山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

寄り道して長淵を走る5本ツーリング お中元アンテナ山縦走編

16時を回りました。ぎりぎり1本走れそうです。コースはお中元から風の里まで下り、再びアンテナ山へ登って金の村に下ります。
お中元の駐車場にピックアップして、時間がないのですぐにスタートします。
お中元内を走っていると、日が暮れるー。


お中元から風の里に下る旧道に向かいます。


旧道は本来走り易いスイッチバック満載の旧道なのですが、今は落ち葉で路面は見えず、倒木が多くなって魅力半減です。


シングルトラックを抜けると視界が広がります。風の里が一望できます。


風の里に一旦下って、今度はアンテナ山へ登ります。もう休んでなんかはいられません。


アンテナ山手前のピークに着きました。結構暗くなってきました。


ピーク直下のこのコース唯一の難所です。その後はフラットの走り易い道です。林に入ってからは一寸がれています。もう暗くなって、路面が見難くなっていました。もともと動体視力と視力が弱いので昼でも路面は見えなかったので、さほど暗さがハンデとはなりませんでした。


シングルトラックを走り終えると、集落の端に出ます。道端の畑を見ると冬桜が咲いていました。


石碑の前でちょっと休憩です。


暗くなってきたので、早めにゴールへ向かいます。


街灯も点きました。急がねば。 走行距離4.3km  累積標高+170m -392m


ドライバーピックアップで再びお中元に上ってくると、目の前に素晴らしい夜景が広がっていました。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/29(木) 19:00:13|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

寄り道して長淵を走る5本ツーリング 柑橘村旧道編

4本目ははっぱ峠からの旧道コースです。3本目のコースをスイッチバックでショートカットしていく、ちょっとテクニカルで自分的には好きなショートコースです。
3本目と同じ路肩にピックアップして、林道をちょっぴり走ります。旧道の入口はすぐそこです。


旧道は踏みなれたシングルトラックで走り易いトラバースとスイッチバックが組み合わさった、快適な道です。落ち葉が積もったスイッチバックは普段できないテールを流したり、テールホップしたり遊びができました。例によって走り優先のため画像はありません。後続はフランスさんだけなので、待ち時間もなくあっという間に林道に出ます。


林道を走り集落に入ります。ここからの景色がなかなかいいです。この後集落内の旧道を下ります。


最後に3本目と同じスイッチバックになります。今日2回目のチャレンジになるので、足つきなし100%クリアを目指して走ります。
厳しいコーナーは8あり、7コーナー目が3本目に2回挑戦してダメだったコーナー。意気込んで突入したものの80%曲がり切ったところでリンボーでバランスを崩し足つきです。口惜しい~! フランスさんは泥臭い走りでクリアしていきます。(画像)


スイッチバックが終わり渓流に沿ってゴールの駐車場を目指します。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/25(日) 11:41:06|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

寄り道して長淵を走る5本ツーリング 柑橘山尾根道編

午前は長淵の2コースを走り、昼食ははっぱ峠の林道で取ります。路肩でカップ麺・おにぎり、イノッチお土産のベトナムコーヒーをのんびり取ります。その間、全く車が来ません。
午後は寄り道方面に下ります。
まずは柑橘山に向かいます。尾根道を通って林道に入ります。夏場だと藪がすごくて通れません。


柑橘山の山頂までもう少し。ちょっと藪化して、やっぱマイナー山で人があまり歩かれていません。


柑橘山の山頂は三角点があります。展望が利かないのが人気が出ないのでしょう。


メインの尾根道に入ります。ここが一番分かり難い笹薮道です。初めての人は厳しいかな。


このWトラックは落ち葉がすごい。それにトラップ満載の路面、もう走る方向は自転車に聞いてくれ!


倒木地帯、難しい倒木を見事クリア、さすがフランスさん。


最後の最後、スイッチバックの連続の腕試しコース、1コーナークリアできませんでした。
このコースは楽しいです。


スイッチバックの最初で、ツルに絡まり、フランスさん転倒。そのダメージを引きずりながら、スイッチバックをクリアしていくフランスさん、立派です。


ゴール手前の渓流です。
走行距離5.3km 標高差+208m -512m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/25(日) 05:26:59|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

寄り道して長淵を走る5本ツーリング はっぱ峠周回付日向道編

2本目です。今日は初めての試みである、はっぱ峠と浅間さん峠を結んでロードで周回します。その後に神社経由お寺に下ります。このコース別名日向道と呼ばれ、冬の時期はハイカーさんに人気のコースの様です。普段は全くの超マイナーコースで、人に会うと驚いてしまいます。さあ、峠にピックアップしてスタートです。


峠と峠をつなげる尾根道を走ります。


お不動様が祀られている四差路です。この尾根道はスイッチバックが適度にあり、走って楽しい尾根道です。


浅間さん峠について車道方面に下ります。名水の集落の中を走っていますと、いい匂いしました。道の両脇に蝋梅が咲いていました。今シーズン初めて見ました。しばし香りを楽しみます。


ロード走りは思ったより長く、林道は傾斜がありました。いつも車で上っていましたので感じませんでしたが。


はっぱ峠に戻ってきて、神社方面に下って行きます。前半はちょっとバームが付いて1本目に似ています。途中で伐採地が見えました。


途中から落ち葉が多くなります。


石碑を巻いた岩場を走ります。結構厳しく、絵になります。ここだけです!


