FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

久々の寄り道4本ツーリング

25日雪のないエリアを目指して北上、久々に寄り道エリアのツーリングを企画しました。親父には近いのですが、ほかのメンバーには遠く、緩いコースで申し訳ない。でも4コースとも個性があり、走り甲斐はあります。最後は欲張り過ぎで、全員ばて気味になり申し訳ない。
1コース目ははっぱからのWT下りです。
走行距離 5.7km  累積標高 +187m -478m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:3  景色:2  総合満足度:3
1本目のハイライト。ここはWTから下った集落の入口の休憩舎で記念撮影です。


ピックアップ林道にはまだ雪が残っていました。この時期に残っているとアイスバーンになっていて、これ以上先に進めません。そこで路肩に駐車して、ここからはっぱに向かって走って行きます。


はっぱに到着です。ここには雪は残っていません。吹き溜まりの所ですが、もう春近いです。ここからSTに入ります。


STには雪はなかったのですが、WTになった途端に雪が残っていました。ここは北斜面なんです。ここを抜ければ快適DHとなります。


快適なのはゴルフ場まで、その先のWTは浮石が隠れる落ち葉地獄道になります。 予期せぬタイヤがはじかれるのも楽しみに代えて、下ります。


麓の集落に入ります。そこには梅が5分咲きでした。気のせいか普通の梅より花付きが良いように感じます。観賞用?


集落からテクニカルスイッチバックに入ります。10ターンぐらいですが、突っ込んでも安全なので気が楽です。 STが終わりました。


ハッシーさん、沢を渡って2本目のピックアップカーに向かいます。ここで足を滑らせ、ドボンを期待してみています。我々はぐるっと回って橋から周ります。


2本目に入ります。
1本目と同じはっぱに上り、WTまでは同じです。その先は集落に下る旧道を走ります。短いですが気持ちの良い旧道走りです。
走行距離 4.1km  累積標高 +138m -472m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:4  景色:2  総合満足度:4
1本目と同じところにピックアップして、WTまでは一本目と同じ、この先のWT分岐となります。少し雪が残っています。


旧道までは林道の下りとなります。こちらは走り易いです。


旧道STに入ります。この旧道が適度に難しくて、走っていてとても楽しいSTです。 残念なのは短い。もう倍ぐらいあればいいのですが・・・・でも最後はテクニカルな九十九なので消化不良にはなりません。 画像は旧道を下ったところ。


集落を望みます。 山里らしい風景です。


集落にはこんな双眼鏡が設置されています。使えるのかはわかりません。


集落内の旧道を下って行き、再び1本目のテクニカル九十九に入ります。フランスさん、調子よくクリアしていきます。これで2本目が終了します。


3本目はお中元からアンテナ山の縦走です。
走行距離 4.9km  累積標高 +206m -473m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:3  景色:3  総合満足度:4
ここはピックアップ地のお中元です。向かいの山を見ると、塔のような建造物が?ようくみると送電鉄塔でした。水平方向で真横から見ることはないのでわからなかったです。


何年振りだろうか、お中元の周回路を走ります。疲れていたのでみんなから離されます。


周回路から麓の集落へ下る旧道に入ります。荒れてはいますが楽しくなしれるコーナーが多いSTです。


集落に入る手前の畑の中の道です。これが絵になる風景です。


アンテナ山の縦走路に入ります。ここはほとんど人が入りません。陽が入る部分は藪になって、ススキがこのように生い茂っています。


小ピークに到着です。ここで小休止です。ここから尾根沿いに走ります。谷から人の声が聞こえます。害獣駆除をしているので、道から外れないで!とのこと。 人が来ないことの証明です。 先に進みます。ほとんどフラットの道を快調に走ります。


アンテナ山をトラバースして麓の集落へ下って行きます。フランス車、お土産を付けて走って行きます。(笑


道端にカラスウリがまだ残っていました。


集落に入ったゴール寸前でみた沢の滝です。これで3本目が終了です。


4本目はエリアを変えて年金山へ向かいます。
走行距離 4.9km  累積標高 ±323m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:3  景色:3  総合満足度:3
スタートは16時過ぎ。ハイカーさんに人気の山も。この時間になれば誰もいない。念のために一番不人気のお寺コースから上ります。親父がソロで使うコースです。 コースの入口はこんな感じの笹薮です。


お寺コースから北コースに合流、ここから北コースの尾根を上ります。


1630山頂に到着です。


下りは南尾根コースです。誰もいないので安心して下れます。


ハッシーさんもお疲れさん!


