FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

2020-0530 祝緊急事態宣言解除 てれたまマイナーコースソロ

埼玉県の新コロナウイルス緊急事態宣言が解除されたため、自己規制していた山への踏み入れを2か月振りに再開しました。コースはこの時期にわかハイカーが多いお気軽コースを避け、知る人ぞ知る超マイナーな2コースをソロで周回しました。読み通りこの約5時間で一人も会いませんでした。それはそれでちょっと寂しかったです。
走行距離 11.1Km 累積標高 ±673m 所要時間 4h45m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:4 景色:4 総合満足度:4
休日に車を出すのも久しぶり。デポ地は毎度おなじみの山里の通りのドン突きの池です。快晴の空に照らされて緑が眩しいです。


9:40にスタートします。上りはゴルフ場脇の尾根道を上ります。心配された道の崩壊や荒れた具合は特にありません。順調に上って行きます。ここはこの尾根道コースの一番の難路です。急で狭いシングルトラックです。一部はキャンバーでしか道が残っていません。この難路、一旦上ってから腕試しのつもりでチャレンジしてみます。約80mの難路を足つき2回で下る。ブランクがあった割にはうまく走ったと思う。


難路の上部の展望地にて休憩。地面には白い花びらで敷き詰められています。見上げるとシダレエゴノキに花が咲いていました。


展望台から上のコースは走り易くなるはずです。


馬頭観音様が祀られている小ピークに到着しました高低差だけではあと半分です。それにしても疲れたなあ。


かわいい小さな花が咲いていました。


急な直線の尾根道に見かけるモーターサイクルの削り跡。木の根が見えています。この道に入れる林道はあとで分かったんですが、通行止めなんですが・・・


笹が生い茂っています。ここを抜けるとメジャーなハイキング道と合流します。


ハイキング道です。山頂までもう少し。


11:46山頂に到着。のんびり上ってきたせいか、一番避けようと思った人が一番多い可能性のある昼食時間に重なりました。しかし誰もいません。


山頂は眺望が悪いから、ちょっと下がった展望地に人がいるのかなと思い下ってみても誰もいません。私はここで昼食を取ります。


山頂からは峠まで尾根道を下り、あじさい旧道を下ります。昼食後は尾根道で一番厳しい岩場道。転ぶと痛いなあと思いながら下る。こういう所が一番楽しい。


ハッシーさんに頼まれてちょっと寄り道。宗教施設に至る道の様子をチェックしに行きます。トレイルはいい感じです。写真を撮って戻って行きます。


尾根道途中のちゅうじ展望地です。残念ながらちゅうじは見られませんでした。


尾根道を下り終えて林道三叉路に到着。ここからの展望が素晴らしいです。


峠までは林道を走ります。見上げると緑が眩しいです。


しばらくぶりの峠の石祠。まだ健在で安心しました。


あじさい旧道の入口まではもう少し林道を走ります。すると下から上がってくる林道の合流点でこんな通行止めゲートがありました。これでは北側からてれたまに上る林道2線全てだめ、そうなるとツーリング時のピックアップが厳しくなります。ちょっとショックです!


あじさい旧道のSTに入ります。いままでも藩藪化していたのに、一段とすごくなって廃道寸前です。今日は一人なので旧道整備をしました。伸びた枝を払って道らしくはなりました。その先のWTです。


WTに入ってすぐの湧き水の水たまりにはオタマジャクシがいました。


WTの状態はイイです。ここはいままで見たことがなかった倒木がありました。写真の自転車の横にはモーターサイクルが渡れるようなスロープができています。


先に進むとこのコースの特徴である落ち葉地獄の道になります。スラロームになっていますが、モーターサイクルがショートカット道を作っていました。旧道が台無しです。もちろん私は旧道に沿って走ります。幸い落ち葉の下にはほとんどトラップとなる石や倒木はありませんでした。


