FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

2020-0222 新潟メンバー埼玉3本ツアー 3本目

公園駐車場で昼食を取ります。木枯らしさんが背負ってきたリュックからフライパンとバーナーが出てきたのには一同ビックリ!!
小春日和の陽気に和やかに昼食を終えました。次はエリアを変えて3本目てれたら山のメイン尾根コースになります。
走行距離 8.3Km 累積標高 +351m -709m 所要時間 1h58m
親父指標 体力:4 技術:4 快適:3 景色:3 総合満足度:4
てれたま山頂直下にピックアップ、ここから山頂を目指します。


山頂へはロープ場になるほどの急登です。息を切らせながら登って行きます。・・・親父だけです!
この先尾根道走りとなります。


山頂からすぐに岩場のいやらしい下りです。急斜面の岩場の最後が幅1mしかないんです。


下ってから体制を整えて、尾根道走り、アップダウンです。


ヤセ尾根を下るかずさんです。体に優しいバイクで下ってます。いいなあ~。 (親父独り言)


冬枯れの尾根道は絵になります!


尾根道は林道三叉路に下って行ったん終了です。ここは長いも八景の1つです。残念ながら花霞で遠望が利きません。


三叉路からはロード走りでピックアップ地まで戻ります。左の切り立った崖の上を走ってきました。


ピックアップ地に戻ってきて、反対の尾根に登ります。ここからメインの尾根道走りとなります。


ピークに上ってここから走り甲斐のある難路の始まりです。最初はV字直滑降。現在、登山者用には脇のロープ道が設定されています。


急坂にドロップオフが2カ所あり。ここが2カ所目です。


V字のため直滑降のみライン選択無、気合一発下るのみ。


迂回路もありますが、初見で下れるのは立派です。


V字直下降を下り終えて、感想を話し合っている。これからガレ場です。


次はガレ道ですが、あまりにもガレと枝が散乱しているため、左に迂回路がつくられています。通常は迂回路を走るのですが(こちらも決してやさしくはない道)地元の親父としては本道を下ります。枝が挟まりディレイラーを壊すこともないので・・・写真V字が本道です。


次は大岩下り。親父が着いた時にはかずさんが下っている時でした。攻略方法をレクチャーしていました。


このコースの落とし穴、悪魔の喉笛に新潟メンバーがチャレンジです。最初は広い防火帯ですが、スピードが乗る最後が急な岩場になってドツボに嵌ってしまう難所です。親父はとろとろ走ってやり過ごして後続を待ちます。走り慣れた越後屋さんが来ました。おっと珍しく転倒です。


いつものラインでクリアしていきます。


初見で木枯らしさんが勢いよく下ってきます。おっと転倒です!


気を取り直してクリアしていきます。


目の前で転倒していますが、チャレンジしていくのは流石です。


最後は学習したかずさんが下って行きます。


鞍部の峠に下り、ここから湖コースになります。まずは急登です。ここは足場が悪く大変です。この先は山城跡の掘割道になります。


急坂をショートカットした親父はコースアウトして見事、転倒です。


史跡に着きました。ここで小休止です。黒山羊さん、新潟方面を見て何を想う。


山頂直下の厳しいコースを余裕で下る木枯らしさん、キマッテいます。


掘割の道を越え一気に下って行きます。さすがにここまで来ると疲れが出て腕が厳しくなってます。ここがSTの終了ポイントです。


湖の対岸を走って湖を半周してゴールの駐車場に向かいます。


ゴールの集落に咲いていたあんずの花です。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/02/24(月) 22:16:47|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊告知 2020-0301 よこっぴき様子見ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2020/02/23(日) 20:57:37|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2020-0222 新潟メンバー埼玉3本ツアー 2本目

2本目に入ります。このコースは前半障害物のない一気に下り、後半が岩場の親父車泣かせのコース。そのため全て越後屋さんに先導をお願いしました。親父は後方を単独で走って行きます。
走行距離 4.3Km 累積標高 +87m -388m 所要時間 0h40m
親父指標 体力:2 技術:3 快適:3 景色:2 総合満足度:3
同じようにピックアップして、2回目のため峠をサッと抜け杉林を走ります。


