FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

2019-0825 おこし古木コース+αツーリング

天気が不安定なため、すぐ引き換えすことができるいつもの低山に行きました。いつもは午後に走るコースですが、雨の心配があるので午前にスタートです。
走行距離 10.1Km 累積標高 +298m -903m 所要時間 2h51m
親父指標 体力:3 技術:5 快適:3 景色:3 総合満足度:4
ピックアップ路はかなり水が流れた形跡があります。厳しいDHが予想されます。空き地にピックアップしてスタートです。最初の小ピークの上り。すっかり意気が切れてしまいました。


今回は午前中から難コースを選択しました。まずはJET坂、後半滑りやすかったのですが何とか乗車できました。


奥の尾根道前半部の激狭トラバース、浮石が多くかなりデンジャラスです。


木の根の尾根部、今日のコンディションは最悪で、転倒防止のため2,3度足つきしました。浮石とドロップオフがひどすぎます。コースを変えてチャレンジしているフランスさんです。


ためらい坂を事前チェックします。 ちょっと広くなった気がします。モーターサイクルが迂回路を走るため、形状が変わって行きます。


親父・フランスさんとも1回足つきをしてしまいました。ルートをシミュレーションしていざ下ると難しい!


ためらい坂を過ぎると一気に難易度が下がり、写真の様なのんびりWTコースとなります。ハイカーさんのコースも、ためらい坂から上は迂回路の林道を推奨しています。


STに変わる前のWT分岐。今日はジムニー軍団はいませんが、こんなV字道をジムニーは上るから凄いです。でも木も道も削るなのでいずれ入山禁止になるでしょう。


キャンバーの岩ドロップオフでフランスさん転倒です。フロントが岩上で滑ったそうです。


木が生えて展望が利かない展望地で記念撮影です。ここで小休止です。


極小キノコが生えていました。


樅木の大木のバックにランドマークの山が見えます。


小ピークからの快適な下りのはずが・・・大きな枝がSTに落ちていて親父プチ転倒!


竹の葉を敷き詰めた竹林を通り、石仏地点に向かいます。


ここ最近のコース変更で訪れるようになった古木の幹が折れていました。ショックです!


がれがれSTを下ってSTを終了します。 予定ではもう一山まわる予定でしたが、ウエット状態のコースに疲労困憊でやめました。オンロードの走りでゴールの駐車場へ。午前の部終了です。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/31(土) 10:59:47|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0818 東北ツアー第三日目海鮮丼と宮城おれお

最終日は塩釜の魚市場の海鮮丼と奥松島エリアのポタリングです。8時前に塩釜の魚市場へ来て購入した具材で海鮮丼を造ります。


松島に入ったところ、馬の背を見たことがないというイノッチと前回子馬に渡れなかった?親父のために再度訪問します。
今回は歩きで馬の背に降ります。幅1mほどのくびれの部分が怖いです。


突端の割れ目です。いつもやることは同じ。


こちらが子馬です。前回親父がソロで行ったところは、途中の分岐を見過ごして岬の突端まで行ってしまったことが判明しました。
これでリベンジできました。これから奥松島へ車移動です。


宮戸島に入り宮戸の観光施設のハイキングコース利用者用駐車場にデポします。ここをスタート-ゴールにした約10kmのハイキングコースです。晴天で日向は暑かったのですが、流石観光地、見所満載で十分楽しみました。春/秋が最高でしょう。
走行距離 9.7Km 累積標高 ±341m 所要時間 3h14m
親父指標 体力:3 技術:2 快適:4 景色:5 総合満足度:4
スタートの観光施設から一気に山に登ります。津波の避難場所でもあります。ここは帰路との分岐を走ると隣の集落へ向かう途中の切通です。歴史を感じさせます。