二つの旧道が合流したあと、最終の部分では走り易い道となって終了します。


旧道から林道を通ってデポ地の池に向かいます。近くの山里で見つけたあじさいです。


この集落のメインストリートです。石垣が素晴らしいのでいつも撮影します。この道のドン突きがゴールの池です。

時間があるので、別のエリアのチャレンジコースの整備に行ってきます。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/31(日) 18:20:39|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

2020-0528 自転車通勤 5 :新コース探索

新型コロナ対応の時差出勤/時短要請の自転車通勤5回目です。
往路は小山川遊歩道から古墳群を抜けてから麦畑道を行きます。
走行距離 16.1Km 累積標高 +140m -112m 所要時間 1h28m
6:04自宅をスタート、今回はいつものコスモス街道ではなく埼工大の通りから小山川の遊歩道に入ります。ここは小山川の遊歩道、青色のヤグルマギクはほとんど見かけなくなりました。雑草の勢いが凄いです。


遊歩道から小高い丘に上ります。この上りの細道は急こう配できついです。あともう少し。


古墳群の林を走り抜けます。早朝の林は涼しくて気持ちがイイです。途中の分岐を間違え初めての道を走ると、最後は古墳群の端で道が無くなって畑になってました。その先には水を張った田が見えます。


一旦道を戻って一般道に出ます。舗装路を走っていると庚申塔群を見つけました。この付近は何回も走っているのですが新発見です。今日は収穫が多いです。


あとは麦畑道を通って職場に向かいます。晴天で上州の山々が良く見えます。今日も暑くなりそうです。帰りが大変だ!


走行距離 18.2Km 累積標高 +111m -153m 所要時間 1h39m
16:15復路スタート。すぐに表れるのが刈り取られた麦畑です。


ここは女堀川の台風のダメージを改修しているところです。


煙が目に沁みいります。麦が刈り取られた後の作業です。


その先にはコンバインで刈り取り作業が行われています。


朝とは逆に走り新コースを復習します。ここは上信越道の上を通る橋の上です。この橋はほとんど使われないでしょう。


小山川の遊歩道をずっと下流まで下って行きます。川にはカモがいました。つがいですかネ。癒されます。


遊歩道も雑草で幅が狭く感じます。この時間、散歩の方も見かけるようになりました。


ちょっと前まで全面通行止めだった沈下橋が歩行者のみ通れるようになりました。自転車を降りて通ります。


岡部に入ってきました。空を見上げると雷雨となりそうな雲が見えます。この辺りはトウモロコシ畑です。早く家に帰りましょう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/30(土) 08:23:40|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

2020-0524 深谷市内ポタリング PartⅧ 坂道を探す編

まだ非常事態宣言が解除されないため遠出と山はお預け。今回も深谷市内のポタリングを行います。コースとしては荒川-鐘撞堂山麓-天神川-志度川-岡部裏街道を走ります。自転車は前世紀のフルサスで!
走行距離 46.8Km 累積標高 ±385m 所要時間 5h34m
上唐沢川の支流西川に架かる古い橋の上で。一カ月前は菜の花で両岸黄色に染まっていましたが、今は種ができています。


まずは第一の目的地、旧川本町の荒川に向かいます。いつもの様に人に合わない畑道を走ります。そこで見たのがこんな風景。畑の真ん中に消火栓の看板。200m四方は構造物がないのに不思議です。


深谷はブランド牛の「深谷牛」の飼育地でもあり、牛舎が多いです。ここは珍しい道に面したオープンな飼育場です。


農家しか入らない荒川の土手道のドン突きから、河原に下るけもの道の様な道跡があるので徒歩で下ります。ここは岩盤がむき出しになっているところです。ここは六堰の下流で、正面に見えるのが水管橋です。(人は渡れません)


目的は坂道の写真を撮ることで、ここが目的地の旧国140号田中交差点付近の河岸段丘から下る坂道です。この付近には他にも坂はありますが、ここが一番風情があります。


坂道の撮影ポイントを探している時に見つけたキノコです。山に行けばよく目にするキノコですが、ここ一カ月は山に行っていないので、自然に生えているキノコは新鮮に映ります。


