FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

25019-0223 時のかわ超ゆるトリプル 裏おまいり道編

久々の土曜ツーリングです。メンバーはフランスさん、イノッチと親父の3名です。1本目はこのエリア最長のお寺の裏おまいり道コースです。
走行距離 11.1Km  累積標高 +368m -1043m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:4  景色:3  総合満足度:4
ピックアップ路には全く雪はありません。この時期としては珍しいです。ピックアップ地には誰もおりませんでしたが、展望地で景色を眺めていると望星から下って来たローディーの方が一人、7時から上っているという、シャッターを押してくれるというので、お言葉に甘えて記念撮影をしてもらいました。


望星に向かう林道にも雪はありません。望星からの眺めです。


七転び八起峠に下ります。浮石が転がる急坂を下るフランスさんです。


急坂を下ると楽しい林間コースです。


七転び八起峠からの眺めです。


旧ハイキング道の沢渡りするイノッチ。このハイキング道の最難関ポイント激坂クランクは崩れて難度がぐっと下がりました。


休憩舎から再び旧ハイキング道へ。ここの再難路の急坂、超ドライコンディションでフロントが滑って親父転倒。


気を取り直して下ります。


同じ場所、傾斜のキツイルートを下るフランスさん、予想に反して見事クリアです。


旧ハイキング道後半で下るイノッチです。


裏おまいり道に入ります。


裏おまいり道の途中の休憩舎でお疲れ休みのイノッチです。


お堂に到着です。


お寺の蝋梅がまだ咲いていました。香りもまだ残っています。


お寺の女性向けおまえり道を下って桜の園へ。桜は未だですが梅の花が満開で見事です。


下り切った集落の鉄橋を渡って旧道へ。


旧道は田圃の端を通っています。


旧道らしくウネウネしながらゴールの駐車場に戻ります。 2時間45分の超のんびりツーリングでした。

スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/27(水) 23:04:52|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2019 0303 見晴台と古木ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2019/02/25(月) 23:18:01|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2019-0222 山岳霊場神社コース自走 下り編

林道まで上り、これから途中まで来た道を下ります。
走行距離 5.8Km  累積標高 ±477m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:3  総合満足度:3
林道から見たシングルトラックです。すぐに浮石DHが始まります。


滑りながら上って来た坂を下ります。フロントが直ぐに滑ります。あっポンピングブレーキを忘れていた!


石祠のピークまで下ります。ここから北へ分岐します。尾根道を走ります。


石碑の多い尾根に入ります。傾いた陽が眩しい。


マイナーなハイキングコース、落ち葉でロストしそうになります。 それと落ち葉で滑りそうです。


杉林に入って道がはっきりわかるようになりました。谷道になって厳しくなってきました。


集落まで下りてきました。 しばらく寄り道して集落内をポタリング。ここは庚申堂です。花が供えられています。


福寿草が咲いていました。今年初めて見ました。


風情のある民家です。この辺りの風景が親父は好きです。


集落内の通りです。石垣の感じがいいです。


今、梅の花が満開でした。これからデポ地の池に戻ります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/25(月) 22:59:42|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

2019-0222 山岳霊場神社コース自走 上り編

午前に所用を済ませ、おやつ時間に山岳神社コースを走ることに、もちろんソロ、自走です。
走行距離 5.8Km  累積標高 ±477m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:3  総合満足度:3
神社の名前の付いた貯水池にデポします。山間の集落を抜けた谷間のドン突き、もちろん誰もおりません。ここのカキの木の風景が好きです。ここから神社までのコンクリート舗装の参道となります。


この鳥居は何のために建てられたのか分かりません。この先には確かに復路で下るシングルトラックがあるのですが、こんな立派な鳥居の建つ道ではありません。


参道をのんびりMTBを押して行きます。林の中に5mほどもある石碑を見つけました。何回か通っている道ですが、初めて見ました。


これは道の脇にある楠の大木で、町の天然記念物になっているそうです。


道はこんな感じ、茶色いのは杉の葉です。上部に行くほど急になってきます。


車道の途中から参道がありましたのでそちらに入ります。ほとんど歩かれていないようです。急なため担ぎになります。立派な鳥居が見えてきました。


大鳥居に着きました。関東霊場の一つだと巨大な石柱があります。


石段を上って行くと鐘楼が見えます。


本殿です。新しいしめ縄が張られています。


標高360mからの境内からの眺めです。


本殿の裏からテレタマ山方面に上って行きます。ここから本格的な山道になります。


この岩山はまだ下りをクリアした人はいません。今は落ち葉が多いので、チャレンジは危ないです。上るのも大変です。


岩山の上部には小さな石祠が祀られています。あの神社の奥の院でしょうか。


その先ピークを下ります。当初楽勝かと思いましたが、いざ下ってみると浮石でフロントが流れて思うように下れません。残念!!
ここで上り編は終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/22(金) 22:05:12|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

