FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

2018-0923 おくちちおまいり道W おもて道編

全員集合して本来のツーリングを行います。
午前中は表のおまいり道を下ります。
走行距離 6.6km  累積標高 +113m -829m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:4  総合満足度:5
ここは表おまいり道のスタート地点です。周りはガスっていてバックの山々が見えないのが残念です。


渋滞が予想されるいつものピックアップ路を避けて、林道の路肩に停めます。林道を下って行きます。


いつもと違って観光客が通るメインストリートをMTBを押して行きます。 これは名物の中津川芋を使ったいもでんがくです。


おまいり道に入ります。トラ車のフランスさんはテールホップをやり続けています。どこまで体力が持つでしょうか。


大きなリュックを背負った外国人に会いました。10km以上先の雲取まで行くそうです。 もちろんハイカーさんファーストで事前に降車します。


味のある宿坊跡の塀が田尾てれいました。するとおまいり道下から登って来た軽装な女性が、この前の台風で倒れてしまったとのこと。なんとこの宿坊跡に入って行きました。持ち主に初めてお会いしました。


1/3ほど走ったお寺跡で小休止。ここまではウエットで木の根が滑りやすく、いつもより難度が上がっています。まあ、それが楽しいのですが・・・。休憩後は厳しいスイッチバックが待っています。写真は難路を前に作戦を練ってます。


激狭トラバースを走り抜けます。ここの手前はコース中で一番危険なところです。キャンバー状の岩が露出した極狭ゾーンです。今回は濡れていてたため降車しました。チャレンジと冒険は違いますから。


2/3行ったところの滝です。家族連れがこの沢で遊んでました。


スイッチバックの連続中に女性ハイカーが・・・上部でカッコいいとこ見せられなかったですね。・・・・残念でした(笑


渓谷に沿ってアップダウンを繰り返します。気をつけないと谷側は50m落ちています。


いくつもの支流を渡ります。


イノッチカッコよく下っています。あともう少し。


シングルトラックの終点で記念撮影です。フランスさん、相当疲れたようです。


渓谷をこの橋で渡り、ゴールの駐車場へ向かいます。さすがにウエットのこのコースは疲れますねー。まず一本終了!!
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/30(日) 14:01:05|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2018-0923 おくちちおまいり道W 集合前ポタリング

予定していた土曜からの連チャンは天候不順のため1日シフト。親父はあいにく月曜は仕事なので日曜のみの参加となります。企画だけしてすいません。第一日目、集合場所は親父が一番近いため早めに到着。まだ1時間あるので付近をポタリングします。
走行距離 8.9km  累積標高 ±136m
親父指標 体力:1  技術:2  快適:3  景色:3  総合満足度:3
ここは裏おまいり道コースのゴールですが、付近を散策したことがなかったので新発見がありました。
それがこれ、こんな近くにダムがあるとは知りませんでした。集合場所の駐車場から車道を200mほど走った食堂の駐車場から見えました。かなり古いダムです。車道からつながる道がないので、いままで全く気が付きませんでした。


集落の中の旧道を走ります。現在の車道から1本山側に入った道で、以前はここがメインの通りだったんでしょう。まだ面影が残っています。


ぐるっと回って駐車場に戻って下流に向かいます。

ここが表おまいり道のゴール近くの旧道です。参拝者のための宿も残っています。


橋を渡って対岸へ。橋の上から上流を望みます。 川幅が狭く渓谷になっています。紅葉の時は素晴らしいでしょう。


橋を渡って川に沿った遊歩道に下ります。


ほとんど歩かれない、超マイナーな遊歩道です。かなり湿気があって苔が多いです。


遊歩道の脇に生えていたキノコです。一見食べられそうですが、怖いので手は出しません。


そろそろ時間になってきましたので、駐車場へ戻ります。今日は車が多いです。


車道から下に下る気になった道を見つけました。降りてみると空き家に通じていました。ここから裏道があってちょっぴり車道を迂回して駐車場に戻りました。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/29(土) 12:28:45|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0922-23おくちち連チャン