荒川の河原に沿って畑道を走ります。軽トラがたまに通る程度なのでまさにWトラックです。


次の目的地深谷市の最高峰「標高330mの鐘撞堂山」の麓の公園からハイカー用駐車場のある「霧ヶ谷津池」に上る坂道です。この写真を撮る間、ハイカーさんの車がひっきりなしに上って行きます。現在11時10分、下ってくるハイカーさんも多いです。まだ非常事態宣言は解除されていないのですが・・・先取りですか。私はこの坂道の写真を撮って次の場所へ。その前に公園で持参のおにぎりで昼食を取ります。


ここまで来たら超隠れた名所「比例円筒分水堰」を見なければ。この時期、用水路に水を流すはずなので分水堰には水が溢れていることを期待していましたが、ごらんの通り静まり返っていました。残念! 収穫は今回は一発でこの場所に行けました。


次は番外の美里町にある自称「埼玉県で一番小さな造り酒屋」の横関酒造へ向かって国254号を走ります。途中に「猪俣の百八燈」の看板があり、気になったので案内に沿ってちょっとした丘を上りました。目にした風景がこれ!説明板に依れば8月15日にこの地区の子供だけで執り行う火祭りで、この塚の上に火を灯すそうです。当日行ってみたいです。


横関酒造に到着しました。裏には天神川が流れています。裏の煙突も撮影して天神川を下って行きます。


横関酒造の裏から撮影した天神川です。この辺りではきれいな水ですが、少し下流になるとよどんで水質も悪くなります。


次の目的地は旧岡部町の「百庚申」の坂道です。そこまでは天神川と合流する志戸川の土手道を下ります。部分的にこんな藪道になっているところもあります。今年一番の藪漕ぎをしました。


高崎線を渡り、旧中山道へ。ここは江戸時代の中山道で、この先は本庄宿です。現在は国17号深谷バイパスにつながりますが、通行量は非常に少ないです。通行量が少ないのでゆっくり坂道の撮影ができますが、アングルが難しいです。


目的は全部終了しましたので帰ります。ここまでオンロード/ダート含めて走行距離は40Km、流石に足が痛くなってきました。帰りは親父の好きな岡部の旧17号の裏道を走ります。 今回新しく発見したのがこの石碑。高さ約50cmで廃材の脇にあったので今迄分からなかった。残念ながら掘られた字が読めません。


ここは岡部神社の参道でこの竹林も親父好み。もう少しでゴールとなります。暑さもあって疲れました。帰ってからのビールが美味かった!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/24(日) 22:09:19|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

2020-0513 自転車通勤 4 :往路に古墳発見

新型コロナ対応の時差出勤/時短要請の自転車通勤4回目です。
往路はいつもの関越自動車道の側道は使わずになるべく畑道を行きます。
走行距離 15.4Km 累積標高 +88m -72m 所要時間 1h17m
5:55自宅をスタート、コスモス街道から小山川の遊歩道に入ります。土手には一面青色のヤグルマギクが咲いています。時期的には盛りを過ぎて色があせ始めています。


小山川の遊歩道を過ぎてから新しいコースになります。県道から畑道に入るところでいい風景を目にしたので写真を撮りました。丘をバックにしたポピーが良かったです。


畑道を抜けたところで、いつも目にしていた丘が前方後円墳の「鷺山古墳」だったとは・・・・今まで気が付きませんでした。


復路です。予定より遅くなってしまったので、いつもはのんびり寄り道して帰っていましたが、今回は最短距離を走ります。
走行距離 15.8Km 累積標高 +98m -122m 所要時間 1h04m
職場を出たところで空を見上げると、きれいな飛行機雲が見えました。


いつもの麦畑ですが、GW前は青々としていましたが、黄金色に変わってきました。刈り取りも近そうです。


自宅付近、日が暮れそうです。間に合った!! 往路は追い風でよかったです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/16(土) 11:41:58|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

