山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

上武国境の山道を徘徊する

国指定の名勝、特別記念物の渓谷の駐車場にデポして埼玉/群馬県境の山を走ります。
前回行ったコースは走りません。まずはダムに向かって上ります。
当初はロード上りを予定していたのですが、走り始めてすぐに山側にシングルトラックを発見!入ってみます。


入って行くとなんと、地滑り対策のセンサー設置場所と水抜き施設がありました。このシングルトラックは作業道かい。


作業道は途中から急な階段を上り、林道に出ます。この林道を走ると集落内に入ります。小さなお堂がありました。


ダムの横で昼食を取り、ダムを渡ります。対岸にはダムの資料館がありました。傍には展望台があり、そこからはデポした渓谷が見えます。


資料館の前の舗装路を進みます。すると雪が残っていました。


道の傍らに梅が咲いていました。山里内に入って行きます。


山里のはずれ、林道わきにお地蔵さん発見!


林道を上って行きます。北斜面の林道はこんな感じ、一面雪です。しかも踏み跡なしのバージンスノーです。


別のダート林道へ入ります。この林道は南面斜面なので雪はなし。以前走った時より道幅が広くなって、ちょっとがっかり。


隣の山に登ります。山頂から尾根道を下ります。雪道が難度を上げて面白いです。


このような雪道のトラバースは厄介ですね。


神社まで下って公園に出ます。ここから前回上って来たWトラックを下ります。ここは谷面のシャガの群生ですが、ここは道です。


集落内の生活道に入ります。ここは急コーナー過ぎて乗れません。


雪が残る河原のゆうほどうを走ります。結構走れます。2カ所で川を渡ります。


ここがゴールの名勝の渓谷です。これで終了です。
走行距離18.6km   累積標高±940m


スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/28(火) 20:30:23|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

昭和楼ツアー 第二日目 時のかわWヘッダー 雪道林道編

昼食を取った後、ピックアップできる1本目と同じ駐車場にピックアップします。コースは林道を下ります。積雪の具合が心配です。
ここはピックアップ場所です。


林道に入ります。林道は思ったより積雪の量は少なめです。轍の凍結も少なく、安心して走れます。


しかし、油断すると転びます。油断大敵です。


途中から轍道に入ります。轍は広くなって走り易くなっています。


おぎチャン車のサドルのねじが折れてしまいました。轍道の最後の所です。
雪道で筋を痛めたフランスさんと、サドルに座れないおぎちゃんがショートカットDHコースを選んだので、みんなで下ることになりました。はい、お疲れ様でした。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/12(日) 22:35:51|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

昭和楼ツアー 第二日目 時のかわトリプル

昨晩の昭和楼の反省会の後遺症もなく、二日目のツーリングの始まりです。場所はエリアを変えて時のかわのピックアップトリプルヘッダーです。心配なのはピックアップの車道の状態。どこまで上れるか。
心配した車道の雪はほとんどなく、凍結が少し。
頂上の駐車場からスタート、望星までは車道走り。ほとんどが雪道です。


望星に上ります。青空が素晴らしいのですが、風が吹いて寒いです。


望星山頂からの景色です。初めて富士山が見えました。奥の白い頭が富士山です。


積雪のある斜面を下ります。まだグリップします。


シングルトラックの高さ2mの急傾斜で、フランスさんが目の前できれいな一回転をしました。画像はありません。
シングルトラックから林道に出ると、一面雪道でした。滑らないよう重心に気を付けます。


旧ハイキング道に入ります。ここが一番難所の斜面です。


結構厳しい傾斜です。こんな感じ。


旧ハイキング道からうらおまいり道に入ります。もともとは同じ道だったようです。途中の休憩場所で空を眺めてみます。樹々の隙間から見える青空が好きです。


絵になるトレイルの走りです。


キラキラ光る蝋梅です。プチ蝋梅園です。


歩道用橋を走って旧道に入ります。


裏街道をのんびり走ります。蛇行マニアが喜ぶ道です。


この食堂でうどんを食べます。 これで1本目が終了です。
走行距離10.8km  累積標高+441m -1104m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/12(日) 13:00:35|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

昭和楼ツアー 第一日目 和紙の里周遊

ウインターシーズンの恒例企画、昭和楼ツアー開催です。
第一日目は自走ツーリングです。のんびりゆるゆるのほぼポタリング。
デポ地は風がなく、日が当たっているので走るには丁度いいです。スタートしてから近くの集落に入ります。こんなところに庚申塔があったとは知りませんでした。