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/09/17(月) 19:10:37|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0930ちゅうじWヘッダー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/09/17(月) 19:09:29|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 Fall イベント情報

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/09/17(月) 19:00:00|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

2018-0909 フランス トラ車特訓ツーリング おまいり道編

1本目で予想以上に体力を消耗し、1時間ほど昼食と休息でまったりしてから2本目に向かいます。2本目はおまいり道のタイトターンです。こちらは昔からある道で、高低差があるので失敗すると転がってしまうリスクがあります。
走行距離 2.9km  累積標高 +154m -305m
親父指標 体力:4  技術:5  快適:3  景色:3  総合満足度:4
ピックアップ地の駐車場でふとベンチに目をやると、地味なバッタがこちらを見ていました。珍しいので弩アップで撮りました。


いつものヘビー級ハードテイルに比べ、軽量なトラ車は担ぎ易そうです。かつトップチューブが湾曲しているので、肩にかけやすく重量バランスが良いそうです。これで何時間も担ぎ上げできますね。(笑


裏山をどんどん上って行きます。


途中ハイカーさんに会いました。爆走隊はハイカーさんとすれ違う時は下りて待つ、挨拶が基本ですが、走り抜けていくMTBerがいるようで、びっくりした経験を持っていると話してくれました。走行禁止にならない様、気を使いたいですね。・・・自戒を込めて。
メインコースからマイナーコースに入ります。


展望台に到着です。ここから快適な下りですが、滑りやすいのでゆっくり下ります。目的の場所は途中にあります。


チョット食べられそうなキノコを発見。でも怖いので取りません。


また分岐道を下ります。常にマイナーな道を選択して走ります。


目的の旧おまいり道を下ります。まずは親父から。


ここが一番の危険な高低差のあるコーナー。コース取りを間違えるとリアが木の根に当たり大前転する可能性が高いところです。一見怖そうですが、慣れればどおってことないです。 ただし親父は年金車以外では怖くて下りられないかもしれません。写真はフランスさんがクリアしたところです。上手い!!


中間の広場から下部のスイッチバックの連続エリアに入ります。まずは親父から、1本目の疲れから思うようにMTBをコントロールできません。


このターンは見た目より厳しいコーナーで、テールホップもままならない親父得意の粘り腰ターンで3回目でクリアです。


次はフランスさんです。調子よくタイトコーナーをクリアしていきます。


しかし、油断しているとこの通り。疲れているな~


このコースはフランスさんのカッコいい姿で終わります。 親父はもう一回この九十九をチャレンジしましたが、フランスさんは疲れてしまって1回でパスしました。さすがにサドルなしが堪えたか。 親父は1本目より2本目の九十九の方が好きです。


3本目はデザートコースで快適コースを一気に下ったため画像はありません。 データのみです。
走行距離 2.8km  累積標高 +43m -207m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:4  景色:3  総合満足度:4
同じところにピックアップして、1本目の九十九をパス、巻道をひたすら走るコースです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/17(月) 17:35:24|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2018-0909 フランス トラ車特訓ツーリング 作業道編

八ヶ岳連チャンが無くなった第二日目は、近場のスイッチバックのあるコースでフランスさんのトラ車の特訓をすることに!
2本がチャレンジコースで最後は快適デザートコースの3本です。
走行距離 3.0km  累積標高 +149m -292m
親父指標 体力:3  技術:5  快適:3  景色:3  総合満足度:4
3本すべてこの駐車場までピックアップします。1本目は快適コースの途中に作業道の厳しいスイッチバックが9コーナーあります。