隣の集落が見えました。ここは大規模な貝塚が発見されたところです。資料館もあります。


ちょっとした街中を抜けて丘陵地帯に入ります。ハイキングコースの案内が分かり難く、ちょっぴり迷いました。 日差しが暑いので、木陰で小休止です。


無人の浜に出ました。小型の漁船が5隻ほど浜につながれていました。


平らな場所に小さな岩山があちこちにあります。ここは陸の松島と言われる場所です。


新浜と展望台とに分岐する三叉路です。


展望台に向かって上ります。


展望台の公園です。眼下に新浜の海水浴場が見えます。声が聞こえます。展望台にいた家族の話では、このエリアで海水浴場が開けたのはこの新浜だけだそうです。その先に海に飛び出したところが新浜岬だそうです。


新浜に向かうのに来た道を下らず、浜に直接下る道を選択する。階段だらけで乗れず残念!! 賑わう新浜海水浴場です。盗撮だと思われない様さっさと撮影して通り過ぎます。


民宿の脇の旧道を上って行きます。両脇の竹でトンネルのようです。新浜岬の展望台へ向かいます。


新浜岬の根元にいます。これは凄いです。高さ10m以上で歩くのに平らな部分がなく、ナイフエッジの斜面を歩かなければならず、ほんと!怖いです!! イノッチは早々にパス宣言。フランスさんと親父が歩いて向かいます。


突端部から帰路のフランスさんを撮影しています。いま歩いている部分が一番きついところです。 見えない反対側は垂直に切り立った崖になっています。


コースガイドに寄れば最後の山のはずが、ピークが2か所あって暑さと合わせて精神的に参りました。若い?二人に置いてけぼりになりそうな親父です。


やっと山頂です。展望地として有名らしく、休んでいると観光客が数グループ上ってきました。案内板を見ると松島四大観の一つ「壮観」でした。ここで東北ツアーの締めくくりとして記念撮影をします。一気に下ってゴールとなります。
観光施設の食堂でクールダウンを兼ねた昼食を取って2泊3日の東北ツアーを終了します。

東北ツアーに開催にあたって、仙台別宅の2泊とコースの選定をして頂いたフランスさんに感謝いたします。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/29(木) 23:28:06|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0817 東北ツアー第二日目THE おー古道

今回の東北ツアーのメインコースのTHE おーの古道ツーリングです。
走行距離 19.7Km 累積標高 +762m -1838m 所要時間 4h44m
親父指標 体力:4 技術:3 快適:4 景色:3 総合満足度:4
麓の温泉は晴れているのに、ピックアップした8合目くらいは霧雨の中です。これから山頂まで上って行きます。


谷側が火山ぽくなってきました。それにしても霧雨が強くなってきました。


障害物がない尾根では風が吹きつけてきます。こりゃ参った!


とりあえず避難小屋に退避です。


1時間17分で山頂の神社に着きました。強風で記念撮影のセルフ撮影ができず。飛ばされそうです。


強風でも花が咲いていました。


賽の河原風の所です。これからレストハウスに入り、当初登山道を下る予定が、あまりの強風と雨にロード下りに変更です。


デポ地までロードで戻り、麓の温泉まではハイキング道を下ります。ここが入口です。ホントに走れるのかは行ってのお楽しみ。


上部は木の根、岩で走るのが大変です。突然雨が降ったりで不快そのものです。


火山特有の溶岩の道は走りにくいです。


また雨が降って来た!!


道が沢になってしまったところ。


半分下ったところ、崖の方の部分です。ロープの先は崖です。この辺りから走り易くなってきます。


土が見えてくると快適に下ることができます。温泉手前まで続きます。何とかこのコースで合格点が取れそうになってきました。


鳥居まで来るとSTは終了で、これからロード下りになって温泉駐車場に到着です。


この日帰り温泉で汗を流します。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/28(水) 00:07:56|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0816 東北ツアー第一日目仙台近郊里山ツーリング他

フランスさんの別宅をベースとして、東北ツアーを2泊3日で開催しました。第一日目は移動日のため軽めの仙台の里山を走りました。
走行距離 3.6Km 累積標高 +185m -297m 所要時間 0h59m
親父指標 体力:2 技術:3 快適:2 景色:3 総合満足度:3   途中から雨が降って条件が悪くなったので点数は辛めです。
天気は怪しいが里山なので行けるかなということで決行しました! お寺の脇のハイキングコースを登って行きます。親父は押してます。