2019-0221よりみち パパラッチ峠旧道ソロ

今週末の連チャンツーリングに備えて親父ソロで近場の寄り道エリアを自走します。前回見つかったパパラッチ峠からの旧道の状態を探索します。
走行距離 6.5Km  累積標高 ±370m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:3  景色:3  総合満足度:3
麓の駐車場にデポしてみかん山の集落を上って行きます。デポ地にはまだ蝋梅と紅梅が咲いています。


しょっちゅう見ている建物ですが、初めて看板を見ました。


集落内を上る車道脇に早咲の桜が咲いていました。


次のコーナーに何が掘ってあるのか分からない石碑です。


車道から外れたところに小さな祠があります。その先に旧道があるかと期待しましたが、みかん畑で道は消えていました。


集落を上部から眺めます。水平方向にお中元が見えます。


舗装路からWTに入ります。軽トラ道を上って行きます。


石仏のあるシングルトラックに出ました。ここからパパラッチ峠に向かいます。


いつもとは違い逆走して走ります。


パパラッチ峠の旧道を下ります。


ここがいつもブッシュで分からなかった旧道です。 残念ながらすぐに林道に合流してしまいます。


感じの良い雑木林風なところで記念写真です。


作業道か?WTを下って行きます。するとほとんど使われていない林道との分岐にぬた場がありました。気持ちけもの臭がします。


集落方面にWTを下って行きます。適度に荒れていいですね。


WTの終点付近の道脇、久し振りに見た「牛頭天王」です。


集落上部の旧道です。使われていないので倒木が残されています。夏はブッシュで通れません。


集落で一番古いと思える民家です。すぐ横にもう一棟、藁葺にトタン葺きした家があります。


集落内の旧道です。急なのでコンクリート舗装しています。車道をショートカットしています。


最下部まで下りてきました。神社が建つ丘の横に石碑があります。


15:30デポ地に戻って来ました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/21(木) 21:53:54|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2019 0223 時のかわWヘッダーツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2019/02/20(水) 10:16:49|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2019-0217 梅の香りに誘われてナックWヘッダーツーリング 古木編

尾根道編で記念撮影した展望台で昼食を取り、1本目と同じ広場にピックアップします。コースは前半難コースの古木コースです。浮石が多い所なので、超ドライのコンディションでは厳しいライディングが予想されます。
走行距離 10.0Km  累積標高 +294m -973m
親父指標 体力:4  技術:4  快適:4  景色:4  総合満足度:4
古木分岐までは1本目と同じですが、そこは別の難コースのJET坂にチャレンジします。まずはスタート地点の山頂まで担ぎ上げます。


グリップしないと予想したJET坂ですが、思ったよりグリップしてフランスさんクリア。親父は2回足つき、残念!今日はバランス感覚が良くないです。


次の激狭トラバース、快調ですね。 親父はこの先のSTOP-POINTでフロントが滑ってこけちゃいました。(笑


次の奥の尾根道にチャレンジする親父です。前半の激細道は無事パスしましたが、後半の木の根エリアは足つきしちゃいました。


最難関のためらい坂は難度が上がっていました。2回トライしましたが、イメージ通りに下れず足つき2,3回で終えました。


フランスさんは4回トライして、まさかのクリアできずでした。一部コースを変えながら下って行きます。


難路エリアが終了したところで、走行画像にイノッチが登場します。 ここから快調に走ります。


乾燥した粘土道を快調に走ります。今日はあまり調子が良くない親父、安全を考えていつもより速度を抑えて走って行くと、なんと朽ちた木の幹がフロントに絡まってロック、見事な前転でした。幸いスピードが出ていなかったので、怪我はありませんでした。・・・今日はついていないです。(泣


展望台に到着です。初めてのアングルです。気に入ってます。


いつもの所で記念撮影です。


途中から疲れた親父に代わってフランスさんが先頭を走ります。 最後尾からイノッチの走りをチェック!(笑


途中でイノッチをかわして休憩地点へ。 この先に整備されたシングルトラックがあったので探索をしました。


探索は別のエリアに下ろうとしていたのでUターンして戻ります。 いつもの境石を目指して進みます。ススキの広場、ここからスタート地点のナックを望みます。


ススキの広場からの小ピークが境石。多くのMTBerが通っていますが、この存在を知っているのはわずかではないでしょうか。今回は「境」と掘られた境石を掲載します。


このピークから最後のDHとなります。


途中で最後尾に移る親父です。このDHコースは大きな石のガレ道で年金車では辛すぎます。


里に下りてきました。 時間は15:20 3本目のデザートコースも予定していましたが、のんびりツーリングで時間がかかり、これで終了としました。フランスさんが残念がっていますが、親父・イノッチ共に体力が持ちません!