ハンドル位置を変えて快適な走りになったフランストラ車です。


スイッチバックに到着しました。まずは親父から、初回はタイトターンに苦戦する親父です。3コーナーしかクリアできなかった。


転倒しても転げ落ちないので安心してチャレンジできます。


ここにもキノコが生えていました。


これからフランスさんのチャレンジです。まだトラ車に慣れていないせいか、コーナーを曲がるのがぎこちないです。あっ!転倒してしまいました。かなり無理をしましたね。


次のコーナーはうまく走れました。


フランスさんは今の走りに納得できず。再度挑戦です。結局4回チャレンジしました。親父は2回目チャレンジしました。最後4本目にフランスさんは9/9コーナー見事パスしました。親父は5/9コーナーでした。


チャレンジスイッチバックを終えて、尾根道を走ります。いつもは快適巻道ですが、今回初めて尾根道を走ります。そこには石祠がありました。近くにこんなかわいいキノコが生えていました。


再び尾根道へ、小さなピークは展望台になっていました。今日は遠望が利きます。


常にいつもとは違うコースを選ぶように分岐を走っていると新しい発見がありました。六角椅子の林を抜けると、厳しいシングルトラックになりました。そこに難しいターンがありました。ウエットで滑りやすいこともありましたが、クリアできませんでした。課題が増えました。今度ここにこようっと。


沢道になり木橋を渡るとなんと・・・


ゴールの駐車場前までシングルトラックで走れるんです。いつもは対岸の林道を下っていたのに。いいコースを見つけました。
スイッチバックを頑張ってチャレンジし続けたので、短い割に疲れ、この駐車場で昼食を取ります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/17(月) 11:44:18|
  2. ツーリング
  3. | コメント:1

2018-0908ナック5峠Wヘッダー フランストラ車見参 古木遍

午後の部がこのツーリングのメインイベントの古木コースです。前半の難所をどう攻略するかが楽しみです。
走行距離 9.8km  累積標高 +221m -879m
親父指標 体力:3  技術:5  快適:4  景色:3  総合満足度:5
ちょうど半分辺り、いつもの見晴台で記念撮影です。ススキが生えて秋の気配が感じられますが、今日は暑い、汗びっしょです。


同じ峠にピックアップして、違う小ピークを上ります。軽いトラ車に担ぎルンルンのフランスさんです。


小ピークからの超急傾斜のJET坂。今回のコンデションはウエットでグリップせず。何回か足つきしてしまいました。


トラ車のフランスさんも手こずっています。この傾斜はトラ車では無理だー!


1本目では掲載できなかったガレガレ道です。2回目になるとちょっと落ち着いています。


林道から再びトレイルに入るところで1本目と分かれます。快調に走っているのも今だけ、この後難所の連続です。


激狭のトラバースに入ります。路面はウエット状態、スタート地点は前転必至、親父は足つきしました。


次は奥の尾根道の状態もよくない。スタート地点で谷側にコースアウトしそうになり、木に手をついて落下を防ぎました。ここでミスるのは記憶にないです。


奥の尾根道の終盤の木の根地獄です。フランスさんは木の根側、親父は木の根端を走ります。木の根で滑るリスクか、谷側にコースアウトするリスクか、自信のあるコースは人それぞれです。


次はためらい坂です。フランスさんは下見に、イノッチは早々押して下っています。カメラマンに徹します。もう中央突破はドロップオフが深くて自殺行為です。以前は小市民コースと言われたサイドのコース取りもかなりの難度です。思っていた通り、何度か足つきをしながら下り、最後はブッシュに突っ込んで止まりました。(汗


ためらい坂の途中に傘が平らなキノコを発見、せんべいキノコと名付けました。


ためらい坂が終われば快適路です。今までの難路を迂回する林道コースもありますが、やっぱチャレンジしないと楽しくない!難路でストレスを溜めていたイノッチが快走します。


猿峠でクロスするトレイルを上ってくるソロのMTBerに会いました。しょっちゅうこのコースを走っているようです。このトレイルを乗車して上るなんて、我々にはできない。しばらく歓談して別れました。
TOPの画像の見晴台で小休止して、まだ快適道が続きます。