インド帰りのイノッチもお疲れさん!!


17時過ぎになりました。さすがに疲れました。最後に自走は失敗でした。次からのツーリング企画に役立てます。


ゴール直前の集落で見た風景。飼い主が畑に行くとことに後からついてくる猫を発見。これがかわいいんです。 疲れが少し癒された光景です。 これで4コース終了です。あー疲れました。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/25(日) 10:04:00|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

2/24 奥の院九十九 リベンジツーリング

先週フランスさんが行けなかったテクニカルな奥の院九十九コース、親父が一気にクリアしたことを聞きつけフランスさんの願いで土曜日に行きました。超難関の所は親父が研究した攻略方法を伝授してクリアしていきました。1コース目は九十九コースを経由して奇岩コースをまわりました。 午前の部です。
親父指標 体力:3  技術:5  快適:3  景色:2  総合満足度:3  奇岩コースが外れだったので評価点が下がってます。
奥の院九十九コース最難関コーナーです。攻略法を伝授してもドロップオフの高さにビビったらできないのですが、流石フランスさん見事チャレンジしてクリアしました。親父がフランさん立場だったら、ビビってチャレンジしなかったかもしれません。


駐車場にデポして自走で上って行きます。上ってすぐの展望台で記念撮影です。


奥の院九十九の最難関をクリアしてほっとしたフランスさん。


1本目の最高地点の広場を目指します。


広場で小休止、おやつのどら焼きを分けて食べます。陽が差して暖かいです。


今回初めて、奇岩のコースへ入ります。谷道特有の雨水で削られた溝ができています。まいったなあ~。


期待外れの谷道から林道に出ます。案内板にあった奇岩がこれ、3大ガッカリに推薦したくなるような岩です。(笑
林道を下ってデポ地の駐車場に到着します。これで1本目が終了します。


見晴らし台まで食事道具を運んで昼食を取ります。そこから対面の山の中に一軒家が見えました。次はここを目指そう。


午後からは2本目の西方面山コースを走ります。
親父指標 体力:3  技術:3  快適:2  景色:2  総合満足度:2  
1本目と同じ展望台から上って行きます。


奥の院を横に見て尾根道を上って行きます。


お寺の後から広場に、そこから西山方面へ。以前行ったことがあるはずだが、ほとんど記憶にない。西山方面分岐に入ると木の根地獄の道でした。ここで初めてハイカーさん、いやトレラン女史さん、以前はアドベンチャーレースに参戦していたつわものでした。


小ピークを越え。


極狭シングルを走り、神社へ下ります。それにしてもこのシングルは木の根、ドロップオフがひどすぎて楽しくない。


ここでシングルは終了です。


以前行った記憶がよみがえった神社の本殿です。


神社から裏道を通ってデポ地へ戻ります。道端に満開の梅がありました。


気持ちの良い旧道がありました。そしてゴールです。


三本目は神社駐車場までピックアップして、奥の院九十九コースを経由してねこパークに下るコースです。
親父指標 体力:3  技術:5  快適:4  景色:3  総合満足度:4  
ピックアップの駐車場の眺めです。いつもの地本の中学生の坊主と話します。


担ぎ上げます。ずっと自走が続いたので疲れます。


本殿をぐるっと周ります。


裏山も担ぎ上げです。


DH開始です。お寺跡に到着。ミツマタと記念撮影。


ぽっくり尾根道を下ります。迂回路をまわった親父を見失って、フランスさんが先に行ってしまいました。


2回目の奥の院九十九を一気に下ります。よって画像はなし! 再びねこパーク尾根道に上り下ります。一番距離のあるコースを下ります。久々のコースです。イマイチ快適さに欠けるコースです。だから人気がないんです。ここが出口です。


