最悪の担ぎ下ろしとなる。これが次の小ピークまで続く。


岩場帯の次はフラットな土質のトレイルとなるが、中央に岩でふさがれ、乗車率が上がらない。そこは無理せず我慢して推してパスする。やっと乗車率が上がった頃、振り返ると下って来た尾根が見える。見た目はいいけど担ぎ下ろしなんだよな。


やっと分岐に到着。指導標に地名がないが、傍らに石碑があり、金峯とある。フランスさん情報では超快適トレイルとのこと。半信半疑でスタート。


確かにこれまでのトレイルと違って快適なトレイルだ。


このような倒木はリンボーの見せ所。ギリギリセーフ。


猫の額の分岐を、ほとんど歩かれた形跡のない尾根道に進む。倒木は前のコースよりは多いが、ストレスになるほどではない。写真は一番大きな倒木。


親父は調子をこいてトリプル倒木にチャレンジしたが、タイミングが合わず前輪が躓き転倒。地面とキスしてしまった。今回初の転倒。(泣


倒木を除けばこんなに快適なトレイルです。広葉樹の原生林で、紅葉が良さそうです。でも人が歩いた形跡はありません。


視界が開けたポイントを覗くと、昨日走った災害復旧工事をしている県道が見えました。高さ30mほどの崖の上でした。法面をコンクリートで固めた上部にあたります。途中に策のない部分があり、えらく怖いです。


快調に飛ばして県道に出ました。これでSTを終了する。
1本目は走行距離23.7Km、累積標高差+607m -1836mです。


これからは県道を下だり、途中名作詞家の記念公園に寄ってから、昨日のゴール地点である大名御殿温泉に着く。今日は別の足湯に浸かり、昼食を取る。そうこうしている間に雨が降って来た。昨日のパターンだ。


二本目に入ります。
二本目は観光リフトの駐車場から山形側に下るコース。どこにトレイルがあるかわからず周囲を見回すと、笹原の向こうに朽ちたリフト乗り場がある。そこへ続く道があったので入って行くと、そこが探していたトレイルの始まりだった。


トレイルに入った早々に雨が降って来た。朽ちたリフト乗り場の中で雨宿り。なんでこのリフトは廃止になったのか、雨がやむまでの間にネットで調べてみる。この建物の壁に掛かれている”○○裁判を忘れるな”をキーワードに調べるとわかって来た。過去の知ったところで雨が止んで日が差してきた。 写真は朽ちたリフト。


トレイルを走り始めると、最初は車道に沿って走っている。結構走れる。車のドライバーも、何でここを自転車が走っているのだろうとビックリしているだろう。


最初は良かったトレイルも、直前に降った雨と昨日の雨の影響で泥濘、またドロップオフも大きく、数も多く参ってしまった。やっとゲレンデに出て一休み。自転車も上着も泥だらけだ。


トレイルはゲレンデの脇に入る入口がある。そこからは急傾斜ではあるが雨の影響は少なく、テールホップでタイトコーナーをクリアしていく。がぜん元気がでる。写真は分岐点の水場。


その後WTとなって快適さが増す。適度に変化があって楽しめる。写真は観察小屋。


快適WTの先には谷に下るSTが続いていた。緩やかなスイッチバックになっていた。しかし、MAPにはこの先車道に出る道は通行不可との説明があり、疲労の度合いから万が一引き返すことになったら辛いので諦めた。
16時30分ペンションエリアを抜けてゴールの下の駐車場に到着。
今日のツーリングはこれで終了。2本目は走行距離6.55Km、累積標高差+140m -680mです。


***** 温泉街にて *****
今晩は山形県側の温泉地に泊まる。まずは3つある共同浴場の一つ、大湯で汗を流す。強酸性でシャンプーが使えない。泉質は草津温泉に似ている。


汗を流した後はコンビニで乾杯をした後に食堂で食事を取る予定だったが、ほとんどの食堂は締まっていた。


途中の記憶が吹っ飛んでおり、いつの間にか町主催の無料温泉巡りツアーの中に入っていた。美人の温泉コンシェルジュの説明を聞きながら温泉街を牟ぐり歩くこと30分、ずいぶんためになった。


途中で解散になり、起点となったコンビニ前まで温泉コンシェルジュと我々二人とで話しながら戻る。最後に一緒に写真を撮って別れた。酔っぱらっていましたが、説明を受けた内容は覚えています。酔っぱらいのおじさん二人に付き合ってくれてありがとうございました。
この後、食堂が開いていないのでコンビニ弁当で夕食を済ませた。昨晩とえらい違いだ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/14(日) 18:29:24|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bakusoutai2014.blog.fc2.com/tb.php/13-114a93c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