FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

2020-0629 梅雨の合間の夕方の年金山ソロ

早朝土砂降りのためツーリングを中止しました。午後になるとすっかり晴れて朝の土砂降りがうそのよう。そこで市内の年金山に上ることにしました。こんな天気でもハイカーさんがいる可能性が高いので夕方に上ります。
走行距離 3.2Km 累積標高 ±234m 所要時間 0h51m
親父指標 体力:2 技術:3 快適:3 景色:4 総合満足度:3
16:30デポ地の公園から年金山に上ります。


登山口に通じるコンクリート道は出水で冠水状態です。


斜陽が見せる自転車のコントラスト。


STを登って行きます。


北コースを登って行きます。ハイカーさんは一人下っていました。長い階段を担ぎ上げ、北ピークへ。


ここから山頂までの尾根道、よく路面を見るとMTBのタイヤ痕があります。タイヤ痕が残っているということは、数時間前に走ったことになります。親父とは逆方向を走っているようです。残念なことに丸太階段を乗車して下ったため、土留め兼用の丸太がズレてしまっていました。そこで丸太を直して山頂に上ります。17:00に到着。予定通り30分で上りました。


山頂の三角点です。期待外れでまだ陽が高いです。夕日が見たかった。


気持ちの良い風景です。ここからメインの尾根下りをしてデポ地へ下ります。ウエットのため岩場の乗車は避けましたが、やっぱこっちのメインの尾根道の方が楽しい。幸いハイカーさんは誰もいませんでした。


17:20にデポ地に到着。午後にこんないい天気になるとは思いませんでした。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/30(火) 22:25:47|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

2020-0627 よりみち-長いもソロ アドベンチャーコース探索編

はっぱ峠から柑橘山へ向かい、当初ダート林道を下るり荒れ具合を確認する予定でしたが、デポ地は林道から離れているため、それなら長いも方面に下るSTの探索をしてもいいかな。ということで探索を開始。マイナーな尾根道で途中2回ほどロストしそうになりなんとか麓に下りてこられました。
走行距離 9.1Km 標高差 +424m 所要時間 2h28m
親父指標 体力:3 技術:4 快適:3 景色:3 総合満足度:4
はっぱ峠からSTに入ります。意外と草木には水滴がついていなく濡れずに済みます。


ここは柑橘山との分岐。左上からの道が柑橘山山頂からのSTで、これから右の道から柑橘山を巻いて裏から山頂へ上ります。山頂からこの道を下って一周します。


山をまいているSTが合流する林道です。冬はこの辺りが一番積雪が多いところです。


北側から柑橘山の山頂に上ります。ちょっと藪っぽい登山道です。と言っても林道から50mほど。山頂名はどこかにいっちゃいました。


山頂からの下り、急傾斜に狭い道。滑る木の根に岩、今日はウエット状態で難度が上がります。それが面白いんです。


再び来た分岐に戻ります。また同じ道を上ります。ツーリングの時はみんなに待ってもらっている林道分岐が中央奥に見えます。


林道の最高地点に来ていつもは荒れた林道を下るのですが、今回はSTに入って進みます。そこで見つけたキノコです。


ここが見難いですがY字路になっています。最初右に進みましたが、尾根の背から道が不鮮明になっていました。深追いせずに分岐まで戻って今度は左に行きます。


こちらが正解でしっかりした道が残っています。


道端にこんなキノコが生えていました。


この先急傾斜でチャレンジするも、路面がウエットで前輪が滑っては何もできません。今回は自転車から降りて下ります。このSTは標識やテープもなく、2回ほどロストしそうになりました。2/3下ったところでプチ転倒。危うく谷に落ちそうになりました。これが一番やばかった時です。


2回目のロストしそうになる。地図にもない道、ここは今迄の探索の経験から隣の小ピークに登ります。


頂上から伐採地と植林地の境に道らしい跡が・・・ただの境か道なのか、微妙な状態。もう麓まで近いのでGo!


一部怪しいところはありましたが、STは続いておりました。つぎの伐採地に出ました。


この付近の地面にはこんな怪しい足跡がありました。その他ヒヅメのあととか、ここは野生動物が頻繁に出没する場所のようです。


STから県道に出ました。あーここに出たのか!