ドライバーピックアップから戻って16:20 東の空には月が見えていました。

本ツーリングレポートには、フランスさんの画像も一部使用させていただきました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/20(水) 10:05:55|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2019 0224 長芋/テレタマツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2019/02/19(火) 23:36:46|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2019-0217 梅の香りに誘われてナックWヘッダーツーリング 尾根道編

元気印のフランスさんからツーリング開催の依頼を受けてナックのWヘッダーツーリングを行いました。例年、この時期のナック5峠林道は積雪と凍結で車でピックアップすることは困難でしたが、今年は積雪ゼロでした。
1本目は体慣らしの展望台尾根コースです。 道草ありのゆるゆる走りです。
走行距離 7.3Km  累積標高 +225m -890m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:4  景色:4  総合満足度:4
ピックアップ地にて、少し風はありますがジンとくる寒さではありません。一歩シングルトラックに入るといつもとは違う。この時期なら霜柱が立っているのに全くありません。カラカラの超ドライです。


ツーリングレポートを見て分かるように、走りこんでいない親父は小ピークに上るだけで息が切れます。


JET山のガレガレ巻道を走り抜け、やっと快適に走ることができるところです。しばらくフランスさんが先頭になってもらいましたので、親父の乗車姿を撮ってもらえました。


イノッチは防寒対策としてスクートのメットで参戦です。


ハイ、展望台で記念撮影。ここから山火事跡が見えるようでそうでないような、今後確認しようとお見ます。


展望台から第二展望台へ下って、快適道を走って行きます。 


中間の駐車場に車が3台。もしかしてロッククライミングしているかもということで、寄り道をしてロッククライミング地の岩壁に行って見ました。思っていた通りロッククライミングをしていました。4,5回訪れたことがありますが、実際にクライミングしているところを見たのは初めてです。ことわりを入れて見学させてもらいました。クライミングのルートの難度と解説もして頂きました。


再びコースに戻り走って行きます。親父、何でもないようなコースでフロントが滑ってコースアウトしてブッシュに突っ込んでしまいました。(笑


今日は集落上部迄、一気に走って行きます。ところがイノッチが来ない! このコースの一番の難路の岩場の先で転倒したらしい。自己申請です。セルフ画像がほしいところです。(笑
イノッチを待っている間に撮った梅の花です。一本だけでしたが、よく手入れされた梅の木でした。 休憩していると6人組のMTBerが下ってきました。フランスさんの記憶では、以前同じコースの展望台で会ったチームのようです。親父達がまったりしている間にサッと下って行きました。


集落内を下って行きます。道路わきの梅の木、陽を浴びて梅の花がキラキラ光っていい風景でした。今日のベストショットです!


ここはポツンと一軒家の旧道です。バックにお家が見えます。珍しく畑に出ていたお家の方と話ができました。


旧道の大饅頭峠付近です。落ち葉が多く、滑って上り辛いです。下りも落ち葉が多く要注意です。


麓の集落に入ると梅林が多くなります。


ゴール近くの道のたもとにあった石仏です。 のんびり1時間50分の1本目でした。このコースにこんな時間をかけるのは親父達だけでしょう。 こんなゆるゆるなツーリングですが、なまった親父の体に年金車は辛かった。腰が少し痛くなってきた。(泣

本レポートはフランスさんの画像も使用させていただきました。
  1. 2019/02/19(火) 20:29:25|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2019-0203 よりみちトリプルヘッダー 3本目お中元-アンテナ山編

のんびり1時間の昼食を取り3本目に突入です。山上公園から山を2つ越えるコースです。
走行距離 4.4Km  累積標高 +160m -446m
親父指標 体力:3  技術:2  快適:3  景色:3  総合満足度:3
スタート地点の駐車場から見晴台へ向かいます。ここの夜景が素晴らしいんです!でもまだ昼間です。


見晴台まで上ってくると猫ちゃんがいました。丸々太っていたので下の集落飼い猫でしょう。遠くまで散歩に来たもんだ。


広場のいつもの所で記念撮影です。


午後の空です。気持ちの良い天気です。


麓の集落までのシングルトラックを下ります。前回倒木処理をしたので快適に下れました。


再びピークまで上り、ピーク直下のプチ難所、デレイラーを引っかけないように下ります。


FAT軍団、快調に下れたようです。


麓の集落まで下りてきました。出口には石碑が建っております。 集落内と通って橋のたもとのゴールに到着です。


解散後、最後の最後、1本目で藪道であったスイッチバック路を、フランスさんと共に走ってみました。
走行距離 0.8Km  累積標高 ±82m
親父指標 体力:1  技術:4  快適:4  景色:1  総合満足度:4
先頭のフランスさんがメインできれいにします。


藪を振り払い、とりあえずこんなに走れるようになりました。


きれいになったところで、まずはフランスさんが走ります。おっお!無駄なテールホップをしてます。


続いて親父が試走・・・第一コーナー、落ち葉でフロントが滑り転倒です。


タイトターンをクリア! これが楽しい!


満足でした。16:30 2本走って終了です。 今度フランスさんはトラ車を持ってくるでしょう。 

レポートの一部画像はフランスさんから提供を受けました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/07(木) 23:25:26|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
次のページ