車道に出てゴールの駐車場へ、車道を走ります。ここに社と大木があります。


さすがに疲れました。これで3本終了で、今日は終わりです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/24(土) 22:26:01|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0224/25 単発ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/02/20(火) 23:10:02|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

懲りずに望星雪道ツーリング 2本目

駐車場で昼食を取って、午後の部に入ります。このエリアでピックアップ可能なのはここだけなので、1本目と同じ駐車場へピックアップします。下るところは林道です。途中からアイスバーンになっていて、アイスライディングを楽しみました。(泣 特別なテクニックが必要です。いつもは使わない腕を使ってばかりいるので、肩が疲れました。
走行距離 8.7km  累積標高 +155m -829m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:2  景色:2  総合満足度:3
林道走り始め、足を広げてバランスを取って下って行きます。


ガチガチに凍っています。親父が一番遅いです。


荻ちゃんが一番早い。おっと、気を抜くと滑ってしまいます。


轍道に入ります。思ったより溝が深く、かつそこに石が落ちて走りにくいのなんのって。走るのが辛いです。しばらくはこの轍道はいいかな。(笑


閉鎖林道を上って快適シングルに向かいます。


最後の斜面、ゴール方面を望みます。


下り終えて展望台で記念撮影です。 お疲れ様でした。 レポートにハッシーさん画像も利用させていただきました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/20(火) 22:54:32|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

懲りずに望星雪道ツーリング 1本目

18日先々週走った雪道コースを再度メンバーを変えて走ります。そろそろ雪が融けているだろうと判断しています。シングルトラックはそこそこ雪はないのですが、林道はまだまだ雪が残っています。
走行距離 11.2km  累積標高 +332m -995m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:3  景色:4  総合満足度:4
北斜面を下ったところの峠です。まだまだ雪が残っています。


ピックアップした駐車場には誰もいません。車から降りると寒さが身に沁みます。ここで記念撮影です。


望星に向かってロードを上って行きます。道路は凍結しています。気を付けて走ります。


望星に到着しました。展望が開けスカイツリーも見えます。写真的にはこちら秩父方面がイイですね。


北斜面を下ります。前回は積雪でほとんど走れませんでしたが、今回は積雪は少ないでが、圧雪した雪が凍っています。下っている最中に前方が凍っていることが分かり、転倒前にストップしました。


ハッシーさん、凍結路に救われ見事に転倒です。


この先峠まで快適に走れました。峠からは前回積雪で走れなかった旧道へ向かいます。結構走れました。林道に出るとこんな感じ、凍結路でした。


標高が下がり、雪のない裏おまいり道を走ります。


古刹に到着!


蝋梅が満開で、いい香りがします。


街の裏街道を走ってゴールの駐車場へ向かいます。 レポートにはハッシーさんの画像も使わせていただきました。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/19(月) 23:46:09|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

極上の九十九を下る おまいり道ソロ

17日先週下ったタイトコーナー連続のおまいり道、難関コーナーも何とか下りられるレベルであるので面白い。ただ、このコースはタイトコーナーが好きじゃないと楽しめないコースなので、ソロで行きます。今日は納得いくまで、結局3回走りました。
走行距離 1.8km  累積標高 ±185m
親父指標 体力:3  技術:5  快適:3  景色:2  総合満足度:5 ドンピシャ親父好み(一般は?) 
ここからコースが始まります。


車で雪道を上り、神社前の駐車場にデポします。曇り空の下、風があり、走る気分が萎えます。(笑


展望地まで上って一休み。広い公園の中、トレランさんが1人、昼食を取っているだけでした。


展望台から先、STに入ります。STに入ってすぐにタイトコーナーの石祠が見えてきます。タイトコーナーに入って行きます。
石祠から中間部までは緩い傾斜でテールホップの練習がてら下って行きます。中間部の小広場に入る手前のコーナーが一番難度の高い。前回フランスさんが転げ落ちたコーナーだ。一回目のチャレンジ、木の株に後輪が乗り上げ前のめりの前転しそうに、何とか立て直しました。危なかったー! 改めてコース取りを検証しました。