県道をデポ地方面に走ります。途中ススキで有名なお寺の前を通ります。


町堺の峠へ上る直前に石碑がありました。陽が差し暑いです。その横をローディーたちが抜いて行きます。


県道峠付近からSTに入ります。ここはいつも車で通り過ぎる場所で、わざわざSTへ入るのは初めてです。結構まともな状態です。


山頂には立派な展望台がありました。ここからの景色がこんな感じ。素晴らしいです。


ツツジの中を下って行きます。


遊歩道から作業道に入ります。そこでキノコが群生していました。


作業道を走ることで平地迄ダートを走ることができました。ここからオンロードでデポ地へ向かいます。車はほとんど走っていないのでのんびり走ることができます。ここも初めて走る道でした。
今回は収穫がたくさんあった探索でした。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/28(日) 18:09:05|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

2020-0627 よりみち-長いもソロ はっぱ峠上り編

明日28日のツーリングが降雨のため中止になる可能性が高いため、急きょ今日ソロで隣町の里山を走ることにしました。予定していた渓谷沿いの駐車場は地元の方の草刈りで満車のため、ちょっと離れたよりみち大橋の袂にデポすることにしました。これが後々新コース開拓のきっかけになりました。
走行距離 5.1Km 標高差 +364m 所要時間 1h32m
親父指標 体力:3 技術:1 快適:2 景色:4 総合満足度:3
ここはよりみち大橋の袂のデポ地です。親父号の勇姿です。8:30スタートです。


車道から離れてすぐに見える二筋の滝です。清涼感があります。


淵の畔には石碑が建立されています。この先の遊歩道に入ります。


階段を上り高度を上げます。水面がかなり下に見え、淵の状態がよくわかります。


階段を上ったところにキノコを発見。このじめじめした時期、キノコがよく見られるようです。


1.5Tのフラットの道が続きます。こんなに快適だったっけ?それならしょっちゅう来ているはずだが・・・・


やっぱり階段地獄でした。今日は丸太階段が濡れて特に滑りやすいので要注意です。


遊歩道は高度を下げ河原に降りられるぐらいになりました。ここで小休止。このところの降雨の影響はない様で、川の水量はまだ多くないようです。本当は雨の降った後にこんな渓谷の河原に出るのは危険なのですが、上流のことを知っているのでちょっと休憩を取ります。


渡河点に到着です。先々週上流の渡河点では橋が流され裸足になって渡りましたが、ここは飛び石です。かなり荒れて本来の飛び石は分からなくなっていましたが、何とか渡れました。


車道に出てしばらく走り、はっぱ峠に向かう林道へ入ります。途中、バードウォッチングしている方を見かけました。この林道は木々で日陰になって涼しいのですが、やぶ蚊が多い。ネットを用意するのを忘れていました。


この林道の最高地点に歴史的事件の農民蜂起場所のお堂です。ここで一休み。不思議とやぶ蚊がいなくなりました。


休憩舎には蟻地獄がたくさん見られました。


開けた場所から集落を望みます。先々週はこちらの集落の道を上ってきました。雲は多いですが青空ものぞいています。しばらくは降雨の心配はなさそうです。


集落からの林道と合流して上ります。道端のアジサイがきれいです。


前回と同じ道は歩きたくないので、車両通行止めの作業道に入ります。全体的には台風のダメージは少ないのですが、2ヶ所の谷部は浸食が激しく、ひどい部分がこの部分です。


通行止めになっているため人が入っていないため下草が生えて緑の絨毯のようです。


もう少しで林道と合流します。ここは広葉樹を植林したエリアです。よく管理されています。


10:00はっぱ峠に到着です。この峠林道も台風の被害で車両通行止めで静かです。野鳥の声だけが聞こえます。ここで小休止となります。
第二部アドベンチャーコース探索編に移ります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/27(土) 23:51:00|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

告知板2020-0628 ときのかわトリプルヘッダー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2020/06/27(土) 06:15:54|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2020-0620 祝県境開放 粛々となっくWヘッダー Movie編

山岳爆走隊Movie班の副会長がリアル動画を公開してくれました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/23(火) 20:09:38|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0620 祝県境開放 粛々となっくWヘッダー 古木編

二本目は前半超難路の古木コースであるが、今回ウエット状態なのでデンジャラス過ぎなので迂回林道を使います。この林道がとんでもないことに。昨年の台風後、走っていない林道です。
走行距離 11.1Km 累積標高 +232m -825m 所要時間 2h22m
親父指標 体力:4 技術:3 快適:4 景色:3 総合満足度:4
一本目と同じ林道を上り、ゲート前にピックアップ。今回はSTを通らずに林道を走ります。


峠に到着です。トレランの方々が7/8名休んでいました。その人たちに記念写真を撮ってもらいました。


林道を下って行きます。途中まで快調に下れました。ところがあるコーナーを回った途端土砂が流れた跡が現れました。谷側の崩落の規模が大きく、恐怖感を覚えました。


次に現れたのが土砂崩れと倒木、なんとか通れました。


倒木対応で一仕事したおぎちゃん。お疲れ様でした。走りより疲れたんじゃない!


次に垂れ下がった枝とツルが行く手を阻んでいます。これが厄介です。


WTからSTに変わりドン突きがロープ場です。


先に上った親父です。この先がためらい坂から下って来たSTに合流します。美味しいエリアを全てパスします。今回の様なウエットの時は仕方がありません。今日走ったら大怪我必至です。


みんなで助け合いながら岩盤エリアを登って行きます。


最後に上り終えたフランスさん、写真を撮ったのでポーズは終了していいよ!