直ぐに分岐となってDHコースとなります。この写真を撮っている間に姿が見えなくなりました。


尾根道走りになります。右側が開けて、眼下の谷には倒木/土砂崩れが見られます。


前半・中盤の快適道が終わり、ここから後半の谷道へ入ります。


岩場の洗礼を受けて腕が上がり始めたところで最終の岩場の谷道でダメ押しとなるところが、意外にも石が流されて岩盤が露出したため楽勝岩場に変わっていました。助かりました~。


コースはWTに変わり、ロード走りとなります。1本目と同様春の陽気の中、のんびりと裏通りを走ります。


道端に目立つ花が咲いていたので撮影。毎年撮影しているような。


寄り道をして2本目の観光スポットです。


ハイ!これで午前の部は終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/02/23(日) 18:28:58|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0222 新潟メンバー埼玉3本ツアー 1本目

今回は越後屋さんの呼びかけで集まった新潟メンバー4名と雪のない埼玉ツアーを開催しました。エリアは地理的に近い?県北エリア。台風19号の爪痕が残る低山3コースを走りました。 新潟メンバーは移動時間の疲れも見せず、初見のコースを親父でさえヘロヘロになった3コースを予定通り無事完走して帰りました。感心しました!
1本目葉っぱからのトンネルコースです。
走行距離 6.4Km 累積標高 +247m -552m 所要時間 1h21m
親父指標 体力:3 技術:4 快適:4 景色:3 総合満足度:4
台風の爪痕を見ながら林道をピックアップ。ここから峠まで上ります。天気は時折陽が差し、風はないツーリング日和。誘く親父は歩きます。先頭はコースを熟知している越後屋さんにたのみました。・・・このメンバーではDHはかないませんから。


まずはお決まりのポイントで記念撮影。親父の老後の楽しみとして・・・


尾根道を走り抜けます。いやあみんな速い!親父はマイペースで走ります。


一旦ロード走りとなり、眼下の街並み、秩父の山を見ながら上ります。


DHのスタート。あっという間に姿が見えなくなりました。よって走行中の画像はなしです。


基本尾根道なので上りもあります。落ち葉が積もって足が取られ上りにくいです。中盤から後半にかけての荒れたトレイルが親父の好きなところになります。


このコースで一番の難路です。ドロップオフの深さと着地面の不安定さがライダーを躊躇させます。今回は路面が安定しており安心して下れました。写真は越後屋さん。


初見で下れるのは流石です。木枯らしさん。(仮称)


難路上部、急傾斜を横目で見ながら下る、かずさんです。


難路中盤、急傾斜を下る黒山羊さんです。 みんな下れちゃうんだ!


最後の尾根道、ここはヤセ尾根で結構デンジャラスなところです。


これから谷道に入るところで小休止。ここまでは台風の影響はなかったのですが、谷に入ったら分からないです。注意して走ります。


走ってみればいつもと同じ荒れ具合でした。親父、一度前のめりになり前転しそうになりましたが何とか堪えました! 後ろから走っていた木枯らしさんに見られました。(笑 ここでSTが終了です。


STが終了したところで県外のメンバーなのでちょびっと観光です。


点在する民家の間を走っていると蝋梅を目にします。この辺りの蝋梅は香りは少なくなっていますが、まだ満開なようです。


ゴールまではのんびりロード走りです。ほんと2月とは思えない春の陽気の中、1本目を終了します。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/02/23(日) 09:52:15|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0215 奥武蔵トリプルヘッダー 3nd 山寺DH編

3本目は新車のイノッチのための難路なしの快適なコースです。一旦担ぎ上げて高度を稼いで一気に下ります。
走行距離 2.8Km 累積標高 +113m -283m 所要時間 0h40m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:4 景色:3 総合満足度:4
親父ピックアップ直後に疲れで足腰が心もとない。この先の担ぎ場を手伝ってくれないかな。


山寺の仁王像が見守ってくれます。


待ってくれー! 急登です。みんな先に行っちゃうんだよね。


最高地点からの下り、ノンストップになるのでこの辺りで待ち伏せ撮影です。


イノッチもカッコ良く撮れた!!


