FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

山岳爆走隊告知 2020-0202 北武蔵トリプルヘッダーツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
スポンサーサイト



  1. 2020/01/30(木) 22:53:38|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2020-0119 ちょっぴり雪山ツーリング てれたま-ねんきん編

使えそうなピックアップ林道と、昨夜に降った雪の影響が少なそうな北武蔵の低山に行きました。
1本目はてれたま山からねんきん山をつないだロングコースです。
走行距離 12.6Km 累積標高 +584m -924m 所要時間 3h57m
親父指標 体力:3 技術:4 快適:4 景色:3 総合満足度:4
ピックアップ林道は2カ所ほど法面が崩れた跡がありましたが、土砂は車が通れるくらいがどけられていました。てれたま山上部になると雪が路肩や木々に積もっていました。


てれたま山山頂に雪道を登って行きます。


山頂からはビューポイントの三叉路まで尾根道を下ります。木の根は水を吸ってとても滑りやすいです。


走るたびに違うコンディションの中を走るのはMTBの醍醐味です。 はるばる雪がない雪国から遠征してきた来た越後屋さんも満足です。


ビューポイントの三叉路で記念撮影です。雪が降ったなんて嘘のような温かさです。


樹々に付いた雪が解けて、まるで雨のように滴が落ちてきます。


滑空場跡に寄り道をしてから尾根に登ります。これから難コース始まりです。V字直滑降は滑りやすく、とてもデンジャラスです。


雪の中の悪魔の喉笛は初めてです。最難関の後半部は流石に厳しいです。


四等三角点がある尾根を走ります。ここまで下ってくると雪はありません。


峠を越えて史跡へ向かうトレイルを快調に走ります。


史跡に到着、ここで小休止。風が吹いていてしばらくすると冷えて寒くなります。


集落内を望む神社の社があります。3体の社があり、一つは稲荷神社でした。


石の階段の参道を下って車道に出ます。振り返って祠を望みます。


裏山からねんきん山に登ります。途中で炭焼きの作業をしていたご夫婦に会いました。


北のピークを迂回します。ここは激狭道です。親父は以前谷側に落ちたことがあります。今回初めてツーリングに使いました。この先は超快適な尾根道コースです。


ここは展望コースのビューポイントです。


マイナーコースに入り、下って行きます。最後の丸太橋です。細い道が怖いイノッチが橋を渡ります。


STが終わり、近くの円筒分水施設を見に行きます。珍しく水が溢れていました。


畑道を通って集落に入ります。ゴールの駐車場近くのお寺の参道から書道を望みます。13:40やっとゴールです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/01/28(火) 22:33:03|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0112 奥武蔵Wヘッダーツーリング どんぐり山編

レポートが前後してすいません。この日の2本目のコース、林道DHコースです。相当荒れたコースで驚きました。
走行距離 9.7Km 累積標高 +138m -813m 所要時間 1h30m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:4 景色:3 総合満足度:4
2本目も同じ場所にピックアップします。1本目と違って滑空場には滑空者が大勢下りました。これから林道に入って行きます。


林道の走り始めは道は荒れていなくて調子よく林道を下って行行きます。一旦谷に入ると道路崩壊が顕著になってきます。最初道路を塞いだところです。


路面は枯葉でいっぱいです。すぐに・・・


突然道路が消えた!!!土が流されて地中に埋まっていた沢の水を流す土管がむき出しになっています。深さ3mは削られています。


手渡しで自転車を引き上げます。


その先には山林火災跡になります。


伐採跡を見るといかに大規模な山火事かわかります。我々も火の取り扱いには細心の注意を払わなければ。


山間部の集落を抜けて再び林道に入ります。写真は快適な場所ですが、これから先に親父が嫌いなダラダラ上りがあります。(泣


林道を走り終え禅寺前に着きます。ここからこのコースのハイライトのSTになります。快適すぎて画像はありません。
上り返して再び終盤のDH。途中で見晴らし委の良い所で景色を楽しみます。この先はロングスイッチバックとなります。


先回りしてロングスイッチバック走行を撮影します。フルサスに慣れてしまったフランスさん。


次にショートストロークの新車を持ってきた越後屋さん。


折り返しもチェックできます。


裏道を通ってゴールの駐車場へ向かいます。もう少しです。お疲れ様です!!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/01/27(月) 21:00:00|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0125奥武蔵おこしWヘッダーツーリング メジャー尾根コース編

駐車場で昼食を取り、二本目に入ります。一本目と同じところにピックアップして尾根道まで上ります。
走行距離 5.7Km 累積標高 +170m -549m 所要時間 1h15m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:4 景色:2 総合満足度:4
林道を上り始めたときに見つけたフワフワの花の種です。一見風花のようです。 では、スタートです。