快適道に変わります。今日はFATバイクで参戦の副会長。後の動画が楽しみです。演技/盛りなしのリアル動画です。


小山を上ります。この後はまた快適なSTとなります。ひと踏ん張りです。


前回発見したモミの巨木が倒れた姿。今回もどんな感じになったか眺めます。前回は倒れたばかりで葉は緑でしたが、今回は枯れて生気がありませんでした。この画像の中央に立っていました。


いよいよ快適な下りがスタートする手前の何でもないところで、親父プチ転倒です。先頭を走っていたのでみんなに見られ恥ずかしい~。(笑


1本目から本格的なスタイルになったOzさん、気合が入ってます!


何でもない快適道で最後尾を走っていた副会長がしばらく来ません。3ヶ月のブランクでばてたかな?


実は副会長車のリアのローターのセンターロックが外れてました。ちょっと見難いかな。見えないはずのローターの六孔が見えてます。
みんな親父車の整備不良化と疑ったが、今回は迷惑をかけていません。(笑


竹藪を過ぎて石仏へ向かいます。


ススキ原で小休止します。


遠くなっくが見えます。いつもよく下って来たな思います。


古木に降ります。折れた大枝は撤去されていました。どうやって重機を入れたんだろう?細かく切ったのかな?


林道に出ました。ここからはロード走りです。


ゴールの駐車場までもう少し。怪我なく無事に走れたことに安堵します。お疲れ様でした。

このレポートには一部副会長とフランスさんの画像も使用させていただきました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/21(日) 11:20:18|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0620 祝県境開放 粛々となっくWヘッダー ズバリ展望台編

都県に跨ぐ移動が緩和された次の日で、梅雨の中休みとなったこの日によく開催したなっくの2コースを走りました。
今回は前日の降雨、梅雨時で十分路面が水を吸っていることを考慮して、2本目の古木コース上部の難所は迂回することにしました。今回去年の台風後に自走ツーリング中にお会いし、交流のあった地元のOzさんが初参加です。
走行距離 8.1Km 累積標高 +192m -780m 所要時間 1h40m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:4 景色:3 総合満足度:4
2本目のゴールと1本目のゴールに各ピックアップ車を駐車させ、Ozさんをピックアップ。荻ちゃんのアドバイスでマイナー林道から上部の林道ゲートまでピックアップします。今日のツーリングは5名で行います。


初めてのピックアップ地であるため、従来車で走っている林道に沿っているシングルトラックに探索を兼ねて入ります。結果はイマイチでした。


なっく付近、かつて下っていたガードレール脇の下山道(ロープ場)に入ります。現在はロープが邪魔とウエットコンディションで滑りやすく、無理せず歩いてやり過ごします。


ロープ場を過ぎれば一部荒れたガレ場をのぞいて走り易い状態です。ズバリ見晴台まで一気に走ります。ズバリには誰もいませんでした。ここで小休止です。恒例の記念撮影。


いい天気です!!今日は偶然フランスさんとペアルックになってしまった。 コッソリ撮られる。(笑


ズバリから先、ホームコースのOzさんに先導をお願いしました。ここまで先頭した親父は鈍速のため、最後尾に収まります。


メンバーのライディング写真、ポイントが悪く残念画像となってしまいました。すいません。まず最初Ozさん。


久々とうちち探索以来の荻ちゃんです。


この雨後のツーリング開催を積極的に推進したフランスさんです。もう我慢できないんだから〜。でもやって正解でした。


ST終了です。Oz宅で名産の梅を取って頂くことに!大粒で立派な梅です。
当初1本目だけ参加予定でしたが、2本目も参加することに。一旦ここで別れて昼食を取って合流します。


一旦下ってから大まんじゅう峠に上って行きます。


峠から今回はフランスさん推薦の鉄塔コースへ向かいます。見晴らしの良い鉄塔で小休止です。日が高くなりさすがに暑くなってきました。


ここから下り、結構手入れされていない道ではありますが、乗車走行できています。


サルノコシカケを発見! ちょっと整備が必要なコースです。 フランスさんご苦労様でした。 1本目のゴールには既に自宅で昼食を取ったOzさんがおりました。我々はここで昼食を取ります。11:10 1本目終了です。

一部の画像を副会長から頂きました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/21(日) 09:34:43|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0617 おこしあまふり山走りソロ