2020-0510 深谷市内ポタリング PartⅦ 用水備前渠を下る編

予報に反して好天に恵まれ、市内自弁ポタリングをすることにしました。今回は前回六弾気になるSpotで1カ所行けなかった東雲寺を目指すことに。そこまで行くコースとして埼玉県最古の農業用水の「備前渠」に沿って走ります。
走行距離 31.0Km 累積標高 ±203m 所要時間 4h05m
10:20自宅をスタート。「備前渠」のスタート地点の小山川に向かいます。まずは高崎線沿いを岡部方面に走ります。こんなに晴れているのに降水確率が40%もあるのだろう。


今親父がお気に入りの国道17号の一本裏道に入ります。道の角に二十二夜塔・馬頭尊があったりして、この雰囲気が堪りません。


民家と民家の間の路地にずーっとダートの畑道が続きます。MTBerのサガとして足がそちらに向いてしまいます。


畑道がずっと続きます。久々にこんなに長いダートを走りました。こんな畑道にあったのは、こんな中の良いご夫婦だけです。


11:20小山川に出ました。ここは「高橋」と言う橋です。ここは水辺公園にするのか分かりませんが、河川敷に降りられるような工事が始まっています。


小山川の河川敷に降りてみます。


もう少し下流に下ってみます。土手に備前渠の水門が見えました。ここから備前渠が始まります。


小山川のすぐ下流に「矢島橋」があって、その下に「矢島堰」があります。何とか堰に降りられました。ここで小中止。


再び土手に上り小山川から分かれて備前渠に沿って下ります。なるべくダートの道を探して走ると、目の前にキジが現れました。自転車に乗りながら写真を撮りましたので画像はイマイチ。20mほど走ってヤブに入って行きました。


備前渠の土手道が無くなると、迂回の畑道を走ります。すると畑にポツンと石柱が立っており、よく見ると「山王遺跡」と読めます。後で検索しましたが、該当する遺跡は見つかりませんでした。バックの土手は小山川です。


備前渠に沿った幅2mほどのアスファルトの道を走っていると、10mほど前に鴨が2匹センターにいるのを発見。寛いでいるので驚かしてはいけないとUターンしました。画像はありませんが小山川の土手道でも狸を見ました。野生の小動物には癒されます。


工場の脇を抜け県道を横断して下流に向けて走ります。しばらくすると現在改修中の煉瓦工場跡のホフマン炉の煙突が見えてきました。国の重要文化財の備前渠鉄橋を渡り対岸へ。ここは鉄橋のすぐそばの煉瓦造りのアーチ橋も当時のモノらしいです。


12:20鉄橋の脇、堰の見える場所で昼食を取ります。日向だと暑いです。


浄化センターの脇を走り下って行きます。備前渠に沿って走ると、時には途中で藪になっていることもあります。その時はUターンして迂回します。


新上武大橋の下をくぐり、堀米地区に入ります。片側に見事な桜並木が続きます。


水神様が祀られておりました。その先に「堀米村中○」と掘られた石柱が立つ橋があります。ここまでに要した時間は2:50となり、そろそろ当初の目的である東雲寺に向かうことにしました。


橋を渡り畑道を走り続けると大きな木が見えました。そこは妻沼街道沿いにある「摩利支天」を祀ったお寺でした。妻沼街道はよく通る道なので、このお寺には見覚えがありました。境内に咲いていたシャガです。今が盛りのようです。


妻沼街道をひたすら本庄方面に走ります。小山川を渡り、直角カーブ付近に東雲寺があります。立派な山門を持つ大きなお寺です。


境内の隅に目的の魚雷がまだ展示されていました。最後に見てから10年以上たつかな。解説板に依れば明治44年製造44式2号魚雷で国産魚雷第一号だそうです。


目的は達したので自宅に向かって進みます。ここは地元でも知る人ぞ知る国道17号深谷バイパスを横断する「大寄地下道」の入口です。標識がないのですぐ近くに行かないと地下道があるとはわかりません。