今日初めてのシングルトラックです。アップダウンの巻道。体慣らしには丁度いいです。


尾根に取り付きます。ひと汗かいて、上着を一枚脱ぎ温度調整します。見上げると快晴です。


少し進むと谷側から直登の道の草が刈られていました。ここは廃道に近い旧道でしたが、また復活するのか、目的は不明です。ここでフランスがサナギの抜け殻を見つけました。緑色のきれいな抜け殻です。


プチDHを終えて山向こうの集落に出ます。麓の風景はまさしく武蔵野の風景。この曲がりくねった道、良いですね。


再び山に登ります。もちろん押しです。


急登を2カ所登ると山頂に到着です。山頂からは一部分景色を眺めることができます。


再びプチDHを楽しみます。あっという間に麓におります。ここから市街に向かって走ります。この道がまたイイんです。


街に入ってきました。そろそろ昼食の時間、駅前通りを走ります。今回はいつもの食堂から違う店を探します。 ここは一度は寄りたい飲み屋。飲酒乗車は出来ないので、輪行/タクシーなどの手段が必要で、現在思案中です。


今日はこの餃子屋に入りました。食べたのは餃子ではなくて、親子丼・ラーメンのガッツリセットです。


幻の峠に向かいます。尾根道に入るため、急登を担ぎます。結構距離があります。


しばらくして原っぱの台地に到着です。別世界の様です。


再びトレイルに入ります。旧道が使えなくなって、やむなく作った道なので、ザレタ急登、ロープ場になっています。担ぎも大変です。


幻の峠(〇瀬田峠)に到着しました。珍しくハイカーさんに会いました。地元の方でした。初めてMTBを見たとのことでした。石祠には以前より置き銭が多くなっているようです。


下り道は人がほとんど入らない旧道のため、倒木・石が多いですが、それも障害物として走りの楽しみとなります。


市街に戻ってきてお肉屋さんでコーンコロッケとメンチカツを頂きました。その場で揚げるので、アツアツで美味しかったです。3月に大通りに移転するそうです。路地にあるところが良かっただけに、ちょっと残念です。


この街は路地がたくさんあり、散策するのも楽しいです。これから隣町のデポ地に向かいます。


寄り道をして途中の山に登ります。入口に馬頭尊がありました。今まで気が付かなかったような。


デポ地に戻って来ました。陽が沈みます。これから昭和楼で反省会です。
走行距離33km  累積標高±1032m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/11(土) 09:15:42|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

寄り道/長淵 自走散策

今日はメンバーが集まらなかったのでソロで近場を散策します。
渓谷の駐車場から渓谷沿いに遊歩道を歩き?ます。


なぜ歩くと表現したかというと、アップダウンの道が階段になっていて自転車はのることができません。雰囲気の良い道ですが、階段を乗るわけにはいきません。 たまにこんな飛び石もあります。


遊歩道を離れて、林道を上って行きます。この道は凍結すると危険なため、上部は車両進入禁止になっていました。
ここは歴史を感じる交差点。道標が物語ります。 倒木と荒れた旧道を入って行きます。


峠に向かって林道を上って行きます。道筋から旧道と思われます。


峠から長淵方面に下ります。走り易い日向道です。


一度麓も出下り、林道を上って行きます。もちろん歩きです。再び峠まで上り尾根に入ります。これから柑橘集落へ下ります。


旧道に入って集落へ向かいます。この林道は周りの木々がトンネルのように見えます。


この道は長淵へ下る道よりテクニカルで楽しい道です。マイナー道なのでハイカーさんに会ったこともありません。


林道に出ました。集落が見えます。


柑橘集落の旧道を下っていると、畑で作業している夫婦がおりました。挨拶をかわすと、夏ミカンを持って行きなさいと言われるとリュックに入るだけ夏ミカンを頂きました。 4ケ゚でいいと言ったのですが、遠慮せずにと8ケも頂いちゃいました。(笑


集落の旧道には石仏があります。


これから楽しいスイッチバックの道になります。テールホップ天国です。


一番難しい狭く高低差のあるヘアピンです。前回はフランスさんだけパスで来たコーナーです。今回は親父がチャレンジです。粘りに粘って攻めたのですが、結局転倒で終わりました。残念です~。
走行距離15km  累積標高±90.9km