2本目は運動場に移動してあまふり山を周回します。ここは城山-古木コースの一部ですが、距離の長いコースの最後の上り返しは不評のため、あまり使われないコース。でも低山ながら親父的には好きなコースです。そこで一人で楽しんじゃいます。
走行距離 5.1Km 累積標高 ±275m 所要時間 1h10m
親父指標 体力:2 技術:3 快適:4 景色:2 総合満足度:4
運動場の駐車場でデポしてしばらくロード走りです。ここは七福神の一つが祀られたお寺です。


さすが有名な梅処、道路に落ちています。


ピンクの花がとてもきれいです。よく手入れされています。


主要道路から民家へ入る道を上って行くと石仏が祀られています。20m先の林の中に小さな社殿が見えます。


あまふり山へ登るシングルトラックに入ります。シダが生い茂っていますが、歩きには支障はありません。親父の年金車はシダと同化しています。


大木が生い茂り、イイ日陰を作ってくれています。


ここはこのコースの最高地点の小ピークで小休止。


ここからDHです。緩い傾斜の林間コース。迷路になっているので要注意!一人なので一気に梅林まで走って行きます。


梅林まで足つきなしで快適に下れました。遠くに今日行きたかった腕試しコースのある山が見えます。


まだシングルトラックを走ります。その先に待っていたのは朽ちかけた丸太橋です。


運動場へ向かう道をプチ開拓しました。ちょこっとですが新鮮です。すぐゴールの駐車場です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/18(木) 22:42:40|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

告知板2020-0620 おこしダブルヘッダー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2020/06/18(木) 19:45:08|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2020-0617 おこし地元さんとのツーリング

お仕事が休みのため、ソロでおこしを走ることにしました。そこでコース上の住んでいる地元のOzさんに情報を入れた所、同行して頂けることになりました。親父は基本上りは歩き、Ozさんは乗車なので、親父が45分前にデポ地からスタートして、上りの途中で合流する変則ツーリングの形態をとりました。
走行距離 11.8Km 累積標高 ±615m 所要時間 3h08m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:3 景色:4 総合満足度:4
一週間前までは閉鎖されていたおこしの大まんじゅう駐車場にデポします。今年引退するスパイクを記念にイベントごとに撮影しようと思います。7:45にスタートします。Ozさんが自宅をスタートするのは8:30。どこで追いつかれるのか鬼ごっこのようです。(笑


焦るつもりはなくのんびり走ります。親父得意な裏道を走ります。この水路気に入りました。


この渓流、以前は倒木や枝が堆積して残念な渓流の姿をしていたが、昨年の台風の影響か、全てが無くなり本来の渓流の姿が現れました。素晴らしいです!


いつもは車で上っていた道。歩いてみて見つけた馬頭観音様です。


ここはおこしでは有名なお寺。変わっているのは山門を入って直角に曲がって本堂なのです。手前が山門。後ろが本堂です。


道路脇に咲くあじさいです。


ここも初めて見たお社。手前に古い鳥居が見えたので注意して山腹を見回したらお社を見つけました。時間がないので外見確認で終了です。


ここは行った記憶のある滝不動。ここも対岸から見るだけで先に進みます。


最上部の集落を過ぎて林道を上ります。ここには大規模な法面の崩れが見られます。


その上部。ここは危険な林道路肩崩壊部。先週の大雨で崩壊が進んだとのこと。ピックアップではここまで上がらない方がよさそうです。


まだまだ復旧が進んでいない斜面崩壊地です。モーターサイクルまでは余裕で走れるまでに踏み跡がしっかりしました。ここで上ってくるOzさんを待ちます。


10分後Ozさんが来ました。遠くから声を掛けましたら動物の声かと思ったらしく、驚いたようでした。(笑


親父は歩きでOzさんさんは超スロー走りでズバリ見晴台まで上ります。ここで小休止。涼しい風が吹いて気持ちがイイです。しばらく歓談します。


DHのスタートです。鈍足の親父のペースに合わせて走ってくれています。さすがホームコース、走るラインが違います。楽しませてもらいました。


あっという間にOzさんの自宅前です。そこで撮った風景です。夕方庭でこの風景見ながらビールを飲むのは最高でしょうと言うと、いつも見ている景色なんで・・・・たしかに日常なんですね!


Ozさんとさんと別れて集落を下って、次は大まんじゅう峠に向かいます。ここは峠に向かう旧道入口です。


シングルトラックを走ります。左に柚子で右がお茶の木です。年金車が風景に溶け込んでいます。


大まんじゅう峠に上る道です。いい感じの岩の道です。濡れていて滑りやすいです。


ここが大まんじゅう峠です。フランスさんが新しいコースの探索に行ってます。今度フランスさんに案内してもらいます。


峠から下ってくる親父です。この先はキャンバーになっていたりして滑りやすい。今回は危なげなくパスしました。


麓の集落に到着します。ここからデポ地の駐車場へ向かいます。途中にお地蔵様を見つけました。ここから駐車場まではあと少し。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/17(水) 23:17:28|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
次のページ