FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

2019-0929 長淵とテレタマツーリング

天気予報がかなり微妙な予報だったので、当初予定していたなつの山ツーリングを地元県北エリアに変更した。AMは長淵のはっぱ峠の2コースを予定していたが、ピックアップしたところでトレラン大会が行われていて、急きょコース変更して日向道を2本走りました。まず一本目。その前にフランスさんが今日、フルサス車に変わりました。
このエリアは今年2回目、親父的には最も近いエリアの部類に入るが、高速コースが多いため、難路をチマチマ走るのを好む親父としては評価が渋めのコースとなります。
走行距離 3.8Km 累積標高 +75m -370m 所要時間 0h39m
親父指標 体力:2 技術:3 快適:3 景色:2 総合満足度:3
峠まで上り、メインの尾根道からすぐ分岐します。1本目は後ろからフルサスジャイアンとコンビのプレッシャーを受けながら先導します。途中から先頭を譲ると、あっという間に姿が見えなくなりました。


初のフルサス車に乗ってご機嫌なフランスさん。


フルサス車を持ってきてくれた、初孫ができてこちらもご機嫌な越後屋さん。


2本目もトレラン走者がまだいるため、1本目と同じコースを下ります。途中で親父が5年ほど前に倒木と藪で断念したコースにチャレンジしました。
走行距離 4.0Km 累積標高 +98m -335m 所要時間 0h53m
親父指標 体力:2 技術:3 快適:3 景色:2 総合満足度:3
最初から親父は最後尾を走ります。


このコースでは珍しくキノコが生えていました。


フランスさんがフルサス車での担ぎのデモンストレーション。旧車のハードテイルより担ぎ易いとの感想。


新コースのおまいり道、この道は短いが楽しい道。この先はどうなっているのか、不安を抱えて進んでいきます。


フランスさんも快調に下って行きます。


沢に向かって下って行きます。数年前、この辺りで親父が藪が凄くて断念して、戻ったポイントです。


沢を渡ります。何とかコースを攻略できそうです。


1本目のコースと合流しました。ガレ道を下って行きます。


ダートが終わったところに小さな石仏がありました。風化の度合いから古そうです。


裏道を通ってゴールの駐車場へ向かいます。途中にきれいな曼殊沙華が咲いていました。 これで2本終了で昼食を取ります。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/09/30(月) 22:54:29|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0922 よこすみ山と発破山ソロ 発破山

デポ地で昼食を取っていたら山頂にいたパーティーのハイカーさんが下りてきて、ちょと会話。するとみなさん、親父と同じ深谷から来たとのこと。登山口の駐車場に車がなかったことからバスを乗り継いてきたんだ。ご苦労様です。
次に気になっていた山発破山。25年以上も前、親父がMTB初心者の頃に一度上った山で、特に印象に残っていないので当時は乗れていなかったと思います。この時間ならハイカーさんもいないので、しばらくぶりに行ってみます。
走行距離 5.9Km 累積標高 ±449m 所要時間 2h03m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:3 景色:4 総合満足度:3
有名な温泉を横目に通り過ぎて、広い路肩にデポします。そこから100%押し上げです。入口は変わった道です。全く当時の記憶はありません。


30cm以上も丈のあるキノコを発見。


感じの良いグリーンロード。通り抜けると車道があり、がっかり!


車道から再び登山道へ。ちょっと厳しい道になってきました。


ランドマークの岩です。この周辺は急傾斜が多く、階段が多いです。


これは変わった親子キノコ!


山頂付近のヤセ尾根。一部木の根の部分が怖くて乗車できず。


15:35頂上に到着です。まずは目の前に広がる大パノラマ(ちょっとオーバーかな)に感激です。しばし休憩、もちろん山頂には誰もいません。 
当初の予定では隣の峠まで行きたかったのですが、一旦急坂を下らなければならないので諦めました。


時間も遅いので、一気に下って行きます。走り易い道なのであっという間に中間地点のこの民家まで下れます。


デポ地すぐそばの蕎麦畑です。もうすぐ新蕎麦の季節ですね。閉館した温泉の脇を通ってデポ地に到着。今日の探索は終了です。


帰る途中で秋の七草寺のうち、親父の気に入っている3寺を巡ってきました。 
ここが一番気に入ったいる女郎花のお寺。こじんまりしたお寺ですが女郎花がたくさん生えており、見ごたえがあります。