一帯がイチョウの葉で敷き詰められています。涸沢沿いに大銀杏があります。分岐があるようで、ちょっと探索します。


探索を終了してガレ道を下って行きます。かなりの難度です。前転しないように注意です。


神社の脇を抜けて車道に出ます。もう少しでゴールの駐車場です。走行距離6.9km  累積標高+305m -585m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/25(日) 03:05:53|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

寄り道して長淵を走る5本ツーリング 蓬莱尾根編

暦の関係でツーリングは走り納めとなりました。場所は久しぶりに寄り道と長淵です。メンバーは土曜にした関係か、フランスさんと親父の2名です。二人二台というピックアップ効率は高くないですが、5コースに挑戦します。いずれも山岳爆走隊コースの中では優しい部類のコースとなります。
1本目は蓬莱尾根コースです。前半は高速DHコースで、後半は落ち葉いっぱいのスリッピーなコースです。難度が上がって楽しさ倍増でした。
前半は快適すぎて画像なしはいつもの通り。バームを目いっぱい使って下ります。あっという間に終了、尾根道に入ります。狭い木の根道に入ります。 先週のなっくのコースで鍛えられているので難なくクリア。 昔はちょっと緊張しましたが、今はどこでも走れるじゃんという余裕が生まれました。 より厳しいところを走ることでスキル向上が実感できた時でした。


尾根道のためアップダウンが続きます。落ち葉の堆積が尋常ではありません。上りの押しで、足元が落ち葉で滑ります。


このコースで一番急傾斜の所です。今では迂回路も出来ています。もちろん我々は本来のコースを下ります。今回は落ち葉で滑りやすく、ドロップオフの着地後のブレーキコントロールに気を使いました。


細いキャンバー路に入ります。ここも落ち葉で路面が見えず、どこまで道があるのか手探りの状態で走ります。


街並が見えてきました。里山らしい風景です。


尾根を離れ谷に入ります。V字道の壁を使って下って行きます。と言いつつ写真はV字が終わったところです。


車道に出るまではWトラックになるのですが、谷側は木道で道幅を確保してます。これが腐って穴が開いているトラップがあります。要注意! 無事に一本終了しました。 走行距離3.0km 累積標高+56m -407m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/25(日) 02:55:10|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

自転車のある風景 陽が沈む風景

昼時間の一番短い冬至、その次の日最後のコースを走る頃、陽が沈みかけていました。のんびりこの風景を眺めている余裕はありませんでした。 撮影2016年12月

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/25(日) 01:16:58|
  2. 自転車のある風景 MTB親父版
  3. | コメント:0

年の瀬 おこしWヘッダーツーリング なっく-古木コース編

日が差して暖かかったので、ズバリ展望台で昼食を取りました。
2本目は同じ場所にピックアップ。同じところからスタートですが、コースはガラッと違います。1本目は2本目の前半に難所の体慣らしの様です。難所のすべてをパスする林道コースもありますが、この難所を下らないと走った気がしないのです。では、スタートです。
スタートして早々、ジェット坂と下るため、Topに登るための担ぎです。


Topからいよいよジェット坂を下ります。この先、急傾斜になっているため、下が見えません。意を決してGo!


80mほどのジェット坂、後半部を走るおぎちゃん、この辺りの傾斜がきつく止まることはできません。さすがDHer、素人の我々とはスピードレンジが違います。


ジェット坂のあとの轍と浮石ガレガレ道を抜けます。この道疲れる。(泣 1本目の分岐を過ぎて細道トラバース、数か所のドロップオフがあり、上って来たモーターサイクルがよく立ち往生するところです。
親父行きまーす。スタート直後のドロップオフです。 谷側が落ちているところがよくわかるアングルです。・・さすがフランス画像!


中盤部を走るフランスさん。今日のコンディションは浮石が多く、グリップしないのでとても走りづらかったです。


次は奥の尾根道です。急傾斜・浮石・細道・木の根の四拍子揃ったとてもチャレンジがいのある道です。 親父はここを走るとき、適度の緊張に気分がハイになります。


この辺りが木の根エリアです。ハッシーさんクリア!


