FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

2019-0616 涙のよいとこ温泉ツアー

天気はあいにく不安定で雨が降ったりやんだりです。晴れ間も見えるんですが・・・
走行距離 11.9Km  累積標高 +409m -912m 所要時間 3h09m
親父指標 体力:3  技術:2  快適:4  景色:4  総合満足度:4
晴れ間を突いて温泉旅館跡からサイクリングコースを走ります。林道を走り始め、舗装はされてますが荒れが目立ちます。前回よりひどくなってなっています。


もう少し上ると土砂に埋まった林道はこの通り。


湧き水があります。例年より水量が多いようです。フランスさんが飲みました。その結果、おしっこが近くなったようです。(笑


温泉旅館跡の分岐に到着です。雨水の溝から撮影しました。ここからよいとこ温泉へDHです。


下り始め、こんな花が咲いていました。


ヤセ尾根部には立派な策ができていました。その他の危険個所にも転落防止の柵ができていました。


WTの下り、はねが上がらないように泥濘を避けて走ります。


沢に下って行きます。ケルンがいくつかあります。 賽の河原の様でちょっと不気味です。


サイクリングロードの休憩ポイントに咲いていた花です。


サイクルロードを出たところで雨が降ってきました。雨宿りをしてから睡蓮池へ向かいます。もう晴れてきました。


もう日が高くなっているので睡蓮の花は閉じかけています。残念です。


バックの人たちは釣りをしている人です。なんとここは釣り堀なんです。これからよいとこ温泉のシンボルに向かいます。


温泉街の中心真直で雨が本降りとなり老舗旅館の軒先で雨宿りです。雨が止んだので、この河原からゴールに向かうとまた雨、公園の休憩舎で雨宿り。あと300mでゴールの駐車場なのに。今度は土砂降りです。 雨が止んでゴールです。


スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/23(日) 21:03:38|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0615 涙のよいとこ温泉ツアー

恒例のよいとこ温泉連チャンツアー、今年はフランスさん推薦の飲み放題/食べ放題のI藤園ツアーです。
天気はあいにくの小雨が降ったりやんだりで自転車はなしです。 今日は野泉と今後の走りたい新コースの探索を車で行ってきました。
ここは集合場所の牧水峠。何年ぶりかな。盗まれた牧水像も復活していました。小雨の中の峠の風景も風情があっていいです。


事前に確認していたら茶屋がカフェになっていたので変だなと思いましたが、外側の雰囲気は変わっていなかったので入ってみたら、牧水茶屋からカフェに代わって、いつも我々にサービスしてくれたおばちゃんはいませんでした。2,3年前に店を閉めて他に移ったそうです。 そんなに来ていなかったかな。・・・ツアーの他に、一人でも来ていたんですが。


あてにしていた牧水茶屋での昼食が取れなくなってので、道の駅の食堂で名物の二八そばを食べました。ボリュームたっぷり、大盛がない理由が分かりました。


予定では二本目のDHの後に入る野泉に向かいます。状態が良ければ入ろうと思います。駐車場に車を置いて、てくてくと河原に向かいます。


水量は多いのですが、入れないほど温度は低くありません。源泉を探しながら川の中をうろつきます。一部身長より深いところがありますので注意します。 先に入っていた人に撮ってもらいました。霧雨でレンズが曇ってこん感じで撮れました。


親父号で天空の湖に車でピストンし、行き帰りに地形図を見ながら古道の入口と出口を確認します。 晴れていればいいコースになると実感しました。今日最標高の天空の湖は霧で何も見えず、しかも強風で傘が飛ばされそうだったので、すぐに帰りました。よって絶景となる湖の写真はゼロです。(涙


今日のメインはI藤園の飲み放題/食べ放題です。フランスさんから作戦を授けられていざ出陣です!!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/23(日) 10:05:53|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2019 0615-16 よいとこ温泉連チャンツーリング(伊藤園)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2019/06/10(月) 21:54:04|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2019-0602 おこしWヘッダーツーリング PMナック古木編

PMはナックの古木コースになります。 今回はのんびりツアーに徹し、前半の難路は迂回し、最後のガレガレDHも迂回します。
走行距離 10.5Km  累積標高 +193m -870m 所要時間 2h10m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:4  景色:3  総合満足度:4
イベントでにぎやかな尾根林道の脇の駐車場にピックアップ、イベントと重ならない様に裏山から迂回林道に入ります。まずは裏山登り。


作業用道路から峠に向かいます。


迂回林道を下ります。うっかりすると通り過ぎてしまう (今回親父は通り過ぎてしまった) 名のある大岩です。


ここは足場の悪いロープ場です。


今日のコースは快適道が続きます。


いつもの展望所で記念撮影です。気が生い茂り景色が見られません。


小ピークからの下り初めに、何でもないところで親父がコースアウトになりそうになり、プチ転倒。これがこの日唯一の転倒です。


いつもと違った竹の葉が敷き詰められた竹林を走ります。


幅30cm程の道を上り返しの備えて快走していきます。


何回かの上り返しに疲れ果てたのか、放心状態で座り込むメンバー。(笑


境石峠からガレガレDHコースを避けて古木に向かいます。 荒れている道を少し片づけて通りやすくして古木に到着です。


ここから前回開拓したコースを走り、いつものSTに合流してSTは終了です。


アジサイの咲く集落の道路を走ってゴールの駐車場へ。これで今回終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/08(土) 22:17:29|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0602 おこしWヘッダーツーリング AM展望台編