大寄地下道の中です。車も通れます。


地下道を通って深谷バイパスを渡ればあとは畑道と住宅街を走って自宅です。暑い中、結構頑張りました!!夜のビールが美味い!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/10(日) 23:09:04|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

2020-0508 深谷市内ポタリング PartⅥ 気になるSpot編

人とのかかわりを持たない様、ソロで走ります。また医療従事者に負担を掛けない様、怪我のリスクが高い山への立ち入りを避けようとすると、行動は市内のポタリングになってしまいます。今回は第六弾気になるSpotを回ります。
走行距離 27.3Km 累積標高 ±176m 所要時間 3h04m
上唐沢川の支流の「西川」の桜並木を上流に向かって進みます。


肥料工場の脇から西川の水は上の用水から流れ落ちてきます。


市道が用水を横切っています。反対側の用水路はかさ上げしていて、この高低差を利用して道路を横断しているようです。


そのまま進むと櫛挽開拓地区の防風林を備えた用水路となります。おっと、今日は用水路を探索するのではなかった。


畑の真ん中にポツンと一軒家ではなくて、古びたコンクリートの建物が出現。すごく異様!!


通称「櫛挽の旧弾薬庫」正式には「東京第二陸軍造兵廠櫛挽製造所」です。戦時中は他の建物もあったようですが、木造だったので戦後壊され、コンクリートのこの弾薬庫だけが残ったようです。


櫛挽開拓地区の整備された道を次の目標値まで進みます。


見上げれば青空、こんないい天気にあ〜山を走りたい。


郊外の畑地帯に丘が見えます。ここが第二のSpotです。


ここが心霊スポットとして結構有名な施設です。立ち入り禁止で中に入ることはできません。わずかに建物が見えます。名前の雰囲気が興味をそそるので、心霊スポットになったのでしょうか。こちらでは固有名詞は出しません。


次は北に向かって高崎線を越えていきます。ここは住宅街にある国登録有形文化財で、正式には「旧東京第二陸軍造兵廠深谷製造所給水塔」です。5階建てになっており、5階が水を貯えるところだったそうです。現在は1階がTea Roomになっているようです。


再び高崎線を渡り台坂を上り住宅街に不釣り合いな古びた円筒形のタンクが見えます。


ここは旧深谷市水道局の台坂浄水場です。上部の旧深谷市の市章が古い施設の雰囲気を醸し出しています。またツタがイイですね。秋になると赤くなり、これも素晴らしいです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/09(土) 21:09:32|
  2. ポタリング
  3. | コメント:2

2020-0505 深谷市内散歩

埼玉県農林公園から自宅まで畑道と裏道を歩きます。
農林公園を出て県道を歩きます。県道わきにポピー畑があります。ここは駐車場がないので毎年車で見かけますが、じっくり見たことはありませんでした。


植松橋を渡ります。歩道橋から荒川下流側を望みます。


荒川の河岸段丘を上り旧国道140号に出ます。空を見上げると青空に一筋の飛行機雲が見えます。今日は日差しが暑いです!


畑道を歩いて行きます。


目の前をトラクタが通って行きます。


途中でちょっと素敵な用水路を見かけました。


よく見ると、こんな小さい用水路に鴨が二羽いました。


新幹線の高架下をくぐり誰もいないテニスコートの公園で昼食を取ります。隣の仙元山公園は人が多いんだろうな。


仙元山から桜ヶ丘小学校まで、民家と民家の間にある暗渠上に作られた大台の小路を歩きます。区画ごと趣が違って全長約1km、歩いていて楽しいです。


小路から住宅街の道を下って深谷駅に向かいます。途中で鯉のぼりを泳がせているお宅がありました。今年、初めて見ました。やっと深谷駅に到着です。広いコンコースには誰もおりません。


自宅にはこの稲荷坂を上って裏道を通って到着です。疲れました!!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/06(水) 19:50:00|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

