山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

秩父連チャンツーリング 第二日目 表裏おまいり道DHダブル 表編

8:30 いつもの路肩にピックアップして、山道を上って行きます。


ツーリングの無事を祈願しに神社にお参りに行きます。


待ちに待った表のおまいり道を下ります。ハードルが高いコースですが、それが楽しいコースです。


おまいり道を下り始めて間もなくいつもの所で小休止です。旧宿坊跡のようですが、古い表札は個人名でした。
フランスさんに光が差して天に上るような雰囲気なので撮影しました。


岩が多いため快適ではありませんが、ラインを読む練習になります。どこでもテールホップの練習ができるので、楽しいです。あまりやり過ぎると、中盤までで体力が終わってしまいますのでほどほどに。


大きな杉の木が歴史あるおまいり道の雰囲気を出しています。


中盤部に入ると下からハイカーさんが登ってくるようになりました。皆さん電車とバスを乗り継いでくるようです。九十九部なのでしばらく待ちます。「ごゆっくり上ってください」一声かけるのがマナーです。


このコースで一番危険な、岩で10cm程度しか道幅がないトラバースの手前にまた難所が出現。傾斜した岩面は走らなければならないのです。今回は気づくのが遅かったので「いけー」って行ってしまったが、直後やばかったなと思いました。
この写真は滝前の厳しいところです。鋭角で急傾斜で、しかも岩と木の根の障害有りの難関コーナー、親父はこれまで転倒時のリスクを考え降車してましたが、今回はチャレンジしてみました。無事クリアしました。写真はいつもチェレンジしているフランスさんです。さすがです。 そんなフランスさんですが、親父がいけそうなところを躊躇したり、二人の得意不得意が微妙に違っているようです。


滝に到着です。涼しいですね。一気にクールダウンです。滝の上部が神秘的で素晴らしいです。


この橋が去年の大雪で壊れて架け代えた橋です。当時は谷全てが雪で覆われており、雪渓の上を迂回して渡りました。


おまいり道を終了して川を渡ります。写真は橋から見る渓谷です。紅葉の時はきれいです。ここから車道を下ってゴールに到着です。1本目終了です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/02(日) 23:12:39|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