道端にこんなにきれいな小さな花が咲いていました。


フランスさんとイノッチはお揃いの緑のジャージです。もう少しでビューポイントです。


キノコも生えていました。今晩はキノコ鍋なんかどうかな。いや牛タンでしょう。


約18分の上りでビューポイントに到着です。この辺りから雨が降ってきました。


あいにく展望は見られません。雨が分ぶりになってきました。休んではいられません。


権現様に向かいます。上るのが苦しいです。


頂上の神社で記念撮影をします。


このコース一番の難しいところです。滑りやすい急傾斜です。ここを下ってゴールの駐車場です。


昼食はフランスさんお気に入りの山形肉そば籐七で食べます。


普通盛りでこんな感じ、食べても食べても減らない感じの量です。コシのある麺、おいしかったです。


雨で午後のツーリングは出来ないので仙台市内の観光に出かけます。ここは鐘崎 笹かま館2Fの切り絵作家藤城清治のメルヘンサロンです。


15メートルにわたり2300匹の魚が描かれている「海の世界」圧巻です!!


1Fでは笹かまぼこを自分で焼いて食べられます。 皮がぱりぱりで中はモチモチで美味しいです。


前回の東北ツアーで行った荒浜の小学校が震災遺構として残されていて、中を見学することができます。中はきれいに片付けられていますが、津波が到達した2F迄の傷みが激しいです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/26(月) 23:17:36|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2019 0901 山葵山Wヘッダーツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2019/08/26(月) 21:01:35|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2019-0813 友峰さんツアー2日目 五千円札の峠編

午後からエリアを移して5000円札の峠に行きます。中間地点から土砂降りになり眼鏡が曇って前が見えず、散々なツーリングになってしまいました。
走行距離 8.5Km 累積標高 ±522m 所要時間 2h32m
スタート地点で昼食を取ってスタートします。まずはトンネル出口の登山口を目指します。
親父指標 体力:3 技術:3 快適:2 景色:2 総合満足度:3 途中から土砂降りだったため評価が低い


担ぎながら上ります。途中の休憩ポイントで水のペットボトルを持ってくるのを忘れたことが分かりました。ショックです!! なるべく汗をかかない様ゆっくり上ります。


上り1時間で最初のピークに出ます。晴れていれば眺望が利くのですが、今日は全然ダメです。


その後30分で最高地点の見晴台へ到着しました。この辺りから雨が降ってきました。


分岐から土砂降りです。5000円の峠までは尾根道のアップダウンです。あまりの土砂降りで眼鏡が曇って2・3m前しか見えません。親父は初コースのため、ロストしないか不安な気持ちで走っていました。峠に到着しても肝心な富士山が見えません。
あとは下ります。コース自体は素晴らしいのでいつかリベンジしたいです。ずぶ濡れになってデポ地に帰ってきました。参りました。(泣


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/25(日) 23:09:34|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0813 友峰さんツアー2日目 三ツ山峠DH

友峰さんツアー二日目。午後の部があるため、珍しくピックアップします。友峰さんはここを自走するそうですが、これは厳しいと思いました。下りは友峰さんが太鼓判を押すところだけあって、下りのみなら満点です。
走行距離 12.7Km 累積標高 +504m -911m 所要時間 2h55m
親父指標 体力:4 技術:4 快適:5 景色:4 総合満足度:4
神社の駐車場にデポして、旧道経由で登山道入り口までピックアップします。そこからはオフロード4駆しか走れない超荒れたWTです。


1時間30分ほど上り、峠に近くの切り通しに入ってきました。


峠に着きました。ここで記念撮影。


ガスってなにも見えません。


快適な部分と悪路とが交互に現れます。飽きさせません。


第二の分岐です。ここからテールホップ天国になります。


素晴らしい友峰さんのテールホップターンです!