撮影後に走ってきた親父を撮ってくれました。


下り疲れたのでここで一休み。一気に下れない。


畦道を走るイノッチ!今日は大サービスです。


ゴール近くの梅の木です。きれいな花が咲いていました。 これで3本終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/02/18(火) 20:56:56|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊告知 2020-0222 新潟からの遠征ツアー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2020/02/18(火) 20:15:28|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

山岳爆走隊 奥武蔵ショート4本 Movie

副会長から同意が得られましたので、副会長がプロデュースしたMovieをBlog上で公開します。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/02/17(月) 22:39:22|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0215 奥武蔵トリプルヘッダー 2nd 関東展望台編

運動場駐車場で早めの昼食を取り、ダメもとで関東展望台に上る残された猿岩石林道にチャレンジします。関東展望台コースの前半はナック古木の前半部と同様な悪路で、親父好みのコースです。
走行距離 7.5Km 累積標高 +153m -709m 所要時間 1h35m
親父指標 体力:3 技術:4 快適:4 景色:3 総合満足度:4
猿岩石林道は数か所陥没していましたが、一般車でも走行できる程度の被害でした。気になった各所で寸断されているらしいGLの状態ですが、関東展望台までは無事に通れました。 いつもの駐車場にピックアップ。今日は寄り道しないで展望台へ上ります。


7分で展望台に着きます。ここで記念撮影です。


展望はと言うとチョットイマイチでした。


展望台直下の難路、ゴジラの背は急傾斜で尖った岩場、転倒したときの恐怖がよぎります。


でも茶連議するのが楽しいです。フランスさんはフルサスにして初めてのチャレンジです。


ゴジラの背をクリアしてすぐに難路が出現します。TOPからコースコンディションをチェックします。スタート地点が深いドロップオフ、その直後に90度クランク、バランス感覚が勝負です。


息つく間もなくディレイラー破損覚悟で急な岩の間を抜けます。 


フルサスの乗車位置ではきついと思われたのだが、親父の期待を裏切って調子よく下っています。


おっと、気を抜くとやられます。危うく前転を目撃するところでした。(ホッ


イノッチは迂回路から下ります。


次はメインコースから分かれて五寸釘道に入ります。台風の影響が気になる谷道です。前半部は意外にも倒木が切られて100%乗車可能です。タイトターンにテールホップ爆裂です。


快適も馬頭観音様が現れる谷道に入ったらコースコンディションは一変!コースは雨で洗われ、岩がゴロゴロで道の状態を呈しておりません。


ヘロヘロで谷道を下ってきました。


伐採地に出てきました。


木の根が異様な風景を醸し出しています。


今回は親父以外のメンバーがこれにお世話になりました。 次回はイノッチかな?(笑


V字溝道に土が入り込んで走り易くなっていました。


以前からのトレイル崩壊の状態は変わりませんが、下がもっと流され見た目の危険度が上がりました。こういうのに慣れている爆走隊メンバーは特にビビることはありません。


峠に降りて林道を走ります。


林道から対面の中腹にポツンと?がありました。


大まんじゅうに下りてきました。裏通りを走り、ゴールの駐車場へ向かいます。これで2本目終了です。
  1. 2020/02/16(日) 20:57:47|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0215 奥武蔵トリプルヘッダー お初さん編

林道が台風19号でことごとく通行止めでピックアップ主体の爆走隊にはコースが限られてしまう。今回はまた調査していないピックアップ林道を1本チャレンジします。 
このエリアを走るからには前回と前々回にお会いした地元のOZにお声がけし、最高地点の見晴台で合流して走ることなりました。ということで、1本目はズバリ見晴台から大まんじゅうのコースです。
走行距離 6.0Km 累積標高 +278m -578m 所要時間 1h22m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:4 景色:3 総合満足度:4
ピックアップ林道の途中、土砂崩れした手前の路肩にピックアップして見晴台へ向かいます。