ここは桔梗のお寺。現在この一株しかありませんでした。一番がっかりしたことです。


尾花のお寺です。尾花の似合うとても渋いお寺です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/09/30(月) 04:10:21|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

2019-0922 よこすみ山と発破山ソロ

北武蔵の名峰よこすみ山と発破山を自走します。1本目は今年3度目のよこすみ山である。ツーリングとして使う場合どこに車を置くかを探してトライをしています。
走行距離 5.9Km 累積標高 ±429m 所要時間 2h27m
親父指標 体力:3 技術:4 快適:4 景色:4 総合満足度:4
登山口まで行ったが駐車スペースはなく、最後の集落内に広い路肩があったのでそこにデポする。もっと上にも広い路肩はあったが、コミュニティーバス(予約式運行)の回転場になりそうなので諦めました。
人気のない集落内を上って行き最後の民家を過ぎると、登山道まではあと少し。


登山道に入ると直ぐにヌタバが見えます。


沢沿いの道、倒木が沢にあります。登山道は狭いですがしっかりしているので、帰りは乗車可能です。MAPには歩きなれた人向きのコースとあります。狭い上すぐ沢なので、踏み外すと危険と言えば危険です。自転車でも同様で、初心者は怖くて走れないでしょう。


峠に到着です。反対の尾根道の先に集落があるので、かつては生活道として使われていたかもしれません。


寄り道をして名勝の岩へ行きます。2回目に行ったときに、WTの案内にこの名勝の名前があったので、別の道があるのかの探索も兼ねています。結果はほかの道はなく、ピストンとなりました。


再び峠に戻ってよこすみ山の尾根道を進みます。尾根堂脇に白いキノコが生えてました。


伐採地の下部、STは下りにとって置いて上りはWTを走ります。


伐採地の上部に着きました。見晴らしがイイです。ここから再び登山道に入ります。


登山道には野アザミが咲いていました。蝶が多く飛んでいました。


山頂に向かう登山道はかなりのレベルの難路になります。すぐに山頂に通じる尾根に着きます。


山頂に到着です。20名程のハイカーさんが昼食を取っています。


山頂からの景色。ハイカーさんが多いのでそそくさと引き上げます。


下りが楽しいです。切り株が行く手を阻み、テールホップして細かなターンをしないと走り抜けられないんだ。ショートカット出来ないので唯一走れる走法なのです。3回目のチャレンジで今回足つき1回、一番よかったです。いやー充実感のある下りでした。
再び伐採地に出ました。上りはWTで迂回したSTです。ここからのSTも楽しみです。


伐採地のSTも難路であるが楽しかった。伐採地の下部で分岐のSTを見つけて探索したが電力鉄塔で終了でした。戻って上って来た時の沢道を下って、一気に集落に戻ります。上って来たメインの道から外れて集落の小路に入ります。


空き家の脇を抜けて集落の外れに来ました。振り返った集落の風景。見える家々はほとんど空き家です。集落に入ってデポ地に戻ります。これで一本目を終了します。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/09/28(土) 11:48:10|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

2019-0915ちゅうじWヘッダーツーリング PMコース編

AMコースが意外と時間がかかったため、ゴールの駐車場で昼食を取ります。思ったより体力を消耗したので、二本目は予定のコースの半分から走ることにしました。
走行距離 4.8Km 累積標高 +62m -472m 所要時間 1h11m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:3 景色:2 総合満足度:3
ちゅうじ山の中腹の広場にピックアップします。ここにはよくDHerがいますが、今日は一人もおりません。


食後の上りは辛いです。足取りも重く。


これからDH、ブラインドからの下りでハッシーさんドロップオフでスリップして転倒!


今度はイノッチがスローパンク!