小広場からの九十九、前回より一回でクリアできたコーナーが少ない。緊張感が足りないな。もう一回やり直し。前回はリスクが大きいとして唯一チャレンジしなかっら岩場のドロップオフ、うまく下れました。九十九の終点の林道に出て、再度石祠まで上って再びチャレンジします。


一旦デポ地に戻って昼食を取り、今度は別コースの谷道からお寺跡に上り、再びタイトコーナー3本目に向かいます。
走行距離 5.4km  累積標高 ±344m
親父指標 体力:3  技術:5  快適:3  景色:3  総合満足度:5  ドンピシャ親父好み(一般は?) 
WTから初めてのコースに入って行きます。


ミツマタの群生がありました。


谷道から尾根に向かって急こう配の坂を上って行きます。


お寺跡が見えてきました。前回はこのお寺跡からこちらの道を眺めていました。


お寺跡からまた新コースの上部への道に入ります。すぐに分岐となりました。全く案内標識がありません。 ここから岩壁の展望台によってぼっくり尾根道に入ります。


バックり尾根後半のストレート道です。 石祠までもう少しです。


3回目のタイトコーナーコースに入ります。一気に下ります。最難関も予定したコース取りができ危なげなくクリア、あとは大事にコーナーをクリアして、ノーミスで走り抜けました。・・・まぐれです!!


林道を下りデポ地に戻り、気になった集落の神社方面に向かいます。途中、道端にあった石灯籠の雰囲気がイイです。


立派な神社でした。


デポ地に戻る途中でお地蔵様を見つけました。 風が向かい風になり、寒く、進まなくて疲れました。このエリアはこれで終了です。


時間があるので、次は寄り道エリアの年金山に上ります。
公園の駐車場にデポして年金山で超マイナーなハイキングコースから上ります。
走行距離 4.8km  累積標高 ±336m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:3  景色:4  総合満足度:3
16:00駐車場には誰もいません。ここからすぐの所にハイキングコースの入口になります。


笹薮の道を抜けると人が歩いた気配のない道です。夕方ですのでちょっと不気味です。


今年になって一度もクリアできなかったキャンバートラバースを、今日はパスできました。


16:40山頂に到着しました。もちろん誰もいません。風が冷たいです。 おっとモーターサイクルの音がします。おいおい、ここはないだろう。帰りの南コースにも轍がありました。またショットカットして上って崩した岩を戻して置きました。勘弁してくれよ!
神社コースに下ってデポ地に戻りました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/18(日) 22:54:50|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

急告:山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0218 時のかわW

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/02/17(土) 07:48:14|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

里山探索の成果を確かめるツーリング 3/4本目

今日のハイライトを走ったため、あとは気になったショートコースを走ることに。3本目は以前走ったのだが忘れてしまったため、思い出すために走ってみました。結果はイマイチだったんです。
走行距離 2.5km  累積標高 +25m -195m
親父指標 体力:1  技術:1  快適:2  景色:2  総合満足度:2  ここはもう行かなくていいです。
下り終えた遊歩道の中の川渡りです。


このエリアでの中継地点とピックアップ地点の見晴台。数年前から顔なじみになった地元の坊主と話します。 おいおい腹1枚で寒くないかい? 寒くないよ!