3回目の土砂崩れの現場、かなりならされて走行できるようになっていました。


イノッチがこそっと新車に乗り換えていました。今回は初乗りです。


見晴台に向かう途中で、ソロで浦和から輪行して来られたSSKさんにお会いしました。初めてのコースとのことなので一緒に走りませんかとお声がけし、快く賛同して頂きました。これで爆走隊メンバー3名とお初さん2名の計5名でのツーリングとなりました。
写真は見晴台へ向かうフランスさん、イノッチ、その後SSKさん、その後ろからOZさんが上っています。


ハイ、ズバリ見晴台にて全員集合です。このあとDHスタートです。


DHは毎週走っているOZさんに先導してもらいます。次は親父が走ります。いざ走ってみると、速い速い、ラインもかなり違う、こんなラインがあるんだとなと感心しつつ、鈍足の親父車では離されるばかりです。
途中で道草。とりあえず写真を撮っておきましょう。


偶然全車きれいに並びました。イノッチの新車が目立つ!


途中でフランスさんと順番を変えて走ります。 集落前のスラロームでメンバーの勇姿を撮影します。


おっと動画ではないのでトレインでは追い切れません。


3番目のSSKさんになって撮影できました。


イノッチも新車に慣れてきたかな。


皆さんが待っててくれました。最後のひと走り、気を引き締めて下ります。


集落上部に出ました。なんとOZさんはここの集落の住人なのでした。地元どころではなく超地元、いつもご自宅の前を走っていたんです。またの再会を誓い、OZさんとはお別れです。


四名で一軒家へ向かいます。


旧道から大まんじゅう峠へ上ります。


大まんじゅう峠に到着です。息を整えるために小休止です。


峠からはローディーでもあるSSKさんの後ろを走らさせてもらいました。激細道も華麗に走ります。さすがMTBに走り慣れた走りです。ゴール近く、梅林をバックに撮りました。その先の県道でSSKさんと別れました。またお会いしましたらお声がけください!
ブログへのコメントありがとうございました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/02/16(日) 16:38:29|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0209 奥武蔵里山ツーリング 4本目

時刻は14:20。時間があるので4本目はデザートコースの古刹-ぶな山コースを走ります。ピックアップ即DHのお気楽コースです。お気楽過ぎて画像がありませんので、一部副会長の秀作MOVIEを拝借しました。
走行距離 -.-Km 累積標高 + m - m 所要時間 -h-m 記録なし
親父指標 体力:2 技術:2 快適:4 景色:4 総合満足度:4
まずは古刹までピックアップ。ピックアップ路の一部は崩れていましたが、通行に支障はありません。


新旧迷車でピックアップ。影が長くなっています。すぐに下ります。


いつもならドンケツを走る親父ですが、動画を撮られちゃ仕方がない。死んだ気になって先頭を走ります!


ノンストップで岩場まで来ました。やっと後続の写真が撮れました。老体に鞭打ってご苦労様です。


今回のMOVIEには気を使ってCUTしてくれた、いつものチェーン直し。今回は1回でした。画像不足なので追加です。


この景色を見ながらロングスイッチバックを下ります。ここは快適です。


オレンジが目立って撮影に映えます。


スイッチバックなので上からの撮影もできます。


山坂さんを追って撮影中の副会長が来ました。


下にオレンジのハッシーさん。スイッチバックならではの風景。


スイッチバックの最後、斜面を滑走する親父動画。個人的に一番気に入ったシーンです。


菜の花畑が見られる展望台で一休み。シンボル像です。


梅の老木に花が咲いていました。ゴールの駐車場まではあと少し。これで予定していた4本終了です。


今回副会長が編集したMOVIE「山岳爆走隊 奥武蔵ショート4本編」は秀逸でした。お疲れ様でした。
一般公開はこのタイトル画面のみとなります。すいません、あとは著作権者にご相談ください。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/02/16(日) 09:50:30|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
次のページ