いままで県南のメンバーには遠かったツーリングエリアが多かったので、今週はチョット近場のおこしにしました。
1本目はいつもの展望台コース、前半の難路が魅力です。
走行距離 9.5Km  累積標高 +215m -810m 所要時間 1h53m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:4  景色:3  総合満足度:4
2本目のゴールと1本目のゴールに車を置いて、展望台直下の駐車場へピックアップします。
まずは体慣らしに茶屋跡までおまえり道を下ります。MTBerがよくブログに使うポイントの写真です。


茶屋跡では残念ながら富士山は見えませんでした。車道を上って展望台入口からつつじのトンネルをくぐって展望台に向かいます。もうつつじは散ってしまってます。つつじが咲いていたらきれいだっただろうな。


展望台で記念撮影です。今日は3名です。バックの山々は見えません。


お楽しみの展望台直下、ゴジラの背中の様な岩が飛び出た悪路です。親父が果敢に挑戦です。


イノッチもFATで快調に下ってます。


このコースで一番難度の高いポイント。深いドロップオフの先に90度クランク、足つきなしでパスできるかなフランスさん。


五寸釘道は倒木が片付けられてストレスフリーでスイッチバックを走り抜けられました。 そのあと名所の蟻の背渡りはパスして伐採地に向かいます。


V字道がこんあU字道になって走り易くなりました。走っている姿も楽勝スマイルです。


STの最後に別な分岐に入りました。三味線の音が聞こえる集落を抜けてSTの終点である峠へ上ります。(写真)これから林道を下ってゴールの駐車場に到着です。


過ごし易い気温なので見晴台で昼食です。まずはイノッチ提供によるノーアルコールでカンパーイ!!

レポートの一部にフランさんから提供された画像が含まれています。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/08(土) 15:59:40|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2019 0609 山葵山Wヘッダーツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2019/06/02(日) 07:00:14|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2019-0526 上武国境探索 1勝2敗ツーリング

mtrの監督情報を基に上武国境を中心に探索ツーリングを開催しました。 結果は1勝2敗でまあまあの出来でした。
1コース目は唯一の1勝コースです。
走行距離 5.0Km  累積標高 +136m -511m 所要時間 1h15m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:4  景色:3  総合満足度:4
駐車場がないので広い路肩にピックアップ。ピックアップ林道が長いのには閉口です。


ピックアップ地からは埼玉の名峰が望めます。


トレイルに入ります。掘割の急な道を上って行きます。雨水が流れ込んで路面を削っています。


20分ほどで尾根に到着です。ここで記念撮影、4名です。


峠から旧ハイキングコースから離れたコースを下って行きます。目標をチェックしながら下って行きます。


きれいな掘割道です。


あっという間にシングルトラックの終了です。舗装路に出ると山間部の集落の風景が望めます。


集落内を抜けてゴールの駐車場へ向かいます。 このコース自体は〇。 マイナス点はピックアップ林道が標高差の割に長い割に走るコースはショート。


2コース目、3コース目は×。
2コース目は旧ハイキングコースです。地図上にはありますが、途中は踏跡も消えて廃道状態でした。
走行距離 6.8Km  累積標高 +70m -495m 所要時間 1h11m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:1  景色:1  総合満足度:1
1本目と同じ場所にピックアップします。


再び尾根まで押し上げます。今度は距離が分かっているので精神的に楽です。


尾根で一休み。ここで2本目のコースをちゃんとチェックしておけばよかった。


峠から快調に下って行きます。こんな倒木も障害物として楽しい。


調子よく下り過ぎてしまい、ミスコースしたのに気づくのが遅く、引き返します。


分岐まで引き返し、旧ハイキングコースに入ります。キャンバーの道、歩かれてなさそうです。


沢に出ました。こういうのが一番ロストしやすい。なんとかピンクテープを見つけました。ここは砂防ダムの上部で土砂でうもっています。


道自体はしっかり残っていますが、落ちている枝が半端ではない。スイッチバックエリアにて。


厳しい倒木です。これは迂回します。


もう少しで舗装路です。標識は全くなく、ハイキング道の面影はなし。ここはもう廃道状態であれるだけです。


3本目は別の峠から下り始めます。ここが下る距離は一番短いコースです。ここは地図上はSTですが、実際はWT中心です。
走行距離 8.2km  累積標高 +247m -630m 所要時間 1h39m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:2  景色:1  総合満足度:2
スタートはこの峠です。目立たない高台に慈母観音様が祀られています。


地図上のSTは見つからず、近くのWTを下ります。


地図上のSTと交差している場所です。STはWTに飲まれてしまったようです。


スイッチバックです。


かなり下ってきました。道が無くなったらどうしようと、焦りが出ます。15:30で林道に合流しなければ引き返す決断をします。道が怪しくなってきました。こんなところに長靴が一足だけ落ちていました。余計不安になります。


遂に下る道がはっきりしました。ほっとしたメンバーです。戻らなくて済んだ〜。


林道に出ます。ちょっと高度が高いのですが林道下りでゴールに向かいます。今となってはなんとか走られるコースではありますが、ちょっと短いです。基本WTだし。 残念ながら×コースです。

このレポートにはフランスさん・ハッシーさんの画像を一部使用させていただきました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/01(土) 07:58:26|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0