FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

3週間ぶり山走り テレタマ厳選ショートコース

旅行と先週の台風の影響で、MTBで山を走るのは3週間ぶり。しかもこの週末も秋雨前線で、この土曜日の午前中のみ雨なし予報なので、急きょ近場のてれたま山を走ることにしました。今朝思い立ったためソロで走ります。
いざ走ってみると路面はウエット状態で滑りやすく、もともと難コースが雨水でメチャ荒れています。気持ちの上でも3週間ぶり、忙しさの余裕のなさから、いつもよりハードルが高かったです。写真大岩エリア下り中。
走行距離 6.0km  累積標高 ±319m
親父指標 体力:2  技術:4  快適:4  景色:2  総合満足度:4


林道途中の休憩舎の展望台駐車場へデポします。上って来た林道には先週の台風の影響か、小枝が散乱していました。
午後に用事があるので、デポした後すぐにスタートします。林道の最高地点まで3.9km林道ロード走りです。


ロード走行中、林道わきにまだ野アザミが咲いていました。


林道から見上げると、下る尾根が見えます。


路面にアケビの残骸が落ちていました。上を見ましたが、それらしき植物は高い位置にあって、よく見えません。もう時期を過ぎているんでしょう。


林道の展望ポイントからちゅうじ方面を望みます。少し雨が降っており、遠望は利きません。


林道を後にしてSTへ入ります。草木は刈ってありましたが、ここも台風の影響で小枝が散乱しています。


尾根道に入ります。第一難所のV直滑降。路面はウエットで削られており、今までより数段難度が上がっており、クリアできませんでした。(泣


第二の難所のガレエリアはもっと悪路になっており、またウエットだと危険なので、迂回路を下りますが、プチ転倒してしまいました。


第三の難所の大岩を下り、次の難所悪魔の喉笛を目指します。途中の尾根は少しづつ色付いてきました。


悪魔の喉笛のスタート地点にきました。新たに倒木がありました。無事難所を転倒なしで下ることができました。


峠まで下り、林道への接続道を走っていると雨水で掘られた溝にタイヤが嵌り、見事転倒。二回転しながら横を見ると自転車も転がっている。自分の上に落ちてこなくてよかった。 リュックのポイントで転倒して、自転車のある所まで転がって行きました。幸い怪我、打撲はありません。丈夫が取り柄の年金車は全く問題なし。林道に戻ってデポ地に戻ります。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/29(日) 14:56:07|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  秋のおもひで沢連チャンツーリング1104-05

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2017/10/29(日) 10:43:06|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

山岳爆走隊Googleコミュニティー  秋のよいとこ連チャンツーリング1021-22

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2017/10/22(日) 16:25:29|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

17年紅葉シリーズ3 秩父往還の峠へ ソロ連チャン

10/9ソロ連チャン2日目、紅葉を求めて秩父往還債標高の峠に行きました。山梨側の紅葉はまだ早かったですが、秩父側は見頃でした。上り途中で、写真のように富士山が見られました。このコースは5,6年ぶりですが、体力的にもう無理かな。
走行距離 16.2km  累積標高 ±1269m
親父指標 体力:5  技術:4  快適:4  景色:4  総合満足度:5


7:10道の駅をスタート、ロード走りで登山口に向かいます。登山口から登って行きます。300mほどSTを登ります。一旦林道と合流します。ここは林道合流前のSTです。


8:00林道の終点です。スタートから3.4kmロード走りが長かった~。


STに入ります。沢に沿って30mほどの上に、STが続きます。走り易い道です。


峠までは何度か沢を渡ります。この沢は急斜面に流れていて、そこをを渡ります。結構危険です。


本流の沢に入ります。前は橋がなくもっと水量がありましたが、今回は丸太橋が架かっていました。


しばらく河原を進みます。所々、道が分からなくなります。


ロープ場に入ります。記憶では岩場面を垂直に登った気がしましたが、今回は斜めに登って行きます。自転車を担ぎながらロープを頼りに登って行きます。かなりの難所です。


難所を登ると、沢から一段上がった斜度が緩くなったトレイルとなります。そこには青色の花の群生が見られました。ちょっと盛りを過ぎていました。


9:15沢から外れて大きなスイッチバックの道に変わる、日の当たるポイントで休憩です。スタートから2時間10分、5.6km。石ころの多い河原を進んできて疲れました!


スイッチバックを繰り返しながら高度を上げていきます。ここでハイカーさん1パーティーに会いました。感心されました。(笑


道幅が狭くなった頃、道端の折れた木の幹にキノコが生えていました。珍しいので写真を撮りました。


標高1900mを過ぎると木の数が減り、笹が目立つようになります。路面が見えません。トラップがないことを祈りながら走ります。


視界が開けたところで南側を眺めると、遠くに富士山が見えました。この後は富士山は雲で望めなくなりました。


とにかく狭い、下るときはテールホップ出なければ下りられないスイッチバックを登って行きます。 一部で紅葉が見られました。


11:13峠に到着しました。 スタートから7.6km、経過時間3時間50分、疲れましたー!しばらく休憩です。


埼玉県側の山小屋に下って行きます。こちらの紅葉は見頃です。いつも感じるのですが、峠を挟んで埼玉県側は険しいですね。


峠から標高差100m下って山小屋に着きました。


旧便所国道は形は以前と同じですが、新しくなっていました。


山小屋から峠に再び戻ります。この峠への上りがきついんです。
これから上って来た登山道を下って行きます。上部のスイッチバックはテールホップで結構クリアできました。以前より成長したかな。SSなのにチェーン外れと休憩2回でスタート地点に戻りました。下山時間は11:55-13:17です。残念ですが、体力は一杯一杯で体力が衰えていくので、もうソロではこのコースは行けそうにありません。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/09(月) 18:43:44|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