2020-0503 深谷市内ポタリング PartⅣ 荒川方面2編

自弁・自走の自己完結型の深谷市内ポタリング第四弾です。今回は第二弾の荒川方面ポタリングしたコースより下流の部分を走ります。目指すは荒川白鳥飛来地です。鳥インフルエンザの流行時に白鳥の餌付けをやめてから、白鳥の飛来地は植松橋上流に変わりました。昨年の冬に新しい白鳥に飛来地に行こうとしましたが、道が分かりませんでした。そこで今年の冬に備え、今回リベンジしに行きます。使用する自転車は山サイの主力、年金車です。一般道で一番不向きな自転車ですが、山サイをしなくなって1ヶ月以上使っていないので今回登板です。
走行距離 29.2Km 累積標高 ±176m 所要時間 3h40m
昼食を取ってから、13:20自宅をスタートします。毎度のこと、人との接触を避けるため(街中/公園以外は皆無ですが・・・)基幹道路を避けて畑道・裏道を走ります。ここは上唐沢川の菜の花ポイント。土手道が菜の花に占領されて走れません。


民家の裏に流れる用水です。くねった感じが裏道の感じが出ていて親父好みです。


荒川に向かう途中でヤギの放牧地がありました。二匹いた子ヤギの一匹です。


荒川左岸に到着です。深谷エリアの荒川はサイクリングロードとして整備されていないので、この通りダートです。下の河川敷に出たいのですが道が見つかりません。


下流に回って植松橋の下の工事車両用道路から行けることが分かりました。途中から深い砂利道になるのでMTBでも走るのが大変です。車だとスタックする恐れがあるので要注意です。
ここは鶯の瀬と言う川幅が広く、浅瀬になっている部分です。


水鳥が休んでいました。


植松橋を渡り、荒川右岸を走ります。川沿いに神社がありました。神社名は分かりませんが、水に関係した神社ではないかと思います。


支流の吉野川合流地点に出ました。ぐるっと回って渡れるところまで行くと感じの良い景色が見られましたので撮影します。


もっと下流に進むと鹿島古墳群に出ます。駐車場には5・6台止まっていましたが、人はほとんど見かけません。


16:00を回り、ちょっと焦ってきました。やっと荒川を渡る押切橋が見えてきました。押切橋は荒川に架かる3番目に長い1339mで、自転車で走るにはかなりしんどいです。


荒川を渡り、自宅を目指して走って行きます。もちろん裏通りをです。ここは秩父鉄道の高架下、高さ1.9mは自転車ではスリリングです。住宅街を通り自宅に戻ります。17:00無事自宅に到着。ビールが美味そうだ!!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/06(水) 10:29:56|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

2020-0502 深谷市内ポタリング PartⅢ 丸山酒造編

自弁・自走の自己完結型の深谷市内ポタリング第三弾です。今回は小山川の上流から下って造り酒屋の「丸山酒造」を見つけるポタリングです。今回の自転車は昨日復活させたスペ車です。
走行距離 31.6Km 累積標高 ±218m 所要時間 4h56m
10:00に自宅からスタート。市街地の裏街道を岡部方面に走ります。そこにはこじんまりとした地蔵尊が祀られていました。


第一回ポタリングで見つけた国道17号の裏道を再探索しながら進みます。途中で岡部神社に出ました。


この神社の参道です。国道17号まで続いています。途中で裏道につながっています。


右側が開けた裏道です。低地に国道17号深谷バイパスが見えます。


途中で旧中山道に入ります。ここは中仙道と江戸時代の旧中山道との分岐に立つレトロな丸屋商店です。


直進して旧中山道に進みます。道沿いに下って行く途中で斜面に百庚申が祀られています。


国道17号を横断すると風格のある橋が見えます。この橋は小山川に架かる滝岡橋です。ここから小山川を下ります。


滝岡橋から眺めた小山川です。土手は両側とも舗装工事が始まっています。個人的にはダートでよかったのに!