パンク修理完了でリスタートです。


これは何でしょうか? キノコです。こんなきれいなキノコは見たことがないです。


ここも地図上ではSTです。前回はサイドが走れて楽しかったのですが、今回は斜面が滑りやすくて乗車率30%くらいです。


V溝道からWTに合流してゴールに向かいます。


ドライバーピックアップ後解散です。上州の山々の夕焼けがきれいです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/09/24(火) 21:21:11|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊告知 2019-0929なつな山Wヘッダーツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2019/09/23(月) 22:42:22|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2019-0915ちゅうじWヘッダーツーリング AMコース編

今年2回目のちゅうじツーリング。今回は大型台風の後のトレイルの状態が心配であった。予想は的中し、AMコースは谷・沢は豪雨の影響で削られ、一部は斜面の崩壊もあった。
走行距離 13.3Km 累積標高 +185m -1264m 所要時間 3h22m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:2 景色:3 総合満足度:3
峠の駐車場からSTに入る。かなりのウエット状態である。


数年間水がなかった火口跡には思いがけず池になっていた。畔の草には体長1cm程度の小さなアマガエルがたくさんいたが、取りそびれてしまう。今日はこの5人で走ります。


STは笹薮になって路面が見えず。倒木を予想して走ります。


避難小屋トラバースを1/3行った急坂、息が切れます。


思いがけない倒木地帯。踏み跡がほとんどないことから1週間前の台風の傷跡の可能性が大きい。令和元年の崩壊です。


こちらは平成の大崩跡。崩壊地が洗われて滑りやすくなっており、100m下まで落ちそうで横切るのが怖いです。


渡り切った所に生えていたキノコです。


数か所の急坂を上ります。足元が滑りやすくて難儀します。


やっと避難小屋の広場に到着です。いつもの定点記念撮影。


十字路前のガレガレ道がもっとひどくなって、ほとんど乗れません。


こちらは十字路跡の笹道です。何本か沢を渡りますが、かなり荒れていました。


笹林を抜けてWTに出ました。ちょっとホッとしました。


WTから再び滑りやすいST、キャンプ場裏の道を走地ます。奥に倒木が見えます。ここで倒木を見るのは初めてです。


松林のおまいり道でゴールに向かいます。どっと疲れた一本でした。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/09/22(日) 08:50:10|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0908 時のかわWヘッダー どんぐり峠コース

午後に降雨の予報が・・・天気が持っています。 これならもう一本ということで、同じ駐車場へピックアップします。WTでのDHコースです。
走行距離 9.6Km 累積標高 +97m -754m 所要時間 1h03m
親父指標 体力:3 技術:3 快適:4 景色:3 総合満足度:4
雨が降らないうちに、すぐにスタートします。


WTの高速DHコースです。途中で思ってもない風景が・・・


焼けた樹木は伐採されていました。空が広く見えます。


旧ハイキング道に入ります。入口はこんな藪籔です。下はドロップオフのトラップが。


快適な林道を下って行きます。この先は上り返しの林道です。


ダラダラ上り、皆に置いて行かれます。


WTからSTに入ります。ちょっと休みたいのですが、天気が崩れそうなので進みます。


快調に下ります。ここは大きな倒木。横を走れるようになりました。このあとはV溝で走りにくかった道が土砂で埋まって走れるようになっていました。


最後のピーク、ブナ山山頂に生えていたキノコです。


大きなスイッチバックの斜面を下りSTを終了します。


裏道を通ってゴールの駐車場へ向かいます。なんとか雨に降られずに終わりました。


帰りにシュウカイドウの群生を見に行きました。


久々に山荘を見に行きました。しかししばらく開かれていないようです。残念です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/09/10(火) 22:56:47|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0908 時のかわWヘッダー 古刹コース

台風15号来襲のため予定を変更して近場の時のかわエリアに変更しました。天候の急変が予想される午後のコースは、ショートカットが何か所かでできるコースを選定しました。1本目はいつものロングコースです。
走行距離 10.4Km 累積標高 +261m -893m 所要時間 2h35m
親父指標 体力:3 技術:4 快適:4 景色:3 総合満足度:4
頂上広場の駐車場にピックアップしてスタートの準備をします。準備を終えた眼下にパラグライダーが飛んでいます。