17年紅葉シリーズ2 塩山ポタリング 山梨ソロ連チャン

金峰山の帰り、時間があったので恵林寺のある塩山周辺をポタリングすることに。もう足が持たないので、この辺のポタリングが精一杯でした。
恵林寺山門の駐車場にデポしてぶらぶら走ります。


恵林寺の裏手の道に、丸石が積まれた珍しい石碑がありました。


この辺りは水路が引かれています。この水路の畔に水車があります。この水車は観光用ではなく、この地でずっと使われていた水車です。


古刹の放光寺の境内から本堂の仏様を望むことができます。


まだ柿は熟していません。ころ柿を干している風景を見たかったのですが、まだ早かったようです。


きれいな水が流れている水路です。水場として使われるよう、足場ができています。


塩山が設定しているウォーキングの信玄ころ柿の里コースを走ってます。山梨と言ったらブドウ畑ですよね。


途中でヤギがいました。近寄ってきました。


立派な鳥居の松尾神社です。小学校の横にあります。


再び恵林寺に戻って来ました。山門を通して本堂を眺めます。デポ地に戻って終了です。
これから温泉に入りに行きます。


ネットで見つけた今回初めてのはやぶさ温泉です。国道140号から見えます。若干レトロな建物ですが、内湯、露天風呂ともなかなかいいです。


車中泊は道の駅です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/08(日) 13:26:50|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

17年紅葉シリーズ1 川上牧丘林道から金峰山へ ソロ連チャン

2017年秋、紅葉シーズンの第一弾として、日本百名山の山梨の金峰山へ行ってきました。当初は土曜に行く予定で計画しましたが、天気が悪く急遽日曜にシフトしたため、ツーリングとして組めず、結局ソロとなりました。十数年前ザスカーで行った以来となります。
絶好な登山日和となったため登山口の大弛峠は満車状態、仕方なく峠手前にデポして大弛峠までを自転車で移動することにしました。金峰山と言えば、この写真の五丈岩、山頂には大勢のハイカーさんがいました。
今回は自転車でSTを走っていないので親父指標はありません。
移動距離 15.8km  累積標高 ±949m


7:30川上牧丘林道の駐車スペースにデポして、大弛峠を目指して年金車で上ります。


SSでギア比を上り返しにセッティングしているため上りは漕げず、ひたすら押して林道を上ります。 歩いている分、紅葉が楽しめます。その間にも車がどんどん上ってきます。


8:00大弛峠に到着。ここは標高2362m、車で来られる日本最高地点の峠だそうです。知らなかったー。峠はハイカーさんの車、観光の車、バイクでごった返しています。 自転車をこの峠に置いて行きます。


登山口から金峰山を目指します。ダケカンバの林、高山に来た感じがします。


立ち枯れした林から青空が見えます。いい天気です。ちょっと暑いくらいです。


尾根に出ると岩場があります。もう少しで中間地点です。


尾根の岩場で休憩をとします。ここで遠くに富士山が山頂のみ見えました。すかさずシャッターを切りました。しばらくすると、雲に隠れてしまいました。それ以来富士山を拝むことはできませんでした。


南側は雲が出て一面白っぽかったのですが、北方面は晴れて視界良好。紅葉が楽しめました。


さらに登って行くと森林限界になり、岩場の道になります。その先に金峰山の山頂になります。


11:05大岩をよじ登り、五丈岩が見えるポイントの山頂に到着です。五丈岩の前にはハイカーさんが多数休憩して、食事を取っていました。


4名程が五丈岩のてっぺんに登っていました。みんなハラハラしながら眺めていました。 自分には無理だな。


昼食を取り、下山します。途中の岩場で記念撮影です。その先は足に疲労がたまり、歩くのが辛くなりました。休み休み峠を目指します。


12:56大弛峠に到着です。こちらが大弛小屋です。賑わっています。


折角自転車で来たのだから、林道の長野県側をちょこっとだけ様子を見に行きます。地図の案内に書いてあるように、クロカン4駆車が無難なようです。整備された山梨県側と比べ、ひどく荒れたダートの長野県側です。


再び大弛峠に戻って来ました。 駐車場はこんな感じです。朝と同じような込み具合です。


帰りも紅葉を見ながら下って行きます。


途中で季節外れのホタルブクロが咲いていました。ここからゴールの空き地までもう少し。歩き疲れの足がうまく動きません。まあ、なんとかゴールに着きました。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/08(日) 02:01:20|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:1

山岳爆走隊Googleコミュニティー  秋のおくちち連チャンツーリング1007-08

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2017/10/03(火) 09:36:18|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー