山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

ミシュラン・寄り道ショート5本ツーリング


今日の後半雨天予報のため、早めにスタートして切り上げるつもり。今回は2人で車2台のためピックアップ効率はあまりよくない。どれだけのコースを走られるか。
1本目は、はっぱから蓬莱尾根を下るコース。若干のウエット状態だが走りに支障はない。アップダウンのコースからDHコースに移る。走った跡はなく、藪化していないか不安になる。走ってみれば快適DHが楽しめた。一部の難所だった所を走ってみると、以前より余裕がある。より厳しい所を走っているおかげでスキルアップ?できているのかな。
写真は厳しかったドロップオフを下るフランスさん。


人が入っていないので蜘蛛の巣地獄となっていて、この時期の山サイの必需品、防虫ネットで蜘蛛の巣対策をして下ります。これなら蜘蛛の巣を気にせず快適に走れます。


2本目は同じはっぱからスタート。濡れた木の根と岩が滑りやすく、いつもよりは気合を入れて走る。このコースは前半はこのように走り易いのだが、後半は・・・


後半はガレ場となって、ドライでも厳しいのにウエット状態ではミスれば転倒必至だ。激しい振動に耐えてクリアしました。2本でどっと疲れがでました。


ピックアップ途中の林道の路肩で昼食を取る。ここで新しいトレイルを発見。急傾斜のスイッチバックの超テクニカル道だ。今度探索することにする。
3本目はテレタマのメイン尾根コースを走る。今回は滑空場入口から入ろうとするが、草ぼうぼうで滑空場はつぶれたのか?


いつもの尾根道に合流して、第一の難所直滑降を下る。ウエット状態で厳しいぞ。


ガレ場エリアはバイクの後がすさまじい。轍に入らないようにコース取りをして下って行く。大岩を無事クリア。この後最後の難関、悪魔の喉笛を下る。ウエット状態でかなり厳しいぞ。久々に足つきをしてしまった。


峠の分岐の先、ガレ道を下って行く。人が全く入っていないようで、蜘蛛の巣天国だ。ゴールに着くとハンドルには蜘蛛の巣がびっしりつく。蜘蛛も3匹ついていた。防虫ネットのおかげで、顔面直撃は避けられた。蜘蛛の巣を気にせず走られたのは、防虫ネットさまさまである。


4本目はエリアを寄り道に変えて、はっぱ下から柑橘集落に下る旧道を走る。昨日ソロで走ったコースをピックアップする。前半の快適道には新しい倒木があり、早く処理されることを願う。


集落内を抜けて、最後のテクニカルゾーンの竹藪へ。タイトコーナーの連続をクリアしていくフランスさん。さすがにうまい! 同じコーナーをクリアするのにも、親父より安定感がある。


5本目はお中元から寄り道橋までコース。スタートは見晴らしの良い、親父の好きな場所。ここでフランスさんと記念撮影。


麓の集落へ下る旧道を走る。旧道らしいくねくね曲がった楽しいST。あっという間に集落に下る。林の中を抜けた民家手前の畑で撮影。


ここまでは快適だったのだが、この後小ピークに登るSTが藪と倒木でもう大変。参りました。ここの藪漕ぎが今日一番疲れたのかもしれない。


小ピークからのDHは快適そのもので、休憩なしで一気に下って行きました。ウエットの路面をさほど気にせず走ることができ、橋に近い集落に出てきました。(写真) 
時計を見れば17:00をまわっている。今日は10時間ほど山の中を走ったことになる。ほとんどこれといったトラブル/転倒もなくツーリングを終了した。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/08/31(日) 09:23:13|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