小山川土手が工事中のため、堤防下の畑道を走ります。高橋を渡り血洗島の渋沢栄一翁の生家に向かいます。生家「中の家」のすぐそばに小さなお堂「薬師堂」を見つけました。ここで昼食を取ります。開けた場所なので陽が適度に当たり、昼食にはもってこいです。昼寝をしたいくらいです。


目の前の駐車場を通った先が渋沢栄一翁の生家「中の家」です。新型コロナ対策で休館になっています。


また畑道を通って横瀬の丸山酒造に向かいます。遠くからでも煙突が見えるので、それを頼りに進みます。ここが深谷市で現在営業している3社の一つの丸山酒造です。


酒蔵をぐるっと周って一番いい風景がこれです。


この次は利根川へ向かいます。畑道は続くよどこまでも。


利根川の堤防に来ました。上部は利根川の自転車道になっていますが、折角MTBで来たのでその下段、堤防の保守作業用のダートを走ります。


上武大橋の下部に来ました。手前が新しく架けられた新橋で緑色が旧橋で記録遺産として残してあるようです。


利根川を下流に下って行きます。今日は30℃越えで暑いです。途中土手を下りて中瀬神社の境内で小休止してクールダウン。マスクしての走りは、気をつけてゆっくり走っても熱がこもって暑い。
再び自転車道脇を走ります。刈り込まれた下草のためタイヤがきれいになりました。前方に国道17号上武道路の新上武大橋が見えます。


新上武大橋の下を走り、小山川に入ります。新明橋から小山川を眺めます。両岸いっぱいに菜の花が咲いています。


小山川の右岸を走ります。感じの良いダートです。右岸を走っていると自然に唐沢川となります。市街に入ります。


レンガ倉庫跡で小休止です。もう一頑張りで自宅です。


帰ってからのビール(もどき)うまかった!!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/04(月) 10:41:32|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

2020-0429 自転車通勤 3

新型コロナ対応の時差出勤/時短要請の自転車通勤3回目です。
走行距離 15.7Km 累積標高 +93m -77m 所要時間 1h16m
自宅からのスタート時間は以前より早く6:00。小山川の遊歩道です。青色の花はヤグルマギクです。この小山川はヤグルマギクと菜の花の群生がよく見られます。


関越自動車道下をくぐると男掘川が流れます。いつもの車通勤では女掘川をよく目にしますが、男掘川の存在はよく知らなかったです。


本庄児玉インター付近の車道を横断すると今度は女掘川となります。この橋は歩行者用で下に流れる川にはのんびり鴨が泳いでいます。


工業団地近くになりました。麦畑の奥に西上州の御荷鉾山が見えます。ここから職場まではあと少し。往路は快調でした!


復路になります。
走行距離 17.5Km 累積標高 +92m -115m 所要時間 1h24m
工業団地内のメイン道路です。つつじが咲いています。


女掘川に架かる橋です。この辺りは去年の台風19号の被害があったところです。路肩が安定していないので車両は通行止めになっています。


古墳群内のWTを通り抜け、終点はSTになって小山川の遊歩道に降ります。


小山川の遊歩道を下って行きます。進んでいくと台風の影響が所々に見られます。遊歩道は砂で埋もれているところもあります。ここでもよく見られましたヤグルマギクです。


沈下橋が見えました。渡れるのかと思いましたが、完全シャットアウトになっていました。


当てが外れもう少し下流まで下って行くことに。何とか次の端で小山川を渡れ岡部地区に入ります。ここはブロッコーリの一大産地です。時期としてはもう終わりになっており、刈り取られた茎と葉だけが残ります。


コスモス街道に入ります。陽が暮れ始めています。


コスモス街道は深谷方面に自転車で走るのは車道を走らなければならず怖いです。今回はMTBなので車道に平行に走る畑道を走ります。こっちの方が安全で楽しいです。


上の画像で遠くに見えたガスタンクがこれ、深谷市のイメージキャラクタふっかちゃんです。さあもう少しで我が家です。頑張ろう!!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/02(土) 09:10:43|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0
次のページ