遂にこのコースの名ギャラリーエリアのためらい坂に着きました。まずはコース状況がどうなっているのか下見です。ここで走るルートを決めます。ある程度コース幅があるので、好みのルートが選べます。もちろん自信がなければ歩きでも可です。ただし、歩きも厳しい浮石の下りです。


まずは親父が下ります。途中からモーターサイクルの轍に入るルートを、スピードを殺して下ります。今回は危なげなく下りことができました。破たんがない分、見ているギャラリーにはつまらなかったようです。


次はフランスさん、動画で撮影しているとどんどん近づいてきます。スタート時に予定していたルートと違う。最悪のドロップオフのルートに入ってしまったようです。転倒か?と思ってましたが、さすがに立て直してクリアしていきました。サス車があっても親父にはこんな芸当できないです。


おぎちゃんは一気に下って行きました。上から走ったルートを見るとストレートです。さすが、速く下れるルートを選択している。でも親父達が走れるかというと、そう簡単ではないようです。おぎちゃんも最後はスピードが出過ぎて杉に当たりそうになったと言っていてました。


最後はハッシーさん、ほぼ親父と同じルートを下って行きます。前半が最も厳しいのですが、気を抜くと後半でトラップに引っかかるので要注意です。


ためらい坂を過ぎると下り基調のフラット道になります。ちょっと粘土質の道に入ります。細かな起伏の激しい道でコース取りによってスピードがのったり、転倒の危険があったりして楽しいです。この道はトラップがあって枝が絡みやすいです。 今回、ハッシーさんが犠牲になりました。ディレイラーがぶっ飛びました。


チェーンを直結して、ハッシーさん復活スタートです。


展望台に到着です。いつもの定点記念撮影です。今日のメンバーです。


小ピークに上る途中に樅ノ木の大木が見られます。疲れを癒してくれる樅木です。


小ピークからは引き締まった路面の素直なシングルトラックを走ります。


最後のDHの前に一休みです。スタートの峠が望めるポイントです。


最後の最後はガレガレ道のDHコースです。 FRの親父車でもほかの場所ではハンデを感じたことはありませんが、ここのガレDHコースだけは体に堪えます。(泣  車道に出ればあとはロード走りでゴールの駐車場です。 走行距離10km 累積標高+268m -942m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/23(金) 22:56:35|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー2016-1224 寄り道柑橘系ツーリング

【寄居 小林みかん山ーツーリング】
12月24日(土)
集合:寄居 日本の里 上 元観光案内所駐車場 時間8:30
昼食:駐車場で取りますので持参してください。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/23(金) 07:01:26|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー
  3. | コメント:2

年の瀬 おこしWヘッダーツーリング なっく-ねこコース編

なっくのWヘッダーです。今回は2コースともロングコースです。
スタートはナックで同じですが、1本目はまあまあ優しいコースです。2本目は上部は難所続きのテクニカルで、後半は快適コースです。
1本目、なっくにピックアップしてスタートします。


1本目はジェット坂をパスしてモー-ターサイクルの轍で荒れている谷道を選択します。左側のジェット坂を眺めます。


ズバリ見晴台に到着しました。空気が澄み切って新都心が見えます。


尾根を巻きながら緩やかに下って行きます。体慣らしに軽く走って行きます。下って来た先はゆずの里です。


ゆずの里の道を下って行き、再び尾根越えをします。一軒家の道に入ります。ここの景色が好きです。なかなかいいでしょう。


尾根を越えて里に出ます。県道を走り、アデランス峠に向かいます。ここは旧道になります。ほとんど車が通らない静かな道です。


林道からアデランス峠に向かうためシングルトラックに入ります。


アデランス峠からさらに上部のアデランス観音を目指します。当初は観音様の上部まで行って、下りの距離を稼ごうと思いましたが、ハイカーさんの集団がいましたので、諦めていつものユずブ畑の端に置かれたシングルトラックを走ります。


巻道のシングルトラックを走ります。ノンストップ、快適すぎて画像はありません。あっという間に山道のシングルトラックが終了すると、ぱっと明るくなります。この先は畦道を走ります。この道、親父好きな道です。


畦道の最後、ゴールがもう近いです。1本目終了です。 走行距離11.9km 累積標高+355m -1014m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/18(日) 12:36:09|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

朝日を見るためひと登り

以前行った新潟遠征のとき、日の出ツーリングを経験しました。それを親父が住んでいる北埼玉で実行しました。この時期が日の出の時間が遅いので、気持ち的に楽だということもあります。カシミールで年金山の日の出の時間をチェック。6:42です。
今日は天気が良いことを確認して、デポ地の池の駐車場からスタートします。予定より10分遅く6:10です。
月を見ながらスタートです。


山に入ると一気に暗くなります。ヘッドライトの明かりが頼りで登ります。もちろん押しです。


尾根道に出ました。日の出まであと20分。空が白々明けてきました。焦るな~。ここで上から下って来た人がいました。まだ日の出前なのに、勿体ない。


担ぎセクションに入りました。気ばかり焦ります。


6:35山頂に到着です。間に合ったー。先客は思ったより少なく、一人でした。話を聞くと、健康のため、毎日登っているとのこと。しばらく話しながら日の出を見守りました。空が澄みわたって日の出が素晴らしいです。


この後に別エリアでのツーリングを控えているので、下り始めます。もう辺りは明るく、乗車しても問題ありません。


朝日に照らされた風景もいいです。走っていて気持ちがイイです。


駐車場まで下りてきました。下から見ると山頂と麓のコントラスト、それに青空。イイですね。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/18(日) 03:21:49|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