山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 神奈川西部四カ寺編

今回は私の住んでいる埼玉県深谷市から距離のある神奈川県西部、小田原・平塚・厚木・座間の四カ寺を車と自転車を使い巡りました。
早朝4時に自宅を車で出て、国道246号新相模大橋袂の相模三川公園スポーツ広場の駐車場にデポします。昨夜降った雨で土の駐車場には水たまりができています。


県道51号を町田方面に北上します。直に座間まであと2Kmの標識があります。車の通行量が多く、自転車通行可の歩道を走るが、車出入りの凹みが多く、快適な走りができません。


旧道らしき道とと交わるところに大きな木がありました。もしや旧道を証明する物がないかと期待していると、ありました。弁財天が祀られていました。


座間市に入り、JR相模線を高架橋で渡ると八番札所の星谷寺まではあと少し、県道を右折すると観音坂と呼ばれる急な坂になります。曲がりくねった坂が歴史を感じさせます。


観音坂を上った先に八番札所の星谷寺の入口に出ます。この寺には山門がなく、新しそうなブロンズの仁王像が迎えてくれます。


静かな境内です。規模的にはほかの札所よりは小ぶりですが、七不思議の言い伝えがあり、その一つ本堂の中には「根下がりの紅葉」という老木があります。


お参りを済ませ再び県道を国道246号に向かって南進します。沿道に庚申塔を中心にお地蔵さまが祀られております。よく管理されており、見ていてうれしいですね。


国道246号から新相模大橋を渡り相模川を渡ります。次は6番長谷寺飯山観音です。


橋を渡り、側道に入ると落書きが目立ちます。


飯山温泉に向かう県道60号に並行して走る丘陵の道を走ります。ここは周囲に畑があり気持ちの良い道であります。


県道60号から飯山温泉に入る橋です。


坂を上り、突き当りに仁王門があります。ここに自転車を置いて、石段を上り本堂に進みます。


急な階段を上ると石灯籠が連なり、その奥に長谷寺の本堂が現れます。


本堂横、白山に上る山道には四国八十八か所霊場の石仏が祀られています。この時期は山ビルが生息するようで、注意喚起の看板があります。山ビルで有名な、丹沢の流れを組んでいるのでしょうか。


来た道と別のルートを走って国道246号に戻ります。


相模川の河川敷、新相模大橋下の駐車場に戻って来ました。次は平塚へ車移動です。


予定では小田急線の鶴巻温泉駅付近の駐車場にデポの予定でしたが、探してもいい場所がなく距離は短くなってしまいますが、広い駐車所のあるおおね公園にデポしました。


県道612号を南下していきます。丘陵地を前にして田んぼが広がっています。稲のにおいがします。暑さを忘れさせてくれます。


県道62号に突き当り、ここで曲がる方向を間違えて、東海大方面に曲がってしまいました。交差点前にあった光明寺の看板の矢印が、交差点を右折(東海大方面)に見えたので曲がってしまった。後で気が付いたのですが、その看板は県道62号を走っている人のために表示していたのです。 写真の金目川に沿って走って行きます。


1kmほど走って間違えたことを知り、Uターンします。途中で腹が減ったので味噌一というラーメン屋さんで食事を取ります。


食事を済ませ、交差点まで戻りました。この交差点を直進して金目川沿いの遊歩道を走ります。この川には木橋が2本架かっていました。


木橋のすぐそばに七番札所の光明寺がありました。山門には聖観音の大きな提灯が飾られています。境内には水琴窟があり、涼しげな音色を聞かせてくれました。納経を済ませ、来た道を戻り、デポ地に向かいます。車で次の札所の小田原に向かいます。


次の勝福寺には鴨宮駅周辺にデポして自転車で周る予定でしたが、車で移動中の国道1号がお盆渋滞で時間が掛り、納経の締切りの17:00に近くなってしまいました。駅周辺の駐車場も見つからないため、泣く泣く寺の駐車場に止めることになりました。残念です。時間があればサイクリング場の駐車場が使えそうです。閉門は16:30です。


五番札所の勝福寺観音堂です。納経を済ませる時間になると、お寺の関係者が賽銭の集金等の終わりの準備をしていました。
五番は自転車で周れず残念でしたが、これで十九番まで巡ることができました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/12(水) 11:19:59|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