何て言ってる間にメンバーは上って行きます。


ズバリ見晴台手前の尾根に入ります。


尾根道を走り始めます。もう疲れたのでどっかりサドルに座ったエコライディングです。


この尾根道は快適そのものです。イノッチも満足そう。


超、久々に沢渡りのコースに行ってみます。この時期しか藪化して行けそうにありません。降りた沢は台風の影響で登るのが大変です。


沢を渡った廃林道を走ります。と言いたいですが、倒木・藪化して走れません。


下りは十分走れました。しかし、このコースはないな。ロード走りして集落内に入ります。


また寄り道をします。上り道、また離されます。


WTの終点で待っててくれました。これからマイナーな峠に向かいます。


峠道は岩場の九十九。下ったら楽しいだろうなと思いつつ、一回も下ったことはありません。


峠道を下ります。


マイナー道を一気に下ります。


最後のSTです。


集落に出ました。こんな橋、渡れませんけど。集落内を抜けてゴールの集落へ。今日はこれで終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/01/26(日) 17:56:45|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2020-0125奥武蔵おこしWヘッダーツーリング

台風の影響で奥武蔵グリーンラインが使えなくなった現在、走れるコースは限られます。今回は大みそかに走ったコースを含むエリア2コースを走ります。今回は地元のMTBerのOZさんにお会いして、記念写真を撮らせて頂いたので先行で記念写真をアップします。
走行距離 10.3Km 累積標高 +407m -809m 所要時間 2h56m
親父指標 体力:4 技術:4 快適:4 景色:4 総合満足度:4
ズバリ見晴台にて。


ピックアップ林道は土砂崩れでズバリ見晴台手前で不通。ここで下車して古木コース分岐まで林道上りです。


ここが土砂崩れ現場です。大みそかに通った時より小枝が切られて通り易くなっていました。


流れ出した土砂で荒れた林道を歩いていると、大晦日にお会いした地元のMTBer OZさんと再会しました。話が弾みズバリ見晴台で記念撮影させていただきました。画像はTOP画像です。この後地元のトレイルコンディションを教えて頂けるとのことで、ありがたいです。
見晴台からの景色です。日差しが出ればもう少し暖かくなると思いますが、なかなか晴れてくれません。風がないのが救いです。OZさんとはここでお別れです。


古木分岐まで上ってきました。いつも下っているSTを上るのは初めて。


古木コースに入ります。岩壁からこれから先の難コース、奥の尾根道を望みます。


木の根の奥の尾根道を下っています。ここは台風の影響はないようですが厳しい道です。


久々に26で走る副会長。前回は赤羽忘年会ツアーに使用。極端な使い方です。


前半のハイライトのためらい坂に到着。まずは下見してチャレンジできるコースを確認します。イノッチは先行してカメラマンと化す。


まずは親父かチャレンジ。あえなく杉ドンで終了。見た目より急傾斜でコントロールが難しい。親父の人車一体走行も通じず。


副会長も同コース取り、もう少しだったが杉に阻まれる。コースは読み切ったようです。難所の後の傾斜もこんな感じで気が抜けません。


フランスさんも同ポイントで転倒。一番派手でした。あいにく撮影できなかったのでその後のカッコいいところをアップします。


ためらい坂を下れば快適な杉道を走ります。たまにはこんな楽勝部分がないと体が持ちません。


展望地の手前で見つけた穴掘り名人、イノシシ君の掘った穴です。一番狭いトラバースの脇にあって邪魔です。


展望地につき小休止、アンパンタイムです。もう親父、ここまでの上りに心臓バクバク、天にも昇る気分です。(笑


これから小ピークに上ります。ここが辛い!最後尾からイノッチに付いて行きます。


小ピークの手前でショックな風景に会いました。いつも休憩の目印にしていた大モミの木が倒壊していました。それもねじれるように!元気な幹だったのに不思議です。大きさが分かるように、フランスさんが注意を払って乗ってくれました。幹の長さは20m以上もあり、トレイルを塞いでいます。


倒木を迂回して小ピークに上り、一気に下ります。これからも走り易い道が続きます。写真は快調に走るイノッチと動画をを撮っている副会長です。前回の副会長の大晦日ツーリング動画、モリなしの出来、最高でした。


竹林を抜けて、かつてのお寺まいりに入ります。台風で一面竹の葉道だったのが飛ばされたようです。


石仏前に小休止チョコスナックタイムです。


またまたススキの広場で小休止。親父のペースで小休止が多い。


古木の複数ある幹の1本が折れています。前回見ていたのでショックはありませんが、やっぱ悲しいですね。


親父の好みで古木からの沢道DH迂回コースを下って沢道DHと合流します。ここの沢道のガレ度合いはひどすぎで、FRの親父車には人車とも辛すぎです。


ST最後の部分です。予定では小ピークに再び登り、走り応えのある林間コースを下る予定でしたが、ここまででコースを満喫したのですっかり忘れました。これからロード走りになります。


この時期ロード走りは流石に寒いです。もう少しでゴールの駐車場です。これで午前の部終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/01/25(土) 22:33:26|
  2. ツーリング
  3. | コメント:5

山岳爆走隊告知 2020-0125 おこしWヘッダーツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2020/01/23(木) 22:54:50|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2020-0112 奥武蔵Wヘッダーツーリング 裏おまいり道コース編