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/10(金) 22:40:08|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

上武国境ソロでのんびり探索

平日の疲れ?で寝坊。今日は天気が良いことは分かっているので、出遅れてしまいました。 こうなると近場で探索できるところを探す。となるとここ! 群馬県境の集落と山をソロで探索します。
渓谷の群馬県側の駐車場からスタートして埼玉県側に入ります。そこで大正時代の遺構を見つけました。


渓谷に架かる吊り橋です。骨組みは金属なのですが上部の木が苔むしていて、結構怖いです。


車道を歩いて上っていると、上部の公園に通じるシングルトラックがありました。ザレていて、細かなスイッチバックで思ったより難しいです。


途中で蝋梅が咲いていました。天気が良かったので、きれいに撮れました。


再び林道に入ります。荒れて車は入れません。しばらくするとシングルトラックになります。路面いっぱいにシャガが生えているのは珍しいです。


公園まで上ってきました。ここまでシングルトラックで上れるなんて知らなかったです。
公園にはほとんど人がいません。広場に行く途中で山の神の石祠を見つけました。


隣にある神社です。社殿は立派ですが、周囲の建物は荒れています。この脇から奥の院に登る道があります。


杉林の中の道は素直な道で、徐々に高度を上げていきます。下を見ると神社が見えます。


尾根に入ると急坂で浮石が目立ち始めます。下りたくなる道です。今回はひたすら上ります。


山頂近くで林道が横切っています。北側は凍結しています。


山頂の奥の院に到着です。


下りは林道を下ります。次はここを上るコースとして使用できるか確認します。


道端に遅咲きの寒桜がありました。


渓谷に下って行きます。途中、分岐を初めて違う道を走って行くと、こんな巨石がありました。


渓谷に到着です。ゴールの駐車場はもう少しです。今年の渓谷は上流の放水量が多いようで、いつもの渓谷のふんいきがありません。残念です。 
走行距離14km  累積標高±778m


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/05(日) 23:04:39|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

トリプルヘッダーツーリング 新コース 障子道と旧道探索

三本目は本日のメインである新コースです。先週ドライバーピックアップ時に見つけたシングルトラックです。
雪のない部分までピックアップして、シングルトラック入口を目指します。


林道からシングルトラックに入ります。急坂を下って杉林に入って行きます。


入ると浮石ガレガレ道でした。しかもモーターバイクの轍があって走りにくい道です。


フロントが滑って1回転、今日初の大転倒です。今回虫の知らせではないのですが、プロテクタしていてよかった。


林道に出ると案内板のある大きな岩が現れました。真っ平らな形状が特徴です。


ダートの林道を下って行きます。


山里に出ます。ここの旧道を探します。


舗装路の先に崩れかかった旧道を発見、ここを入って行きます。長さ20mに渡って崩れかかってキャンバー状態です。


その先はシングルトラックが残っていました。出口は大岩の下でした。ちょっと快適とは言えない道です。このコースはツーリングには向いていないかな。 走行距離4.7km  累積標高+154m -508m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/05(日) 09:03:08|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

自転車のある風景 渓流に架かる吊り橋

上武国境のどん詰まりの集落」に流れる渓流に架かる吊り橋です。観光用としてつくられた橋ですが、あまり使われていなく、苔が生えて、かえって趣が出ています。
2017年2月撮影

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/04(土) 23:15:32|
  2. 自転車のある風景 MTB親父版
  3. | コメント:0

トリプルヘッダーツーリング 見晴台からねこ大饅頭へ

昼食後は見晴台から尾根に沿った巻道を下ります。ここは先週走ったコースです。サーと下って行きます。
見晴台にて。今日は風がなく、ここで昼食を取ってもよかったくらい。


尾根の巻道、ここからガレ道になるので後続をチェック!


あっという間にシングルトラックを走り終えました。このメンバーだと後続を心配する必要がないので早い!


再び旧峠道に入ります。今日はフランスさん画像で親父がモデルです。


旧峠に上る途中、中途半端な倒木です。


峠を下って梅の里に出てきます。もうすぐゴールの駐車場です。 LOG取り忘れです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/04(土) 09:23:06|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー2017-0205 長淵・寄り道ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2017/02/02(木) 22:33:31|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

FC2Ad

まとめ