駐車場から望星に向かいます。山頂まであと一息。


山頂で記念撮影。今日はこの四名で走ります。


山頂からの景色。怪しい雲が浮かんでいます。


峠に下る急斜面、ウエットで転倒の危険があったので一気に降りず、確認しながら慎重に下ります。


旧ハイキング道へ入ります。ところがこちらの道はハイカーさんがほとんど利用していないので藪籔。強引に下って行くと木の根で滑って転倒です。地面に落ちていたいのではなく、棘の枝に当たって痛かった~。


藪から出てきてまた旧道の藪に入ります。 棘の枝が当たり顔がひりひりします。


峠に出ました。ハイカーさんは一人もいません。台風が接近しているので控えたんでしょう。峠で見つけたヒナギクです。


峠からの旧ハイキング道に入ります。こちらも藪化は進んでますが、なんとか走れます。出口だけはこんな感じでダメです。


林道を走って次の旧ハイキング道へ向かいます。道端のススキが晩夏の感じがします。


旧ハイキング道へ入ります。ここは一番急傾斜の難所です。今日のコンディションはちょうどいい感じで、親父は久々に一発クリアできました。


フランスさんも果敢にチャレンジします。ルートが親父と違います。


一旦下って上り返します。暑さもあって苦しいです。


裏おまいり道へ入ります。緩やかな上り基調の道です。


上り返しで親父は歩きに入ります。 あとからのメンバーに抜かれます。いつものことです。


ピークで休憩するイノッチ。止まっていると決まっているんですけど・・・・(笑
もちろん走っても!


ピークの先の難所です。思ったより木の根が滑りやすかった-。


STを下り終えたところで記念撮影です。


稲が育つ裏街道を走ってゴールの駐車場へもう少し。雨が降られず1本目終了です。
  1. 2019/09/08(日) 22:54:09|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊 告知  2019 0915 ちゅうじWヘッダーツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2019/09/08(日) 06:58:39|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2019-0901わさび山Wヘッダー 隣の尾根編

わさび山Wヘッダーは麓の駐車場で昼食を取った後、同じところにピックアップして、途中から隣の尾根に向かうコースに行きます。しばらくぶりに行きます。
走行距離 9.3Km 累積標高 +258m -976m 所要時間 2h44m
親父指標 体力:3 技術:4 快適:2 景色:3 総合満足度:3
AMと同じまずは登ります。2本目は別ルートで上り始めます。スタート直後に見つけた白いキノコが群生していました。


山頂に向かって、足取りも重く。


山頂に到着。すぐに下り始めます。


山頂直下の難所。急傾斜の岩場を果敢に攻める副会長、見ている方が怖い! 中盤まで来て転倒です。


救出に向かうフランスさん。幸いここでは怪我はなかったようです。


ハッシーさんもいい具合に下ってます。


終盤も見た目より厳しかった。 これは痛かった!!


途中から午前のコースから分岐します。一気に急斜面を下ります。所々に出てくる木の根がとても滑りやすく、皆難儀しています。(笑


親父フロントが滑り、今日初めての転倒!


イノッチ調子よく下ってます。


自転車から下りててもこの通り、滑ります。やけくそ気味です!!


変わったキノコ。火焔ダケではないと思いますが、触れないようにします。


目印となる山名ポイントです。何とか迷わずにこれた。(ほっ


やっと中間地点の林道に出ました。


ここまでで疲れ果てました。チョット走って快適になるはずが・・・記憶では。


林道を思ったより走りますね。記憶より多めです。 現在は通行止めの閉鎖林道らしく、車が走った形跡がありません。


再びSTに入ります。激細尾根道です。モーターサイクルが入って掘り返した轍でとても走りにくいです。


走りにくい岩場道を過ぎて杉林の木の根道に親父疲れました。なんと途中からWTとなってSTが消滅してました。そのWTがとても走りにくい。走り終わったら入口が盛り土され、車が通れなくなっていました。


ゴールの駐車場までしばらくオンロード、途中の自販機でクールダウンです。あ〜生き返った。なんとか2本終了しました。今日の副会長はかつての爆走隊で言えば”転倒キング”級でした。お大事に。

一連のわさび山Wヘッダーツーリングレポートにはフランスさん、副会長の画像も使用させていただきました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/09/07(土) 14:33:16|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
次のページ