昨日に続いてツーリング、もちろん日帰りです。どうしても車中泊をしたかったフランスさんお誘惑を振り切って日帰りツーリングです。今日は3コースを予定しています。1本目は滑空場からお寺まいり道のLONGコースです。一番心配なのはピックアップ道です。
走行距離 10.8Km 累積標高 +300m -962m 所要時間 2h48m
親父指標 体力:3 技術:4 快適:3 景色:4 総合満足度:4
気になったピックアップ路は応急対応でなんとかピックアップできました。日差しが出て、真冬とは思えない暖かさです。ここで記念撮影します。


滑空場からは新宿の高層ビル群がよく見えます。


望星に登ります。山頂直下、見た目は天に昇る感じ。


望星からの眺め。ここから北斜面を下ります。


七転び八起峠から旧ハイキング道を下ります。モーターサイクルが入ったようでコースが広くなり、走り易くなっています。調子よく下ったところ逆キャンバーになっていて、20年初転倒です。


林道に出ると材木の山です。後で理由が分かります。


休憩舎から旧ハイキング道に入ります。急斜面を下ります。


チャレンジしましたが、あえなく轟沈、2回目の転倒です!!


続いて裏おまいり道に進みます。


裏山から一気に下ります。


絶好調!!


古刹に出ました。


寺院内にある蝋梅園です。いい香りが漂ってきます。


気によって色ずきが違っています。


旧おまいり道を走って行きます。これが最後のSTです。


旧道を走ってゴールの駐車場へ。 狭い路地を通り抜けるとゴールです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/01/20(月) 23:09:24|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2010-0111 20年初走り発破山Wヘッダー LONGコース編

1本目のアプローチは効率が悪く、ぐるっと林道をまわります。ここで2本目に下ってくる下山口を確認します。ドライバーピックアップ途中の山里の公園で昼食を取ります。日差しがあってのんびり昼食が取れました。 2本目も1本目と同じ場所にピックアップです。
走行距離 5.3Km 累積標高 +334m -686m 所要時間 2h01m
親父指標 体力:4 技術:4 快適:2 景色:4 総合満足度:2
途中までは1本目と同じコースを上ります。


山頂まで行かずに下って行きます。


1本目と分かれて尾根道を走ります。見晴らしの良いところで今回使用の自転車の写真を撮ります。トラ車は半年ぶりかな。


急登、鎖場ありとのコース案内のとおり、ほぼ垂直下降がありました。この横は20m位の断崖になっています。


尾根道だけあってアップダウンが続きます。下りは難度の高いところが多いです。


途中にこんなツルがありました。


このピークは辛かったです。


登って記念撮影。


ピークからの景色は素晴らしいです。約13ピークで時間がかかりました。


まだまだ難路が続きます。親父は途中で疲れてしまって歩き始めます。フランスさんはトラ車の感覚が戻ってきたようで、果敢にチャレンジしてます。


15:30登山口まで戻って来ました。いやー疲れました。ピークが多すぎです。勢いでコース選択をしたのが失敗でした。次はないコースです。・・・忘れなければ(笑

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/01/18(土) 09:26:43|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2010-0111 20年初走り発破山Wヘッダー 予定通りコース編

年の始めのツーリングはここから始まります。親父が昨年探索した発破山他、北武蔵エリアのちょっと難しいコースを走ります。そこでフランスさんは久々にトラ車でチャレンジです。普段フルサスで走っているので、体力が持つでしょうか。
走行距離 6.2Km 累積標高 +367m -678m 所要時間 2h11m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:3 景色:4 総合満足度:4
1本目の発破山は山頂の展望が素晴らしい山で、直下の九十九が腕試しコースとなります。 林道の広い路肩にピックアップして山頂を目指します。


いきなり山頂へ行かないで、ウオームアップで快適道の周回路を走ります。


周回路でのシングルトラックの終点で、お地蔵様が祀られています。


周回路を終え山頂へ向かいます。山頂近くは木の根のヤセ尾根で、ちょっとデンジャラスで走れません。


山頂に到着です。ハイカーさんはおりません。初めて登ったフランスさんはこの山頂の景色に感激しています。まずはここで記念撮影。後から上って来たハイカーさんからLONGコースの情報を得て、1本目を走るついでに確認することにした。


山頂からの下り、ガレのスイッチバックにフランスさんがトラ車でチャレンジ。フルサスに慣れた感覚を戻すのに苦労しているようです。


山頂付近を周回して別の尾根に下ります。目の前が名所の岩山です。この辺りが急で階段。押して下ります。


その先は快適道です。サドルなしのフランス車では結構つらい。


山頂で会ったハイカーさんが教えてくれたLONGコースとの分岐、ここで見つけたガの幼虫?の巣です。ちょっとLONGコースの様子を見てみると行けそうです。2本目はここに挑戦することに決定!


午前の早かった時間だったので下山コース上にハイカーさんはおらず、緩いコースでもんびり走ります。


ゴールはもう少し。フランスさんにはトタンの柵がトラウマになっているので慎重に走ります。もうゴールは近くです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/01/16(木) 23:10:24|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊告知 2020-0119 てれたまツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2020/01/15(水) 23:07:44|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー
次のページ