いつもは上るコースを下ってます。


集落の中を走って行きます。その後は旧道へ入って行きます。


旧道を下ります。以前は趣のあるSTの記憶がありましたが、今回は1.5Tになっていて、路面の補修がまずいのか雨水に削られて荒れに荒れている。


下り終えて遊歩道に入ります。こちらはイイ道です。


遊歩道が終わるとゴールまでは舗装路走りです。道端にお地蔵さまが祀られていました。


いつものデザート快適コース、ねこパークDHコースです。
走行距離 2.5km  累積標高 +35m -218m
親父指標 体力:1  技術:3  快適:4  景色:2  総合満足度:4 


時間がないので一気に下ります。中間地点で記念撮影です。


快調に走ってゴールです。今日はよく走りました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/12(月) 21:49:33|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

里山探索の成果を確かめるツーリング 2本目チェレンジ遍

初めてのデポ地で昼食を取ります。日差しが出て快適でした。2本目は神社にピックアップして、今日のハイライトおまいり道のスイッチバックを初めて下ります。探索時は歩いて様子見した道です。優しそうに見えるコーナーもいざ走ってみると、結構厳しいことが分かりチャレンジがいがありました。親父、このコースに嵌りました!
走行距離 3.0km  累積標高 +157m -347m
親父指標 体力:2  技術:5  快適:4  景色:2  総合満足度:5 短いながらも友峰さん好みの難度の高いスイッチバックが魅力。
難度の高いコーナーを下り終えた先、楽勝と見えたコーナーも実際厳しかった。  


駐車場へピックアップしてすぐに担ぎ上げです。


いつみても立派な彫刻です。


裏山を上り、新コースの連絡コースに入ります。この連絡コースは探索していないのですが、勘でいけそうと思った道です。


お寺跡に到着、ここから途中までぼっくり尾根道と並行して走る道を下り、石祠のピークにでます。ここからおまいり道へ分岐。
これから下る道を眺めています。最初は前菜コース。


コースは前菜から一気に最高難度のコーナーになります。親父はMTBを投げ出す覚悟でチャレンジした結果、上手くコントロールできて運よく曲がれました。フランスさんも負けじとチャレンジ、見事轟沈。撮影している親父のところに転がってきました。カメラ片手に背中をつかんで地面とのキッスを免れました。


中盤のタイトコーナーの連続です。しょぼいテールホップと粘り腰ターンでクリアしていきます。


正直、初回でクリアで来たのは50%程度でリトライして攻略しました。見た目よりコーナーの路面が複雑でバランスを取るのが難しいんです。


ショートカットしないでコーナーをまわるのが結構大変です。テールホップでもリアが当たっちゃうし、師匠の友峰さんだったらうまく流して曲がるんだろうなと、フランスさんと話す。


フランスさん、ここからテールホップしてターン! 華麗ではないけれど楽しく回れればいいのです。 友峰さん始め、静岡で知り合った方々のスーパーテクニックは自分たちでは無理だと思っているので、自分たちのスタイルで安全に回れればいいと思っています。


全長200mほどのスイッチバックを下り終え、どっと疲れました。この後はWTを下ってデポ地です。


ゴールの駐車場所まであと少し。毎度のことですが、凍結した舗装路を走ったフランスさん、転倒です。まあお約束なので驚きませんけどね。
ここでソロのMTBerさんに会いました。いいMTBに乗っています。あまり走られていないようです。少し話して車の戻りました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/12(月) 08:59:59|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

里山探索の成果を確かめるツーリング

二日目に探索した道を実際下ってみてどうか確認してみます。少年が走っていたコースを自走で、ピックアップでタイトコーナーおまいり道と集落からのDH、最後にデザート快適道の4本です。
走行距離 6.7km  累積標高 ±467m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:4  景色:4  総合満足度:3  優しすぎて退屈かな
ここは初めての見晴台です。他の見晴台と違って関東平野が近いって感じです。


初めてのデポ地です。上ろうとするといきなり凍結路です。


神社のお参り階段を担ぎ上げます。


上ったのはぼっくり尾根道です。下りコースとしては初級レベルの走り易い道です。


名勝の絶壁です。横の階段を上れば絶壁の上の展望台です。


展望台からの景色です。2本の木がなければもっといいのですが。


一旦、山頂近くの休憩地まで上り、お寺跡に下ります。ここはマイナーな場所ですが、展望も利いて穴場です。ここからDHをスタートします。


スタートから快適なDHコースを下ります。少年たちもここを下ったのでしょう。コースの後半はWTのダートコースを下ってゴールのデポ地に到着です。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/12(月) 02:53:44|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
次のページ