テールホップ天国の後は快適細道です。


登山口に出ました。そこから湖が見えます。


オンロードの帰り道。湖の畔を通ってゴールの駐車場へ戻ります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/24(土) 21:44:29|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0812 友峰さんツアー ふたこ山編

親父の帰省ついでに、富士宮の友峰さんに毎日の山走りの同行させていただきました。 まず第一日目です。今回のコースの2/3が親父が知らないコースです。
走行距離 11.3Km 累積標高 ±629m 所要時間 3h45m
親父指標 体力:4 技術:3 快適:4 景色:4 総合満足度:4
登山口にデポして自走になります。現在はマイナーな旧登山道になります。


遺跡に到着です。昔はここからが登山の出発点になるようです。


遺跡の中に入ります。3度目で初めて入りました。フラッシュをたかなければ真っ暗です。


途中は担ぎセクションとなります。


上ってきました。ここから水平方向に移動します。あいにくガスっていて遠望が利きません。この先は親父は初めてのコースです。


先行する友峰さん。ザレていて走りにくいです。


山頂に着きました。ここで記念撮影です。ここで昼食を取ります。風が結構あります。


花が咲いていました。


ここからDHの始まりです。


原生林の中を走って行きます。なかなかワイルドなコースで楽しいです。


車道に出てゴールの登山口へ向かいます。ちょっと距離があります。 ぶじ終了しました。


近くの天母の湯で汗を流します。露天では駿河湾・伊豆半島が見えました。


車中泊地の道の駅「朝霧高原」です。あいにく展望地から富士山は見えませんでした。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/24(土) 14:59:58|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0811 酷暑の中の悪路に挑むこんぺい尾根

友峰さん連チャンに備えて、自走であけび山を走ってきました。この時期こ自走は無謀か!
走行距離 17.7Km 累積標高 ±1039m 所要時間 5h43m
親父指標 体力:4 技術:4 快適:3 景色:4 総合満足度:3
ハイカーでごった返す駐車場をスタート、林道を上って行きます。スタートそうそうキツイ坂を押して上っていると、後ろからE-BIKEが悠々と上って行きます。公道で初めて見たー!!


ダムの上を蟻の列のごとく歩いていくハイカーさん。


ダムの水量が少ないです。


観光釣り場には朝から家族連れで賑わっています。ここは最上流部なので一見少ないのですが・・・


林道を上って行きます。釣り場を過ぎれば車の往来は減ります。法面に咲く小さなアジサイを見つけました。


ここが今年改修をした橋ですね。これで1ヶ月林道の開通が遅れました。


林道わきに落ちる滝が涼しげです。しばしクールダウンです。


見上げると夏空が暑そうです。この尾根を下るのかな。


途中で見つけた枝道に入ってみます。一見疎さそうですが、作業道で途中で消えていました。引き返します。


いつものピックアップ場所に到着です。今回車が入れないようになっていました。作業のためでしょうか?作業車が1台止まっていました。そこから頂上までは荒れたWTを上って行きます。上りの疲れと暑さで荒れ道が堪えます。


山頂までもう少し、ハイカーさんの声がします。


山頂に到着直前に女性のハイカー2人が下り始め、残ったハイカーさんは男性2人です。食事をとりながら談笑します。この山の登山口から上ってハイカーさんはこの2人だけだったそうです。満員のバスの乗客は全て対岸のメジャーな山に向かったようです。


食事を終え下りに入ります。難関の頂上直下の急斜面。超ドライでチャレンジできず、結局3回下りてやり過ごします。


中盤の難所の木の根斜面。ここは1回足つきで何とか下りる。ここを下りた途端、今までにない心拍数と体温の上昇を感じました。自己分析すると急傾斜はブレーキを頻繁に掛け、そのたびに息を止め、急傾斜なので途中で止まるわけにもいかず下るため、過度の負担がかかると推測しました。


岩が突き出たビュースポットで小休止です。


暑さにめげず走ります。


神社跡にて枯れ木と一体化のオブジェに!!


神社跡からは厳しい悪路。そこの木に生えていた不思議なキノコ。


こんなキノコもありました。キノコ三昧。


なかなか手ごわいコースですが、楽しいけど暑い!


今迄安全走行で転倒なしでしたが、ST終了100m手前の何でもないところで前転、何でもないところだけに痛かったー。
何とかゴールの駐車場に戻って来ました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/15(木) 08:11:52|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  夏休みメンバー予定

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2019/08/11(日) 10:20:48|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー
次のページ