またキノコを見つけました。


鉄塔に着きました。ススキに覆われています。秋も近いようです。


境石DHを終えて林道へ。ガレガレウエットコースに四苦八苦していた親父達をしり目に、快適だったよとFATのイノッチ。
DHコースをでてロード走りが続きます。サドルのないフランスさん大変そう。親父はサドルにどか座りして、快適に走って行きます。ゴールの駐車場はもう少しです。


ドライバーピックアップで林道を上っていると、土砂降りの雨になりました。林道前面に雨の流れができています。ピックアップ地の駐車場には斜面から泥水が写真の様に流れ込んできました。慌てて車に入り、下ります。麓に戻ると雨は止んでいました。山の天気に変わりやすさを実感しました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/17(月) 09:35:56|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2018-0908ナック5峠Wヘッダー フランストラ車見参 ズバリ見晴台遍

予定では八ヶ岳連チャンツーリングでしたが、天気予報で現地の天候がイマイチなので予定を変更、近場の日帰りとしてナック5峠Wヘッダーとしました。
今回フランスさんが友峰さんから譲ってもらったフレームで組んだトラ車が完成。距離的には厳しいと思うのだが、チャレンジするとのこと。事前練習なしにいきなりツーリングへ。フランさんらしい。1本目はズバリ見晴台コースで、今回はクライマーに教えて頂いた岩壁をたずねます。
走行距離 7.2km  累積標高 +157m -799m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:4  景色:3  総合満足度:4
イノッチ号に載せた3台。手前からフランスさんのトラ車、親父のノーマルフルリジットSS車、イノッチのFATバイク。すべてフルリジット車です。


いつもの峠にピックアップします。親父もトラ車に試乗しました。思ったより重心が前にあります。小柄な友峰さんが使っていたとしても、このポジションでDHはかなり怖いはず。さすがレジェンドと言うしかないが、はたしてフランスさんは大丈夫だろうか?


まずは小ピークへ上ります。ここは問題なし。


極端なガレ道を下って行きます。フランスさん、怖いと言っています。やっぱし! ハンドルを回転、スペーサの位置変更でハンドルを後方にもってきて、何とかDH走行に耐えられるようになりました。 あとはサドルなしによる体力勝負です。


ズバリ見晴台で小休止です。今回は自転車と一緒です。


ハイハイ、ハイポーズ!日差しが暑いです。早く木陰に入りましょう。


第二の展望台へ向かうトレイルで見つけたこのキノコ、小指サイズのかわいいキノコです。


今回初めて赤とんぼ岩を見に行きます。このトレイルを走っているとよくクライマーに会うので、この前クライマーに岩の場所を聞きました。 トレイルにMTBを置いて細い道を下って行くこと2分。


高さ30mほどの岩壁が現れました。トレイルのすぐそばにこんな岩があったとは、びっくりです。この岩には名前があり「仮称赤とんぼ岩」と言われています。


岩から戻る道で見つけたキノコです。この時期キノコが多いです。


八ヶ岳に行くため準備していたFATで走るイノッチです。今日はフランスさんを後ろから突けるぞ!!


ハンドル位置を変えて乗り易くなったフランスさんです。


上りを張り切り過ぎてどっとお疲れのイノッチ、いいショットです!


旧お饅頭峠でフランスさんが見つけた不思議な実。コラー! 親父車のサドルに載せるな~。


さすがにサドルがないと休めず、どっとお疲れなようです。


ふもとの駐車場に着きました。昼食は暑いので、日陰のないズバリ見晴台をやめてふもとの駐車場で取ります。そこに曼殊沙華が1輪咲いていました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/16(日) 23:07:26|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0908-09 八ヶ岳リベンジ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/09/02(日) 20:00:00|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー
次のページ